眠気つわり
妊婦さんのほとんどが経験する、つわり。

一言につわりと言っても、「吐きつわり」「食べつわり」「においつわり」「よだれつわり」「眠気つわり」と種類があります

今回は、その中の「眠気つわり」について、先輩ママの生の声を聞いてきました。
実際に「眠気つわり」を経験した先輩ママは、どのようにして乗り切ったのでしょう?

先輩ママからの「眠気つわり」の経験談とアドバイス

いつ間にか寝てしまっている、仕事中に強烈な眠気に襲われて大変、日中昼寝をたくさんしても夜もきちんと寝れる、など、眠気に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ぜひ、「眠気つわり」を経験した先輩ママの経験談とアドバイスを参考にしてみてくださいね!

日中はずっと寝ていたものの、深夜になると目がギンギン!

高齢出産だったものの、つわりやトラブルは皆無。しかし、眠気づわりだけは強烈でした。

当時は、朝8時に起床。9時ごろに旦那を送り出した後、洗濯をして家事を一通り済ませてから、録画した韓流ドラマを見ていました。1時間ドラマの途中で爆睡してしまい、慌てて起きてまた途中から見直すということを繰り返していました。

10時頃からはBSテレビのヨガをやり、多少はスッキリして再び韓流ドラマ漬けに。昼過ぎにスーパーまで30分ほど歩いていき、買い物をして帰宅。昼食をとると、また爆睡。

大好きな『5時に夢中』を見ている途中でもよく爆睡していました。その代り、旦那が帰宅して、深夜に寝るころにはなかなか寝られませんでした。

おまけに夜になるとお腹の子供がバタバタ動くので、寝苦しかったのを覚えています。出産後すぐは1か月ほど寝られなかったので、たくさん寝ておいてよかったなあと思っています。(先輩ママ:みかちゃんママさん)