【0〜1歳におすすめの絵本】『いないいないばあ』

スポンサーリンク

【0〜1歳におすすめの絵本】『いないいないばあ』

0〜1歳におすすめの絵本です。

 

赤ちゃんはみんな、「いないいないばあ」が大好き! 手遊びで、「いないいないばあ」ってやってあげると、ニヤーと笑顔になったり、声を出して喜んだりしますよね。

 

そこで「いないいないばあ」をテーマとしたおすすめ絵本をご紹介します。

 

「いないいないばあ」をテーマとした絵本はたくさんあります

『いないいないばあ』という絵本を買ってきて」とどなたかに頼んだり、「『いないいないばあ』という絵本持っている?」とママ友に聞かれたり、「『いないいないばあ』あげようか?」とお下がりを打診されたり…
そんな時、『いないいないばあ』違いが起きるかもしれません!

 

赤ちゃんが大好きなだけに、『いないいないばあ』というタイトルの絵本は、実はたくさんあるのです。

 

その中でも特におすすめの3冊について、先輩ママの口コミと評価をご紹介しますね。

 

『いないいないばあ』 (松谷みよ子あかちゃんの本)の口コミと評価

 

まずは松谷みよ子さんの『いないいないばあ』です。
『いないいないばあ』の中でも一番有名な絵本かもしれませんね。

 

いないいないばあ,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

はじめて読み聞かせをするのに、とても読みやすい本です

 

とてもシンプルな本です。
いろいろな動物が「いないばあ」をするだけなのですが、まず、絵本のタッチがとてもやさしいので、どんな方にもお勧めできます。

 

赤ちゃんに読み聞かせをするのが初めての方でも、ページ数も少ないので、しっかりと読み切ってあげることができます。6か月くらいになると、いないばあという声にしっかりと反応し始めてくれます。絵本の絵柄を楽しむというよりは、それに沿って読んでいる声で楽しませるという感じで読んであげるのがよいでしょう。本の最後では、うんと面白い顔をして、いないばあをしてあげてください。

 

2歳ごろになると、この本を子供が読んでくれるようになります。ばあ〜と顔を作るタイミングがとてもかわいらしいです。子供が親に読み返すことができる本は、あまりないので、一家族一冊は持っていてほしい本です。


 

いないいないばあ,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

娘も大好きだったので、孫に買ってあげたら大喜び!

 

この松谷みよ子さんの『いないいないばあ』はロングセラーですね。私自身、松谷みよ子さんの本が大好きで、娘が小さい時にも読んであげていました。娘が一番喜ぶ絵本だったかもしれませんね。

 

その娘が結婚し、子供を出産。私から見ると孫ですが、4ヶ月くらいの時に、『いないいないばあ』を買ってあげて読み聞かせてあげたら、ニコニコニコ〜とかわいい笑顔を見せてくれました。本当にかわいい。

 

何度も何度も読んであげたので、1歳になる孫は私の顔を見るとすぐにこの絵本を持ってきます。娘同様、『いないいないばあ』が大好きなようで、私もとっても嬉しいです。


 

いないいないばあ,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

8カ月の息子も大喜び。笑いのツボによくはまっていました。

 

猫が「いない いない ばぁ」、くまさん、ネズミさん、キツネさん、最後にのんちゃんも「いない いない ばぁ」
顔を隠して「いない いない ばぁ」する本です。

 

8カ月くらいの時に図書館でおすすめの本と書いてあったので、借りてみました。

 

赤ちゃんは基本的に人と接することが大好き。「いないいない」のページでは顔が隠れているのに、「ばぁ」のページで顔がででくるところが面白いようで、そこでニコニコ笑ってくれます。繰り返し同じ言葉がでてくるのも赤ちゃんのツボのようです。実際の遊びでも「いない いない ばぁ」がとても流行っていて赤ちゃんも私も良く笑っていました。とても懐かしく感じます。絵も優しいタッチです。長く愛されている本ですね。


 

いないいないばあ,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

ぼろぼろのなるまで何回も見たり、読んでもらった定番絵本

 

赤ちゃんが大好きないないいないばあ。この絵本もいろんな動物が登場してきます。

 

「にゃあにゃがほらね」やさしい口調で始まります。ページをめくったら、ばあとしているねこちゃん。そのあとも、くまさん、ねずみさん、きつねさんが登場してきます。最後には、かわいいのんちゃんも「ばあ」。息子も、「いないいないばあ」となるたびに、にこにこ笑顔になったり、いないいないばあをしたりしていました。

 

また読み方も工夫し、間を持たせたり、次は誰かな?と問いかけたりして親子で楽しんでいました。この絵本の特徴は繰り返しです。この繰り返しによって子どもも安心感がうまれるんだと思います。また、昔から変わらないやさしい絵がいいと思います。息子も読んでと何回も持ってきました。次に来る動物も覚えているのに、いつも目をキラキラさせて見ていました。またのんちゃんのところも、息子の名前を入れて読みました。親も子どももニコニコしてみれる絵本です。おやこのコミュニケーションの取れる優しい絵本です。


 

口コミをもっと見てみる

 

 

 

『いないいないばああそび』 (あかちゃんのあそびえほん) 木村裕一 の口コミと評価


次は『いないいないばああそび』 (あかちゃんのあそびえほん)です。このあかちゃんのあそびえほんシリーズは、仕掛けがある絵本で、大人も子供も楽しめますね。

 

いないいないばあ,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

兄弟にも読んであげやすい絵が大きくかわいい仕掛け絵本

 

いないいないばぁと掛け声と同時に仕掛けがある読んでいて楽しい絵本です。

 

仕掛け絵本は息子が1歳ぐらいに読んであげた絵本です。早いお子さんはもう少し月齢が小さくても分かると思います。うちの息子はのんびりなのでやっとわかり始めたのが1歳だったので…。

 

絵本いっぱいに絵が描いてあり、いないいない…と顔を隠せるように仕掛けがあるので、ばぁ!の掛け声でページをめくればかわいい動物の顔が見えるわけです。芸が細かく、顔を隠すページはちゃんと手で顔が隠れるように書いてありページの表は手のひらを、ページの裏は手の甲の絵が書いてあります。

 

ページを開いたり閉じたりすると私たちがする「いないいないばぁ」と同じようになるので、絵本を何度も読んでいると子供も真似ができるようになりますよ。


 

いないいないばあ,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

とても大好きな絵本で、2歳になった今でもよく読みます。

 

こいぬやことり、ねこ、かいじゅうも出てきて「いないいないばあ」をします。いないいない、、、の後に、ページをめくって、ばあとやるので、子どもはとても楽しいようでお気に入りです。

 

この本は、いとこが持っていて、息子が生後3ヶ月くらいから読んでいますが、成長とともにできることが変わっていくので、親も楽しいと思います。生後半年くらいからは、めくるのが楽しくて何度もばあを繰り返しました。1歳を過ぎて言葉が出てくると、ばあを一緒にやってくれたりします。本当にかわいいです。

 

今は自分で読もうと必死になっています。子どもが読んでくれる日も近いかなと思っています。とても楽しい絵本なので、みんな大好きになるんじゃないでしょうか。


 

口コミをもっと見てみる

 

 

『いないいないばあ(1)』(あかちゃんのための絵本) いもとようこ の口コミと評価


そして、いもとようこさんの『いないいないばあ(1)』です。

 

いもとようこさんの絵本もたくさんあって、どれも赤ちゃんが喜ぶかわいいイラストですね。今回は、『いないいないばあ(1)』の口コミになりますが、シリーズで『いないいないばあ(2)』『いないいないばあ(3)』もあります。

 

いないいないばあ,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

祖母が本屋さんで買った、息子へ初めての絵本のプレゼント

 

「いない いない ばあ」は、3か月の息子に祖母が初めて買ってくれた絵本です。本を貰ったとき、3カ月で絵本はまだ早いのではと思っていましたが、読んでみるとびっくり。息子はしっかりと絵本を見つめていました。

 

ねこさん、うさぎさん、いぬさんなどが登場し、「いない いない ばあ」と順番に言っていくという内容で、小さい子にもわかりやすいと思います。絵はシンプルで見やすく、可愛いです。現在4歳になった息子は、今でもこの本が大好きで、2歳の妹に読み聞かせをしてあげています。

 

また、この本は近所の子育てサークルや保育所などでも読まれており、みんな知っている人気の絵本でした。読んだことがない方には、ぜひおすすめしたい一冊です。


 

いないいないばあ,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

4歳の娘が今だにお気に入りですが近々職場の方へ譲ります。

 

1か月の検診時、小児科から『いない いない ばあ (1) (あかちゃんのための絵本)』をもらいました。

 

3か月目ぐらいから徐々に娘に読み聞かせ、赤ちゃんの時には無表情で喜んでくれているのかわかりませんでしたが、だんだん成長するにつれてこの絵本を読むと笑顔になりました。
4歳の娘は今だに知らない人にはもちろんいとこなどにも人見知りですが、姪っ子がふざけて甥っ子の顔に布などかぶせて顔が見えない状態から見える状態にして、「いない いない ばあ」と同じ様な事をすると大笑いします。

 

自分では無意識でしたが、身近な人達やメディアなどを通じて赤ちゃんには「いない いない ばあ」をしたら喜んでもらえるんじゃないかという認識があり、数ある絵本の中から最初にこの絵本を選択したのではないかと私自身は思っており、たくさんのお母さんが赤ちゃんにこの絵本を読んでもらえたら嬉しく思います。


 

あかちゃんのためのえほん(13) [ いもとようこ ]

 

いない いない ばあ (2) (あかちゃんのための絵本)   いない いない ばあ (3) (あかちゃんのための絵本)

 

他にもまだまだあります『いないいないばあ』

「いないいないばあ」をテーマにした絵本は、上記のおすすめ3冊以外にもまだまだあります!

 

 

 

 

 

 

 

 

お気に入りの『いないいないばあ』が見つかりますように!!

 

 

▼妊娠中の便秘に悩んでいる方へ

いないいないばあ,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼妊娠線予防法を知りたい方へ

いないいないばあ,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼母乳育児を目指す方へ

いないいないばあ,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼赤ちゃんのぷにぷに肌を守るために

いないいないばあ,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼胎教からできる幼児英語教育

いないいないばあ,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼妊娠超初期症状体験談まとめ

いないいないばあ,先輩ママ,経験談,アドバイス