【0〜1歳におすすめの絵本】『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ

スポンサーリンク

【0〜1歳におすすめの絵本】『あかちゃんのあそびえほん』シリーズ

0〜1歳におすすめの絵本を紹介します。

 

『あかちゃんのあそびえほん』シリーズは、仕掛けがある絵本で、0歳の赤ちゃんはわくわくしながら見入って、1歳頃になると自分でページをめくるようになったり。

 

楽しみながら、あいさつや歯磨き、着替え、トイレなどを覚えられる面白い絵本シリーズです。

 

あかちゃんのあそびえほんシリーズ 木村裕一

 

ついつい1冊買った後に、そのユーモアさに惹かれて2冊目3冊目とシリーズで集めたくなる『あかちゃんのあそびえほん』。そのうちの5冊の口コミと評価をご紹介します!

 

『いいおへんじできるかな』 (あかちゃんのあそびえほん)の口コミと評価

 

あかちゃんのあそびえほん,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

たのしいアニメを見るように、あそびながらお返事の練習!

 

保育園や幼稚園、児童館など、さまざまな場所で、よく読まれている木村裕一さんのあかちゃんのあそびえほんシリーズの一冊です。

 

まるで、教育番組のあたたかいアニメを見ているような、親しみやすいキャラクターたちが、つぎつぎとお返事してくれます。息子が1歳になる前に、図書館で見つけて読んであげたのが初めてでした。最初はよく笑ってくれて、ある日突然「はーい!」と返事をしてくれた時、嬉しくてちょっと泣きそうになりました。

 

赤ちゃんでもめくりやすい本なので、自分でめくらせてあげたり、何度も好きなページに戻ったり。自由に読ませてあげるといいかなと思います。木村さんの「あかちゃんシリーズ」は、他にも「はみがき」や、「いただきます」など、成長のなかで教えていかなくてはいけないマナーやルールを、絵本遊びの中で自然に身につけていけるところが魅力です。0,1,2歳という赤ちゃんの時期は、過ぎてしまえば、本当に一瞬です。「いいおへんじできるかな」は、まさにこの時を楽しむために作られたような絵本だと思います。


 

あかちゃんのあそびえほん,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

1歳半の今でも大好きで一緒に楽しく読んでいる絵本です。

 

可愛い動物さんや、女の子が元気よく返事をしている絵本です。娘が8ヶ月くらいの時に買ってあげました。

 

うちの娘は、めくる絵本が好きなので、最初はひたすらめくっていました。特に理解もしていないと思います。でも段々と理解し始めてきたのか、真似して、「はーい」というようになりました。今ではきちんと、「はーい」と手を上げて返事をしてくれます。

 

私の娘が特にこういう絵本が好きだったというのもあると思いますが、可愛い絵で、ぺろっと自分でめくることができるのが、楽しく、そして自然と学ぶことができるのかな?と思いました。

 

名前を呼んで返事をしてくれる、「おいしい人ー?」って聞くと「はーい」と返事をしてくれる。日々成長してくれています。


 

あかちゃんのあそびえほん,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

1歳の子供が初めて「はーい」とお返事できるようになった本

 

いろいろな動物さんがママにお名前を呼ばれて返事をします。動物によって返事も違いますし、片手をあげてお返事する動物、両手をあげる動物など、バリエーションがあり楽しいです。

 

最後は人間の子供が呼ばれますが、自分の子供の名前に変えて呼んであげると、とても喜んでいました。我が子が0歳から読み始め、1歳で初めて「はーい」とお返事してくれた本です。

 

良いお返事ができた子は、ママがつくったホットケーキのおやつを食べれるのですが、ホットケーキの絵をちらちら見せると、キャッキャッと声を出し、喜んでいました。ちょうど1歳ごろからホットケーキを食べさせていたので、自分が知っている食べ物が出てきて嬉しかったようです。最後は本の動物さん、子供と一緒に、ホットケーキを食べるふりをし、何回もおかわりをするという空想遊びをしていました。


 

あかちゃんのあそびえほん,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

3兄弟が全員大好きだった我が家一番のベストセラー

 

きむらゆういちさんの仕掛け絵本です。

 

絵はほのぼのとした優しいタッチですが、いかにも赤ちゃん向けという感じではなく長く楽しめます。ひよこやねこ、怪獣がでてきて、呼びかけると大きなお口でお返事をします。最後はお母さんが出てきて…という内容です。

 

一番上の子供が10ヶ月くらいの時に読んだのが初めてでした。絵本を読んで大喜びすることがあまりない子でしたが、夢中になりました。動物たちがお返事をするところでは一緒になって「はぁーい!」と言ったりしていました。何度も何度も読んでいました。2人目3人目は男の子なのですが、怪獣さんのページが大好きで、「ぎゃおー!」を繰り返し読み過ぎて喉が痛くなるほどでした。

 

この絵本のシリーズはたくさんあって、どれもハズレないです。我が子たちは「ごあいさつえほん」「いないいないばああそび」なども大好きです。お出かけ版もあり、小さいサイズで中のページも厚紙なので赤ちゃんにぴったりです。


 

口コミをもっと見てみる

 

 

スポンサーリンク

 

『ごあいさつあそび』 (あかちゃんのあそびえほん)の口コミと評価

 

 

あかちゃんのあそびえほん,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

1歳ごろから、自分でめくり真似をして遊んでいた本です

 

この本はシリーズもので、こいぬのコロとねこのミケ、ことりのピイちゃん、かいじゅうさんが、ゆうちゃんのおうちへ遊びに行くお話です。

 

とんとんとんと、ゆうちゃんのおうちの扉をたたき、「こんにちは」と入ってくるお話で、普段の生活の中で一番まねができる挨拶をしていくので、子供も1歳前後から内容を理解し始め、真似をして頭を下げるようになりました。

 

朝読むときは「おはよう」昼読むときは「こんにちは」夜は「こんばんは」寝る前は「おやすみなさい」と、内容を変えて臨機応変に読んでいたら、最初はわからなくてもだんだんわかるようになり、きちんとした挨拶ができるようになりました。頭を下げて挨拶するということを、この絵本はきちんと教えてくれます。優しい絵と、わかりやすい内容でお勧めです。


 

あかちゃんのあそびえほん,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

発達の気になる子にも本を好きになってほしい思いで読んだ本

 

あらすじは、お友達の動物たちが家に遊びに来て、みんなでおやつを楽しんで、さようならする、という単純なものですが、そのなかにいくつかのあいさつことばが出てきます。「こんにちは」「いただきます」「さようなら」。そのたびにページをめくり、登場人物たちがお辞儀をする様子を立体的に表現します。

 

うちの子は、私の言葉に反応するようになった10か月ころから読みきかせはじめ、1歳半くらいまでずっとお気に入りでした。発達に気がかりなことが多く、ほかの本ではなかなか最後までお話を聞いてくれない子でしたが、この本はページをめくったり戻したりするのがおもしろいようでした。今はもう10代後半ですが、明るくあいさつできる子に育っています(笑)。


 

口コミをもっと見てみる

 

スポンサーリンク

 

『いただきますあそび』 (あかちゃんのあそびえほん)の口コミと評価

 

あかちゃんのあそびえほん,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

1歳の娘が大好きなシリーズの絵本。食事が楽しくなります。

 

犬のコロ、猫のミケ…可愛い動物たちが「いただきます」をしておいしくごはんを食べる絵本です。

 

元々このシリーズの『いないいないばぁ』が好きだったので、犬のコロをみただけでニコニコ喜びます。明るくわかりやすい絵なので0歳から読めるし、1歳前後には真似していただきますをしたり、出てくるごはんをつまむ仕草をしてパクっと食べたり、楽しいようです。1歳をすぎてからは、実際にごはんをたべる時にもきちんといただきますをして、からっぽになったお皿を机にそろえてごちそうさまをするようになりました。

 

このシリーズは、こちらのいただきますの他にもトイレや歯磨きといった生活にかかわるテーマが豊富にあって、絵本で自然と学べるので好きです。0歳から読みなれた絵本と同じキャラクターがでてくるため娘も馴染みやすいようですし、これからの生活に役立てたいと思います。


 

あかちゃんのあそびえほん,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

0歳から読んでいて、2歳を過ぎた息子が今でも大好きな本

 

シリーズに出てくる、ミケ、コロ、ピィちゃん、ゆうちゃん、ママ、かいじゅうが、それぞれのおいしいものを「いただきます」と食べる絵本です。

 

出産祝いで頂いたので、0歳の頃から息子に見せていました。1歳になる前はにこにこと見ているだけでしたが、1歳を過ぎてからは一緒にバンザイをしたり、「いただきます」と言ったりして喜んでいました。今は2歳半になる息子ですが、今でも一緒に読もうと持ってきます。

 

かいじゅうさんのページがお気に入りで、とにかくたくさんの食べ物の絵があり、これは何?これは何?と1つずつ見ても楽しいですし、「いただきます」とめくった後にウィンナーが転がり落ちている絵なので、それを拾って一緒に食べるまねをしたりして楽しめます。


 

口コミをもっと見てみる

 

 

 

『いいこでねんね できるかな』 (あかちゃんのあそびえほん)の口コミと評価

 

あかちゃんのあそびえほん,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

いくつになっても大好きな本!とうとう一字一句覚えました。

 

きむらゆういちさん作の第7弾目で、動物や怪獣や女の子が寝ようとするときにお人形や自分の好きな物を抱いて寝るなどの仕掛になっています。でも、女の子は中々眠ることが出来ません。そこで、お母さんが一計案じますがそれがほんわかとしました。

 

我が家の三姉妹は3ヶ月から読み始めました。まだぼやっとしか見えていなかったかもしれませんが、とにかく動く仕掛けや明るい色を使っておられるので、一生懸命目を動かしていました。たまに違う使い方をしてみたり、動物や怪獣などによって声色を変えてみたりと自分の思うように読んでいました。

 

そのお陰か、長女も次女も未だに絵本を取り出してきて1歳4か月の三女に読んでやっています。一つの本を三姉妹が一緒に読んでいる光景はほのぼのしますね。


 

あかちゃんのあそびえほん,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

いつからか、ねんねのときに絵本を持ってくるように!

 

木村裕一さんの「あかちゃんのあそびえほん」シリーズの『いないいないばああそび』が大好きだったのでこちらも購入しました。こどもが1歳になる頃購入したのですが、その頃はまだなんでも口に入れてかじってしまう癖があったので、ボードブックもあり助かりました。

 

どうぶつさんたちとゆうちゃんがねんねする時の様子を楽しいしかけで読み進んでいきます。「ゆうちゃん、絵本みながらねんねしたねー」と話しかけていたらいつからかねんねの時に「ねんねー」と言いながら本棚から絵本を持ってくるようになりました。そのまま寝ない時もありますが…。眠れない時には絵本に出てくるどうぶつさんのように、「おにんぎょだいてねんねしてみる?」などと声掛けをして眠りへいざなっています。


 

口コミをもっと見てみる

 

 

『シャンプーだいすき』 (あかちゃんのあそびえほん)の口コミと評価

 

あかちゃんのあそびえほん,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

お座りでお風呂に入る時期におすすめの『シャンプー大好き』

 

今まではお膝の上に寝かせそっと顔にかからないように頭を洗ってました。夏の始め同じ7ヵ月の友達と遊んですごい汗!自宅でお友達とお風呂に入ってビックリ。シャワーをザーっとかけてます。自分でゴシゴシも上手にしています。我が子もじっと見てます。

 

そのママに「すごいね。顔にかかっても大丈夫なのね」とそろそろお膝の上も滑り限界かなと思ってたので、すぐ聞きました。「私の所も2ヵ月前までそんな感じだったけど、たまたま友達に『シャンプー大好き』を借りて読んであげたら夢中になったから買ったの。貸してあげるよ。」と借りて見ました。

 

絵も可愛い、頑張ってるお顔がめくればにっこり。読みやすい。体をゴシゴシ、頭もゴシゴシ、お顔もゴシゴシ。我が子も何度もめくってます。もちろん、『シャンプー大好き』買いました。お風呂もお友達を見ていたので、自分でやりたがります。ザパーンもします。私も「かいじゅさんと」と言いながらやってますよ。


 

口コミをもっと見てみる

 

 

▼妊娠中の便秘に悩んでいる方へ

あかちゃんのあそびえほん,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼妊娠線予防法を知りたい方へ

あかちゃんのあそびえほん,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼母乳育児を目指す方へ

あかちゃんのあそびえほん,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼赤ちゃんのぷにぷに肌を守るために

あかちゃんのあそびえほん,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼胎教からできる幼児英語教育

あかちゃんのあそびえほん,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼妊娠超初期症状体験談まとめ

あかちゃんのあそびえほん,先輩ママ,経験談,アドバイス