卒乳後のバストの変化 ルンクリ

卒乳・断乳した後に、
「あれ、おっぱいがしぼんでいる!」
「わ、おばあちゃんのおっぱいみたいに垂れている!」
「左右で大きさが異なっている!」
「まったくハリがない!」

と自分のバストを見て、驚きとショックを受けてしまうママは少なくないのではないでしょうか?

卒乳後のバストの変化は? 先輩ママの経験談とアドバイス

妊娠から授乳期と、バストは通常の1~2カップくらい大きくなります。

その状態から、卒乳・断乳後は一気に元の状態に…と思っていたら、妊娠前よりも小さくなっていたり、垂れていたり、ハリがなかったり、とその変化に驚くママも多いことでしょう。

そこで先輩ママに卒乳後のバストの変化について聞いてきました。
参考にしてみてくださいね!

左右満遍なくあげなかったため、デコボコおっぱいに…

うちの息子は頭が大きい方で、母乳を飲ませていると頭を支えている腕がぷるぷるしてきてしまうほどでした。なので、授乳の際はついつい抱きやすい右のおっぱいばかり飲ませていました。

すると一年後の卒乳…そのとき驚愕の事実が!なんと、左右のおっぱいの大きさが変わってしまったんです。おっぱい回数の少なかった左の方は大きく、右は見事に貧乳です。

あれから三年たった今となっては、それほど左右の大きさの違いは気にならなくなりましたが、皆さんも腕が疲れるからといって、効き手以外の授乳をサボッて一年後後悔の無いように気をつけてくださいね!(先輩ママ:ふうちゃんママさん)