0~1歳におすすめの絵本です。

『きんぎょがにげた』は、絵の中から、金魚を探しながら読み進める絵本です。

絵探しを教えてあげたり、絵本の読むだけではない楽しさを知ることができる絵本です!特に絵探しが大好きな子にはとても楽しめる絵本です!

『きんぎょがにげた』 五味太郎 の口コミと評価

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
『きんぎょがにげた』は、ついつい子供と一緒に金魚を探してしまう親御さんも多いですね! 親子で楽しめる絵本です。

逃げたきんぎょをキョロキョロ探す姿にキュンとしました。

ピンクのきんぎょが水槽から飛び出し、カーテンの柄に紛れたり、お部屋の中に紛れたり、お花の中に紛れたり、お菓子の中に紛れたり…最後はたくさんのきんぎょの水槽の中に入っていくというあらすじです。

逃げていくきんぎょを、「どこににげた?」と子どもと一緒に探しながら楽しむ絵本です。

色鮮やかな絵本で、きんぎょを探す以外もお部屋のおもちゃやお菓子など、「これかな?」「これ何だろうね」と子どもとやりとりしながら逃げたきんぎょを探す楽しみがありました。

言葉が分かるようになってくる1歳前後に読み聞かせするのがおすすめです。そのうち子どもが、逃げたきんぎょを指差して「ここ!」と楽しむようになります。ひっかけ問題のような絵もあり、「これじゃないかな?」とわざと指差して絵本の隅々まで見て楽しむことができます。