母乳育児のサポートとして多くの先輩ママに支持されている「母なるおめぐみ」ですが、実は、産後の栄養補給や健康サポートにも良いとされているのです。

「母なるおめぐみ」の原材料とされる北海道産小豆の豊富な栄養素についてみていきましょう。

母なるおめぐみ

葉酸や鉄など、産後ママの栄養補給をしっかりサポート

母なるおめぐみ
古代から産後ママの強い味方!とされてきた小豆。産後必要とされる栄養素が豊富に含まれています。

葉酸や鉄分、亜鉛、マグネシウム、ビタミンB群などの栄養素が含まれていますが、中でも母乳とともに失われてしまう鉄分赤ちゃんの成長に欠かせない葉酸を手軽に摂取できるのはうれしい限りです。

また、産後だけでなく、妊娠期間中にも不足しがちな鉄分と、豊富に摂取しておきたい葉酸。「母なるおめぐみ」を妊娠期間中から飲むことで、自然と体内に取り入れられるのは良いことですね。

ポリフェノールが産後ママの健康サポート

母なるおめぐみ
「母なるおめぐみ」の原材料の小豆には、ポリフェノールも豊富に含まれています。

ポリフェノールの作用としては、強い抗酸化作用や新陳代謝促進、冷えの改善、美白・美肌、更年期障害の軽減などがあり、産後ママの健康サポート以上に、アンチエイジング(老化予防)という女性としてはうれしい効果があるのです。

またポリフェノールといえば、赤ワインを思い浮かべるのではないでしょうか。
実は驚くことに、赤ワインよりも多くポリフェノールが含まれているのが小豆なのです。

ポリフェノールは、植物が紫外線や酸化から身を守るために作り出す成分ですが、人間の体内では作ることができません。そのため、小豆を原材料とした「母なるおめぐみ」から手軽に摂取できることはうれしい限りです。

赤ワイン好きなママも、妊婦期間中や授乳期間中にはアルコール禁止でしょうから、小豆からポリフェノールを摂取するのは非常に有効なことですね。

母乳育児をしながら、美と健康を手に入れられる「母なるおめぐみ」

「母なるおめぐみ」の原材料となる小豆には、母乳育児のサポートだけでなく、産後ママの栄養補給や健康サポートに役立つ栄養素が含まれていることが分かりました。

それどころか、女性としては常に意識をしたいアンチエイジング(老化予防)にも効果大。

しかしながら、小豆が女性の身体にとても良いとは言っても、小豆を毎日多く摂取し続けるのはとても難しいことです。小豆料理として思い浮かぶものは和菓子や赤飯などで、小豆そのものを活かしたシンプルな料理というと意外と思い浮かびません。

けれども、「母なるおめぐみ」であれば、お茶として無理なく毎日飲み続けられます。ほんのり甘みのある味で、臭みもありませんし、とても飲みやすいと評判です。妊婦や産後ママはもちろん、小さなお子様や男性でも飲めますので、家族みんなで気軽に取り入れたいですね。