マタニティヨガ ルンクリ
念願の子宝を授かって嬉しい半面、今までと身体のコンディションが変わって戸惑ってしまう方も多いと思います。

次第に大きくなるお腹でも実践出来るマタニティヨガで、心も身体もリラックスした気持ちで出産を迎えましょう!

人気のマタニティヨガ、その効果は?

最近は女性の始めたい習い事上位に入る程の人気のあるヨガ。自宅近くのヨガ教室や、産婦人科でも積極的にマタニティヨガ教室が開かれていてそれだけ注目度が高いことが分かりますね。

また、ヨガと一口に言っても、色んな種類のヨガがありますが中でもマタニティヨガは妊婦さんとお腹の赤ちゃんをいたわった呼吸法やポーズを行いますので、初心者でも気軽に実施出来てハードなものではありません。

その効果とは一体どのようなものなのでしょうか?

『体重管理と体型維持できる』

妊娠中期以降になると、辛かったつわりも治まって食欲が増すのにお腹が重たくなって動く事が億劫になってきて運動量が低下します。体重管理を厳しく言われる産婦人科も多いのになかなか難しいのが妊婦の悩み。そんな中で、ヨガのポーズや呼吸法を実施することによって適度な運動量を得る事が出来るのでラクに体型維持できます。

『安産に繋がる』

マタニティヨガのポーズは、柔軟性が高く骨盤をしっかり鍛えることが出来るので安産に繋がります。また、リラックスした呼吸を行うことでお腹の赤ちゃんに酸素を沢山送って、コミュニケーションを取ることが出来るので一緒に出産を頑張ろう!という気持ちになれますよ。

『ママ友が出来て悩み解消』

同じマタニティママが集まるので、意見交換や交流が増えて気軽に悩みを相談できるお友達が出来るいい機会になります。長いようであっという間に終わってしまうマタニティ期間。自分の身体と赤ちゃんとラクに付き合いながら充実したマタニティライフが送れるといいですね。

スポンサーリンク





妊娠中にマタニティヨガを行った先輩ママの生の声(経験談とアドバイス)

体を動かして気分転換!体にも心にも良い効果を発揮します!

妊娠5か月から、産院で週に1回開かれている、マタニティヨガに参加していました。この産院では、体調がすぐれていて、医師から許可が下りた妊婦は、希望制で参加することができます。

この産院でのマタニティヨガは、川のせせらぎや鳥の鳴き声などが入った癒される音楽をバックに、深く呼吸をすることから始まりました。そして呼吸が整ったら、先生のポーズを真似し、また呼吸を整える…という内容でした。体に負担のない動きですし、ゆっくり行われるので、どれも簡単で気持ちよかったです。服装は動きやすい服装ということで、ジャージなどで参加していました。

私は初めはヨガなんて…と思っていましたが、妊娠中あまりにも時間が有り余っていたので、参加するようになりました。しかし良いリフレッシュになるし、体に負担をかけずに動く良い機会となりました。そこでできた友達とは、産後の今でも仲良くさせてもらっています。体をしっかりと伸ばすことで、日々変化する自分の体と向き合うことができます。気分転換にもピッタリですので、ぜひチャレンジしてみてください。(先輩ママ:さくままさん)