帝王切開 経験談 ルンクリ

出産方法は大きく分けて、自然分娩と帝王切開

帝王切開は、逆子などの理由で予定日を決めて行うものと、いざ出産となった時に何かしらの理由で緊急帝王切開となることがありますね。

いずれにしても、「帝王切開=手術」ですから、怖い・恐ろしいイメージを持っている妊婦さんも少なくないのではないでしょうか。

そこで、帝王切開で出産した先輩ママに、その経験談とアドバイスを聞いてきました!

帝王切開での出産はどうでしたか?先輩ママの生の声

帝王切開で出産した先輩ママに、その経験談やアドバイスを聞いてきました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

38週の妊婦検診でそのまま入院から翌日緊急帝王切開へ

全く予定の無かっつた帝王切開でした。

臨月になり38週の妊婦検診。ノンストレステストにて赤ちゃんの心拍が不安定で非常に弱くなっていることが分かったのです。そのまま入院となりました。私は無事に産まれてくれればどんな出産方法であってもいいと思っていたので、翌日緊急帝王切開と決まった時もその気持ちだけでした。

ばたばたと準備は進み、どうしようと考える暇も無く、帝王切開によって無事に産まれてきてくれました。産声を聞いた時には本当にホットしたという気持ちとお腹の中で頑張ってくれてありがとうという気持ちでいっぱいになりました。

振り返ってみると、あの日が検診で本当に良かったと思っています。一人目の出産が普通分娩で二人目の出産がこの帝王切開でした。どちらの出産方法でも、生まれてきてくれた時の気持ちはも変わらず、二人の息子達にありがとうと今でも思っています。(先輩ママ:きょうちゃんママさん)