0~1歳におすすめの絵本です。

早いママは生後2ヶ月くらいから読み聞かせを始めているそうです。何も反応がなかったところから、絵に興味を持ったように見入っていたり、読み聞かせを聞いて笑ってみたり、絵本の真似をしてみたり、と成長とともに変化する反応を楽しむこともできますね。

絵本の読み聞かせは早い方が良いとよく聞きます。いつのタイミングでも良いので、ママに余裕が出てきたら、ぜひ絵本の読み聞かせを始めてみてくださいね。

『おつきさまこんばんは』くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本) 林 明子

『おつきさまこんばんは』はくつくつあるけのほんシリーズで、0歳からおすすめの絵本です。
裏表紙の舌を出しているお月様がとってもかわいくて、読み聞かせの後に、「べー」って真似するお子様が多いようです。

ついつい真似をしてしまう小さな子、とってもかわいいんですよね。

『おつきさまこんばんは?』 先輩ママの口コミと評価

では、『おつきさまこんばんは?』の先輩ママの口コミと評価をご紹介します!

娘に初めて絵本を読んだ本で笑顔で聞いてくれてお気に入り

『おつきさまこんばんは』は、屋根の上が明るくなったと思ったらそれはおつきさまでした!みんな集まってきてあーおつきさまだぁ!って。

そしたらくもさんがやってきておつきさまの前に隠れちゃって見えなくなっちゃったってみんなで言ってたら、くもさんはおつきさまとお話しをしていたみたいで、邪魔したわけじゃなかったみたいで、良かったってみんなで安心しました。まんまるおつきさまこんばんはっておつきさまにちゃんと挨拶をする絵本です。

これは3ヶ月のときに市でもらった絵本で初めて絵本を読んであげた絵本です。
初めての時は本を破いちゃったりあまりわかってはなかったけど、感情込めて読んであげたらだんだんと興味が出てきて満月のおつきさまのところで「あーあー」って言ってすごい反応してくれます。そこのシーンが好きみたいで、そこのページばかり開きたがります!

おつきさまとかにこんばんはでもちゃんと挨拶をするつてゆう意味ではオススメな絵本です。