母乳育児を目指すなら、妊婦期間中からでも飲める「母なるおめぐみ」がおすすめ!

各種メディアで取り上げられており、先輩ママからのおすすめ度95.2%と評判・口コミもバッチリ。さらに、原材料は北海道産の質の高い小豆という自然派素材。

とはいえ、「母なるおめぐみ」さえ飲んでいれば母乳が出るというものでもありません。その注意点を見ていきたいと思います。
母なるおめぐみ

母乳育児のために大切なこと!

母乳育児を目指すなら、「母なるおめぐみ」がおすすめではありますが、その前に、大切なことがあります。

「母なるおめぐみ」に限らず、母乳育児サポート飲料などを飲んでも、基本的なことを行っていなければ、出るものも出ません。さて、その母乳育児のために大切なこととは何でしょうか?

栄養バランスの良い食事

赤ちゃんに授乳している期間は、赤ちゃんに合わせた生活を過ごしているため、どうしても不規則になりがちです。夜は何度も授乳をしなくてはいけなかったり、食事の時間に授乳して自分のご飯は後回しになってしまったり、昼間に疲れて赤ちゃんと一緒に寝てしまったり。

そんな時でも出来る限り栄養バランスの良い食事をこころがけましょう。母乳を作り出すママの身体が栄養不足にならないよう気をつけましょう。

1日3回規則正しく、野菜や果物、小魚などからビタミンやミネラルを摂るようにしましょうね。

水分をしっかりと摂りましょう

母乳の8割は水分です。ママの身体に水分が不足していては、十分な母乳を出すことができません。

夏季なら4~5リットル、冬季なら3リットル、一日に摂取するようにしましょう。食事の時やお風呂上り、起床時など、こまめにしっかりと水分を摂るように心がけましょう。

ストレスをためずにリラックスしましょう

毎日、授乳におむつの交換、お風呂に睡眠、赤ちゃん中心の生活であっという間に一日が過ぎ去ってしまうでしょう。

睡眠不足で疲れがたまっていたり、思うようにいかない育児に悩み過ぎたり、自由に出掛けたりできることでストレスがたまったり。さらに、母乳が思うように出ない時に、「母乳が出ないなんて母親失格かも」とか、「絶対に母乳育児じゃないと駄目」とか、自分自身にプレッシャーをかけすぎてしまうかもしれません。

でも、母乳を作り出すママに余計なストレスがかかってリラックスをしていなければ、母乳の出も悪くなってしまいます。

「母乳が出なければミルクにしよう」と力を入れ過ぎないようにしましょう。ミルク育児でもまったく問題がありません。様々な事情や意向でミルク育児をしているママもたくさんいます。

余計なストレスをためずに、できるだけリラックスをしましょう。その方が母乳の出も良くなりますよ。


多忙なママの強い味方となる「母なるおめぐみ」

規則正しい食生活に、水分補給、そしてリラックス、自分では気を付けているつもりでも、思うように母乳が出ない、母乳の出が悪いということもあります。また分かっていてもなかなか自分のことにまで手が回らないのが育児です。

そんな時に多忙なママの強い味方となるのが、「母なるおめぐみ」です。

「母なるおめぐみ」は高品質の北海道産小豆を原材料に、日本国内有数の工場で安心・安全のもとで製造されています。また、母乳の出を良くする成分だけでなく、妊娠期間中や産後ママに必要な栄養素も豊富。

そして、ほのかに甘く飲みやすいお茶タイプとなります。ノンカフェイン・ノンカロリーですので妊婦や産後ママだけでなく、小さなお子様や男性にも安心しておすすめできますので、普段の緑茶や珈琲の代わりに食事の際やリラックスタイムに摂取することができます。

母乳育児のために大切なことを意識しつつ、そのサポートとして「母なるおめぐみ」を試してみてはいかがでしょうか?

先輩ママの口コミを見てみる!