0~1歳におすすめの絵本を紹介しています。

まだ言葉も分からないのに絵本!?と思うママも多いかもしれませんね。赤ちゃんはまだ話せなくても、ママの言葉をたくさん聞いています。普段の話しかけもとっても大切ですが、絵本を見せながら、読み聞かせをしてあげることもおすすめです。

初めは絵が大きくて文字が少ないもの。絵を見て笑う赤ちゃんもいますし、興味津々にのぞき込む赤ちゃんもいますね。

全然反応がなくても心配しないでくださいね! 他の絵本なら興味を持つかもしれませんし、慣れていくうちに徐々に興味を示すかもしれません。何も焦ることはないです。何の反応もない中で読み続けるのは辛い、と思うママは、もう少し経ってから再トライをしても良いですね。

『おててがでたよ』くつくつあるけのほん2 (福音館 あかちゃんの絵本) 林 明子

『おててがでたよ』はくつくつあるけのほんシリーズで、0歳からおすすめの絵本です。
洋服からおててやあんよなどが出てくる面白い絵本です。

『おててがでたよ?』 先輩ママの口コミと評価

『おててがでたよ?』 先輩ママの口コミと評価をご紹介します!

お着換えのときも、絵本の外でも大活躍、楽しめる絵本

子どもが4ヶ月~6ヶ月くらいは、読んでいるときの反応は関係なく、読んでいて気持ちの良い絵本、絵柄が親しみやすく、かわいらしい絵本を中心に読んでいました。

『おててがでたよ』は、小さな子供が服を着ている様子を追っていく絵本なのですが、着替えている様子をじっとみていたり、出てきた手に大げさに驚くと時々笑ってくれたり。何度も繰り返し読んだので、フレーズを覚えているのか、オムツ替えや着替えの時に暗唱したりすると騒がずじっと聞いてくれたりして、大活躍でした。

1歳を過ぎてからも時々出してきては「読んで」と頼まれ、次は?次は?と自分からリードして話をおっていったりするようになりました。
赤ちゃんの絵本シリーズですが、何か月かだけでなく長く楽しんだ愛着のある絵本です。