【0〜2歳におすすめの絵本】ふれあい親子のほんシリーズ

スポンサーリンク

【0〜2歳におすすめの絵本】ふれあい親子のほんシリーズ

0〜2歳におすすめの、『ふれあい親子のほん』シリーズ。

 

親子で楽しめる1冊、ご紹介します。

 

『ふれあい親子のほん 0さいだもん』口コミと評価

 

ふれあい親子のほんシリーズ,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

5ヶ月の赤ちゃんが赤や黄色のページによく反応する本

 

本ですが小さい赤ちゃんでも楽しめるような一冊です。

 

歌があったり赤や黄色の赤ちゃんにとってわかりやすい色がページ一面にあったり子犬の写真があったりします。お話ではないのでわかりやすいのだと思います。

 

特にうちの子は赤や黄色のページがすきだったり歌を歌ってあげたりすると喜んでいる気がします。ただ読むだけではなくジェスチャーや自分でわんわんなどの鳴き声をそのページごとで加えてあげるとさらに喜んでくれるので行っています。

 

うちは出産祝いの時にこの本をいただいたので結構早くから読んであげています。最初、生後3ヶ月くらいまではあまり、反応もなかったですがそれ以降になると笑顔も増えたり本を見たりしています。一冊でいろんなものが見れたりするのでたのしいようです。


 

ふれあい親子のほんシリーズ,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

あかちゃんにはじめて与えるのにふさわしい、オススメえほん

 

素敵なイラストや可愛い写真がたくさんのっていて親子で楽しめ、ふれあえる絵本です。

 

一番上の子が6か月くらいのときに購入しました。絵本を気に入ってじっと絵をみつめたり、かたことを話すようになってからは、私が歌を歌うと手をたたいて体をゆらしたりして喜んでいました。

 

1歳を過ぎても一緒に楽しめました。

 

中でもこどものお気に入りだったのは「いないいないばあ」と「子犬の写真」でした。「いないいないばあ」はあかちゃんの発育に役立つそうで、子供も何度も自分でページをめくりながら遊びました。子犬の写真は動物へ興味を持つきっかけになったと思います。

 

その後、弟も妹もこの絵本を気に入って、親子でたのしく触れ合うことができました。


 

ふれあい親子のほんシリーズ,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

内容も豊富で、初めての一冊に選んで良かったとおもいます。

 

娘が6ヶ月くらいの時に書店で見つけて、まず本のタイトルと、表紙の優しい感じにひかれて購入しました。

 

中身はカラフルな写真や絵で果物や動物など、生活に密接に関係するものがたくさん紹介されています。私は娘を膝の上に座らせて絵本を見ながら、名前や鳴き声を教えていました。まだまだ0才児なので、言葉を教えるためや読み物というよりは、一緒に見る時間を楽しむための本だと思います。ページをめくるたび、「うわぁ!すごいね!」など、感情を表現しながら読むと、娘も声を出して笑ったりしていました。

 

子供が生まれて、絵本の読み聞かせが大切と分かっていても、どんな本を選べば良いのかわからず、書店には本当にたくさんの本があり悩みますが、まず最初の一冊にこれを選んで良かったと思います。


 

口コミをもっと見てみる

 

 

こちらもおすすめ

 

 

 

 

『ふれあい親子のほん 1さいだもん』口コミと評価


口コミを見てみる

 

 

こちらもおすすめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

ふれあい親子のほんシリーズ,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

2歳だけでなく、1歳でも3歳でも喜ぶ、身近なテーマの絵本

 

この絵本はいわゆる「お話し」の絵本ではなく、食べ物・生き物・乗り物などといった、子どもにとって身近な興味の深いものや、食事や着替えなどといった日常生活について記された絵本です。

 

2歳前後には言葉も発達してくるので、「これは何?」と問いかけていろいろな物の名前を覚えながら遊ぶことができますし、生活するうえで欠かせない食事やトイレなどの手順も理解することができるようになります。

 

生き物や乗り物、食べ物については、絵だけでなく実物の写真がのっているのもオススメですし、型抜きや隠したりする仕掛けがついていて、子どもと遊びながら学べるのでオススメです。

 

この本を読むようになってから、普段から「赤い食べ物なーんだ?」などと問題を出し合いながら遊べるようになりました。この本一冊で子どもとの会話の幅が広がります。


 

ふれあい親子のほんシリーズ,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

2歳の娘の好奇心を掻き立てる、まるで図鑑のような本。

 

なんでもやりたい、知りたいという気持ちがますます強くなってくる2歳児のための本です。

 

娘の2歳の誕生日にプレゼントしました。まるで2歳児のための図鑑のような本で、生き物や植物、乗り物、おうた、おはなしなどのコンテンツがぎっしりと詰まっています。写真やイラストがとても見やすく、内容がとてもシンプルなので、娘にも十分理解できるような本です。娘は相当気に入ったようで、プレゼントしてからこの本を毎日読んでいます。

 

この本のおかげなのでしょうか、特に私が教えたわけでもないのに、最近お出かけすると本で見た乗り物やお花を見ると指をさして「あ、○○だ!」と嬉しそうに反応することが多くなりました。本で見て理解したものを実際に見たり体験したりすると楽しいようです。好奇心旺盛な2歳児にオススメできる良い本だと思います。


 

ふれあい親子のほんシリーズ,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

2歳の気になっているもの、興味があるものが盛りだくさん!

 

私は子供が2歳のときにたまたま本屋さんでこの本を見つけて購入しました。

 

2さいだもんはいきもの、たべもの、のりもの、せいかつ、からだ、うた、おはなしの分類に別けられています。

 

いきものでは動物、昆虫の名前はもちろん載っていて、ページに穴が空いていて動物かくれんぼ誰かな?などクイズもついています。

 

たべものでは可愛いおにぎりや、色ごとに別けられたくだもの、野菜が出てきて色の勉強もできたりとても視覚を刺激されます。

 

のりものは子供が大好きな働くくるまがいつくも出てきます!よく見かけるくるまから新幹線、工事のくるま。
せいかつではトイレやお片付けをする風景が可愛いイラストで描かれています。

 

それから子供たちでも歌える簡単なうたのページがあります。おはなしのページでは洋服自分で脱げるかな?とおやすみなさいの話が入っています。

 

私はこの本を読んであげて、なんでも自分でやりたいというこの時期の子供の成長を助けてくれる1冊だと思います。


 

口コミをもっと見てみる

 

 

こちらもおすすめ

 

 

 

▼妊娠中の便秘に悩んでいる方へ

ふれあい親子のほんシリーズ,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼妊娠線予防法を知りたい方へ

ふれあい親子のほんシリーズ,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼母乳育児を目指す方へ

ふれあい親子のほんシリーズ,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼赤ちゃんのぷにぷに肌を守るために

ふれあい親子のほんシリーズ,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼胎教からできる幼児英語教育

ふれあい親子のほんシリーズ,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼妊娠超初期症状体験談まとめ

ふれあい親子のほんシリーズ,先輩ママ,経験談,アドバイス