吐きつわり ルンクリ
妊娠が発覚した途端に、つわりが始まる妊婦さんは多いですね。

そして、つわりと言っても、「吐きつわり」「食べつわり」「においつわり」「よだれつわり」「眠気つわり」と種類があります

今回は、その中でも特に悩まされる人が多い「吐きつわり」について、先輩ママの生の声を聞いてきました。
実際に「吐きつわり」を経験した先輩ママは、どのようにして乗り切ったのでしょう?

先輩ママからの「吐きつわり」の経験談とアドバイス

食べても吐いてしまう、全部吐いてもまだ吐き気がある、吐き出したくても吐けない、「吐きつわり」は本当に辛いですね。

つわりは、数週間や1,2ヶ月でおさまる場合もあれば、妊娠初期から出産までずっと続く妊婦さんもいます

「吐きつわり」に悩まされた先輩ママは、どんな風に乗り切ったのでしょうか?

妊娠判明とは、すなわちつわりのスタートを意味する。

検査薬を使って妊娠判明!とっても嬉しい瞬間ですよね。しかし私は妊娠判明日=つわり開始日になってしまい、辛い辛い吐きつわりの日々の開始を意味していました。

二人出産して二回とも吐きつわりを経験しましたが、それぞれ吐くタイミングが異なっていたのが面白かったです。

一回目はいわゆる「悲劇型」とにかく悲しくて辛くて、泣きながらトイレに駆け込む日々でした。

二回目は「唐突型」。友人や主人と談笑してる最中にいきなり吐き気が襲ってきてトイレへゴー!吐くと何事もなかったかのようにスッキリ。また談笑に加わる…といった感じです。

つわりと子供達の性格に関連性があるかどうかはわからないけど、「悲劇型」つわりを経験した上の子は、メソメソといつまでも泣くタイプ。「唐突型」つわりを経験した下の子は、怒ったり笑ったり激しい子ですが、割とすぐに気持ちを切り替えるタイプ。なんだか面白いですね。 (先輩ママ:すーちゃんママさん)