【0〜1歳におすすめの絵本】『松谷みよ子あかちゃんの本』シリーズ

スポンサーリンク

【0〜1歳におすすめの絵本】『松谷みよ子あかちゃんの本』シリーズ

0〜1歳におすすめの絵本です。

 

長年のベストセラー、『松谷みよ子あかちゃんの本』シリーズです。ご自身が小さい頃に読んだ思い出があって、お子様にも買ってあげたママや、孫にプレゼントした祖父母も少なくないですね。

 

このような時代を超えて多くの赤ちゃんに読まれる本はなかなかないです。ぜひ1冊でも赤ちゃんに読んであげて欲しいですね。そのため、各本の口コミと評価をご紹介しますので、本選びのご参考にしてください。

 

 

『あかちゃんのうた』 (松谷みよ子あかちゃんの本)の口コミと評価

 

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

子はもちろん、母も癒やされた、愛情溢れる手遊び歌の本

 

ファーストブックの名作!松谷みよ子さんのあかちゃんの本シリーズの一冊です。

 

お母さんと赤ちゃんの、ささやかな伝承手遊び歌が綴られた、本当にあたたかな絵本です。「おつむてんてん かいぐりかいぐり とっとのめ」や「ここは じいちゃんに にたところ ここは ばあちゃんに にたところ」など、かつて自分も母や祖母にやってもらった、スキンシップの手遊びがいっぱい登場します。

 

子どもには3ヶ月頃から、何度も何度も読んであげていました。岩崎ちひろさんの絵もすばらしい!そして、言葉の響きは、すべてが本当にあたたかく、産後はじめての育児で不安だった私にとっても、子守歌のように響く言葉でした。

 

昔から語り継がれてきた、手遊び歌のなかに、子どもを思う心も息づいているのだと、教えられ、励まされているようでもありました。歌いながらお腹をくすぐると、キャッキャッと笑う子どもにもまた、救われました。赤ちゃんが産まれたばかりのママさんたちは、きっと本当に必死で、日々がんばっていて、絵本を読む時間もないかもしれませんが、ぜひ!この一冊と一緒に、適当にゆるやかな子育てを楽しんでください。


 

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

生後6か月の息子が初めて私の読み聞かせで眠った絵本

 

こちらの絵本は母親目線で赤ちゃんに対する愛おしさを書いています。息子が生まれてすぐに購入し、ずっとそばに置いていました。本格的に読み聞かせをし始めたのは3か月からでしたが、6か月ぐらいからはこの絵本を読むと必ず眠るようになり、それからは寝かしつけの時に読むようになりました。

 

文章も挿絵もとてもあたたかく、読んでいる声も自然と優しいものになるのでしょうか。読んでいる私の顔をじっと見つめて、安心したかのようにウトウトし始めます。私もその様子を愛おしく思いながら、読み続けていました。

 

子どもにとってもとても良い絵本ですが、母にとっての癒しの絵本だと思います。育児で悩んでいるときなどに読むと、ホッとします。同時に生まれてきてくれたことに感謝する心になります。息子は今5歳になり、プチ反抗期の最中ですが、時折一人で読んでは日ごろのイライラを穏やかな気持ちに変えています。


 

口コミをもっと見てみる

 

 

 

『もしもしおでんわ』 (松谷みよ子あかちゃんの本)の口コミと評価

 

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

優しい絵と音に包まれて、ゆっくり目覚められる温かい本

 

じりりーん じりりーん
電話の呼び出し音から始まります。

 

遠く離れた大スキなじぃじと、受話器を通じて声が聞こえます。子供達が7-8カ月の頃から大スキで毎日のように何度も読んで聞かせました。電話の向こうに次々登場する、モモちゃんのお友達。次第に目が覚め、お友達と一緒に野原へお散歩。

 

じりりーん じりりーん じりりーん じりりーん と、呼び出し音を読んで聞かせると、受話器を取って耳に当てるふりをします。主人公の名前と子供の名前を置き換えて、電話の向こうに出てくるモモちゃんのお友達を大スキなじぃじやばぁばに置き換えて、何度も何度も読んであげました。

 

じりりーん じりりーん
誰からかな?
じりりーん じりりーん
次は誰?
じりりーん じりりーん
今度は?

 

最後はみんなで一緒にお散歩です。


 

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

松谷みよ子さんと岩崎ちひろさんの愛が溢れる名作絵本

 

松谷みよ子さんの『あかちゃんの本』シリーズの一冊で、1970年代の発売以来、40年を超えるベストセラーです。

 

じりりーん、じりりーん。昔懐かしい黒電話が鳴ります。ちいさいモモちゃんが、眠い目をこすりながら電話に出ると、かけてきたのは誰でしょう?「もしもし わたしは きらきらひかってまぶしいものです」。

 

私は子どもがお腹にいる頃に、生まれたら絵本を読みたいなと、本屋さんで見つけて買いました。妊娠中に、我が子がどんな子かなぁなんて思い描きながら、読む時間もしあわせでした。実際に子どもが産まれてみると、最初は絵本を読む余裕なんてまったくなくて、いっぱいいっぱいの日々でしたが、1歳すぎた頃に、ようやく読んであげることができました。黒電話なんて見たことがない子どもがどう思うかなぁと思いましたが、とても喜んでくれて、ファンタジーの世界を一緒に旅するように読みました。岩崎ちひろさんのみずみずしい水彩画が、子育て中の心に本当に染みて、いま読み直すと、なんだかジーンとします。平成生まれのお子さんにも、ぜひ!読んであげてください。


 

口コミをもっと見てみる

 

 

 

『おふろでちゃぷちゃぷ』 (松谷みよ子あかちゃんの本)の口コミと評価

 

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

おふろに入るため服を脱ぐときセリフを言いながら脱いだ本

 

『おふろでちゃぷちゃぷ (松谷みよ子あかちゃんの本)』 の本は、簡単な日本語でわかりやすくおふろに入るための動作を描いています。松谷みよ子さんの優しい語り口といわさきちひろさんのふわりとした絵がとてもマッチしている素敵な絵本です。

 

子どもが生後6ヶ月ごろから、おふろに入るために服を脱ぐことがわかる時期から読んであげていました。覚えやすい言い回しで絵本が書かれているので、ママも子どももすぐに覚えてしまうと思います。なので、子どもがおふろに入るときに「まって まって いま ○○ ぬいだとこ」などのいいまわしを言いながら、子どもの服を脱がせていました。子どもも『おふろでちゃぷちゃぷ 』の言い回しだとすぐ気がつき、きゃっきゃっ言いながら脱いでいました。おふろが楽しい、きもちいいものだよとイメージつけさせるのにとてもよかった思います。


 

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

みんなおふろが大好きになる、魔法のような絵本です。

 

名作揃いの「松谷みよ子さんのあかちゃんの本」のなかの一冊です。

 

あひるさんが、いそいそ、どこかに出かけます。せっけんもって、タオルもって、どこいくの?いいとこいいとこ!ぼくも、つられて、おふろにいそぎます。おふろでちゃぷちゃぷ!せっけんぶくぶく。おふろの時間の楽しみがいっぱいつまったお話です。

 

1歳頃から4歳近くまで、かなり長く読んであげたように思います。この本の魅力は、なんといっても、岩崎ちひろさんのやわらかく優しい絵。子どものかわいらしさを知り尽くした岩崎さんのタッチは、母親にとってもたまらない読み物となります。これを読んであげてから、お風呂の時間にすると、自分でがんばって洋服を脱いでお風呂に行ってくれるんです。

 

最後のページ、あたまあらって、きゅーぴーさん。という場面は、何度もやってあげました。一緒に、ゆっくりお風呂に入る時期って、意外と短いものです。この愛おしい時間を、親子で楽しむように、読んでみてほしいなと思います。


 

口コミをもっと見てみる

 

スポンサーリンク

 

『もうねんね』 (松谷みよ子あかちゃんの本)の口コミと評価

 

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

身近にいる動物達が出てくるので親しみやすい絵本です。

 

絵本の雰囲気はビビッとカラーではありませんが、『もうねんね』の題名通りに眠る前に読める本なので赤ちゃんの目に刺激が少なく、寝る前の落ち着いた雰囲気作りが出来る絵本ですね!

 

犬や猫など親しみのある動物たちが登場します。にゃーにゃーやわんわんといっただけでも子どもは嬉しそうに笑顔になります。最後は息子の名前に置き換えてooちゃんもねんね と読んでいます。子どもは8ヶ月なので「ねんね」の意味がまだ分かってないようで、ただの読み聞かせになってますが、もう少し大きくなって「ねんね」の意味がわかってきた時に読んであげた時の反応が楽しみです。

 

ねんねという言葉が沢山出てくるので絵本を通して眠る=ねんねと教えてあげられる事ができて一つの動作を覚える成長にもつながる絵本だと思いました。


 

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

無我夢中の子育ての時期を、一緒に過ごした思い出の絵本

 

 

数々の名作を出されている松谷みよ子さんのあかちゃんの本シリーズの一冊です。

 

瀬川康夫さんの、やわらかく優しい絵も印象的です。犬、猫に、ひよこも、あくびをして、ねんね。それから、人間のモモちゃんもねんね。毛布も人形も、みんな、ねんね。という寝かしつけにぴったりの絵本。お昼寝や、夜寝る前の本として、子どもが0歳から2歳くらいまで、読んであげていたような気がします。

 

段々、我が子が「ねんね、ねんね」と口ずさめるようになるのが可愛かったです。とにかく、子育ての最初は、母親の自分が、眠くて眠くて、たまらかなかった。一緒に読みながら、一番最初に、自分が寝てしまいそうだったのを覚えています。乳幼児期の絵本は、子どもにとってはもちろん、母親の心のためにも、とても大切な処方箋。私の心にも響く、子守歌のような絵本でした。この頃の絵本は、まだずっととってあります。図書館で借りるのもいいですが、この本は買って、いまも家にあります。まさに時を超えて、なお残る、名作だと思います。


 

口コミをもっと見てみる

 

『のせてのせて』 (松谷みよ子あかちゃんの本)の口コミと評価

 

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

児童館で読んでもらったのがきっかけで好きになった絵本

 

登場人物は「まこちゃん」という男の子です。「まこちゃんの〜自動車ですよ〜早いですよ〜ブッブー?」とまこちゃんが赤い車に乗ってお出かけしていると「のせてのせて!」とくまさんやウサギさんやネズミの親子が手をあげて待っている、というお話です。

 

歌があってリズミカルでとても楽しい絵本です。近くの児童館に遊びに行ったときに、この絵本を保育士の先生が読んでくれたのがきっかけで好きになり、「これ買って!」と言われ購入しました。娘が1歳3か月のころでした。

 

絵本を買ってからは、しばらく「歌って!」と言って絵本を持って来ていました。途中で「トンネルトンネル・・・真っ暗真っ暗・・・」という部分があるのですが娘はそこがお気に入りで、今ではドライブ中、トンネルに入ると絶対にその部分を歌っています。


 

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

レトロな世界がたまらない、今も本棚に残している絵本

 

ファーストブックの殿堂ともいえる、松谷みよ子さんのあかちゃんの本シリーズの一冊です。

 

小さなまこちゃんが運転するクルマに、うさぎさんが「のせてのせて」一緒にドライブのはじまりです!クラシカルなクルマ。まこちゃんのバスケット。すべてがレトロで愛おしい宝物のような絵本です。

 

1歳すぎた息子に買ってあげました。というより、私がすっかり気に入ってしまって、買った感じです。この絵本に登場するうさぎさん、実は同じ「あかちゃんの本シリーズ」の『おさじさん』という絵本の、主役のうさぎさんなのです。違う絵本で逢えた登場人物に、また別のお話で出逢えるって、とっても嬉しい。子どもと一緒に「おなじうさぎさんだねぇ!」と喜んだものです。東光寺さんの絵と松谷さんの言葉が紡ぐ、美しく丁寧なお話の世界。私は、日本にずっと残したい名作絵本だと思っています!


 

 

 

『おさじさん』 (松谷みよ子あかちゃんの本) の口コミと評価

 

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

「食べる」ことを親子で一緒に楽しむことのできる絵本

 

食べるって、どんなこと?
食べ物を口に入れるって、どんな感じ?

 

離乳食を始める頃に、子供と一緒に読んで、優しい気持ちで食べる、食べさせる、一緒に食事をする楽しさを感じることのできる絵本です。

 

どこからか、おさじさんがやってきました。おいしいにおいに誘われて、おさじさんは大急ぎです。見つけたみつけた、おいしいにおい。うさぎさんは自分一人で食べようとしますが、アツアツのおかゆで大ヤケド!

 

そこで登場、おさじさん。うさぎさんはお手てにおさじを持って、ゆっくりおかゆを口に運びます。「おいしいー!ああ おいしい!」誰もが必ず使うおさじさん。食べ物を優しくお口に運んでくれます。子供の手におさじを持たせて、一緒に楽しい時を過ごすことのできる絵本です。


 

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

離乳食がはじまったら、子どもと一緒に読みたい食育絵本

 

不滅の名作、松谷みよ子さんのあかちゃんの本シリーズの一冊です。ちいさなちいさなうさぎさんのお家に、おさじさんがやってきます。自分で食べられる!とお皿にお顔をつっこんで泣いてしまったうさぎさんに、優しいおさじさんが、助け船を出します。おくちのトンネルに、ポッポーと、たまごのおやゆを運んであげるのです。ああ、おいしいおいしい!とうさぎさんもご機嫌。

 

子どもが1歳半から2歳の頃に、よく読んであげました。離乳食が始まった頃、苦戦して作ったご飯も、ほとんど口の中に入らず、手も顔もくわんくわん!テーブルや床が食べることが多い時期でした。母親の私も、食事の時間に、なんとかちゃんと食べてほしい!と苦戦していました。

 

そんな時「おさじさんがポッポー」と口ずさみながらご飯を運んであげると、喜んで食べてくれた記憶があります。まさに素朴であたたかい、食育の絵本なのかもしれません。言葉づかいも絵も、レトロで可愛らしいです。今は子どもたちも、食べ盛りの小学生ですが、懐かしくて、まだ大切に残してある絵本です。


 

口コミをもっと見てみる

 

 

 

『いいおかお』 (松谷みよ子あかちゃんの本) の口コミと評価

 

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

先輩ママにおすすめされた一冊で、長男の最もお気に入りの本

 

一人の女の子が「いいおかお」をしているところに、次々と動物が「いいおかお」見せて、とやって来ます。そして動物たちが女の子のまねをして、「いいおかお」をします。帰宅したお母さんが、その姿を見てビスケットをくれました。みんなでビスケットを食べて、あぁおいしいおいしい!とますます「いいおかお」になりました、というお話です。

 

息子が10ヶ月の頃、ベビーサインで、「おいしい」を覚えてから毎日この本を読んでと持って来ていました。この本の『いいおかお』というのは読み手それぞれ思い浮かべる顔が違うと思います。「いいおかお」というフレーズが出てくるたびに息子なりの「いいおかお」をしてくれます。それが月齢が進むにつれ変化し、どんどん表情豊かになっていくのが親としても成長を感じ取れると思います。本の最後は、「おいしいはどーこ」というフレーズで終わっています。

 

おいしいという目に見えないものがどこにあるのかという大人にも難しく深いフレーズで締めくくられています。因みに息子は、私が「おいしいはどこだろうねぇ」と聞くと「ママ!」と答えます。考えさせられます、そしてなんだかほっこりする一冊です。


 

 

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

この絵本といっしょに子育てをしていたような、宝物の本

 

赤ちゃんへのファーストブックとして、読み継がれる松谷みよ子さんの赤ちゃんの本シリーズです。

 

ふうちゃんが、ひとりで、いいおかおをしていました。そこへ「いいおかおみせて」って、ねこがきました。というはじまりで、いろいろな可愛らしい動物が「いいおかおみせて」とやってきます。

 

子どもには、まだ、本当に小さな0歳の頃から、繰り返し読んであげていました。1歳頃から「いいおかお、みせて」と言うと、いいおかおをしてくれるようになって、本当に嬉しかったのを覚えています。

 

松谷みよ子さんの赤ちゃんの本シリーズは、言葉の美しさ、素朴さ、絵の愛らしさ、すべてがすばらしくて、まさに子育てを一緒にしてきたような、お守りであり、宝物でもあります。繰り返し読んであげた本との思い出が、我が子の心の何処かに残っていたらいいなと思っています。このシリーズは、どうしてもそばにおいておきたくて、何冊か買いましたが、『いいおかお』も、購入し、今も本棚の隅っこに眠っています。

 

口コミをもっと見てみる

 

 

▼妊娠中の便秘に悩んでいる方へ

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼妊娠線予防法を知りたい方へ

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼母乳育児を目指す方へ

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼赤ちゃんのぷにぷに肌を守るために

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼胎教からできる幼児英語教育

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼妊娠超初期症状体験談まとめ

松谷みよ子,あかちゃんの本,先輩ママ,経験談,アドバイス