【先輩ママ教えて!】 母乳育児 妊娠中の準備 妊娠・出産・育児

スポンサーリンク

【先輩ママに訊く!】産後に母乳を増やす方法は?(体験談とアドバイス)

 

無事赤ちゃんを出産! あれれ、思ったより母乳が出ない、と悩むママも少ないですね。出産直後からジャンジャン母乳が出る人は多くなく、徐々に増えていく人がほとんど。初めはミルクと混合だったけど、2ヶ月後、3ヶ月後には完全母乳になったという人も多いですね。

 

それでもあまり量が出ないと不安になってしまいますよね。赤ちゃんにもたくさん母乳をあげたい、と思うのが母親心。

 

そこで、母乳育児をした先輩ママに、産後に母乳を増やす方法を聞いてきました! 参考にしてみてください。

 

産後、母乳を増やす方法はあるの? 母乳育児をした先輩ママの生の声

母乳育児をした先輩ママに、産後母乳を増やす方法を体験談とアドバイスを含めて聞いてきました!

 

 

母乳,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

母乳の出を良くするために助産師さんにマッサージを依頼して

 

入院中、助産師さんに毎日マッサージをやってもらいました。自分の身体がまだ回復していなくても赤ちゃんとの生活は始まりますし、待ったなしです。今は母乳育児が推奨されていますから、病院でも飲ませ方や吸わせ方を教えてくれると思います。ここで1回のみで終わるのではなく、毎日指導をお願いするのです。

 

出が良くなる為には赤ちゃんに吸ってもらう事です。ですが吸われる時に乳首が痛くては吸わせる事も嫌になってきてしまうので助産師さんに胸や乳首を揉んで柔らかくしてもらい、母乳が出やすく痛さを軽減してもらって下さい。最初が肝心ですよ。

 

それでも乳首が痛いのであれば馬油を塗って保護してください。私は病院から貰って毎日塗っていました。赤ちゃんが口にしても害はないそうです。一生懸命、自分の乳を吸う我が子は本当に愛おしくてたまりませんよ。(先輩ママ:みゆママさん)


 

母乳,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

母乳を増やすならサジー!飛躍的に母乳量が増えます!

 

第一子を産んですぐに母乳を与え始めましたが、妊娠中にマッサージを欠かさず行っていたにも関わらず、母乳の出はあまり良くありませんでした。飲み量が少なかった最初の1、2週間は問題なかったのですが1か月もするころには、母乳量が全然追いつかなくなってしまいました。

 

母乳に含まれる栄養素や抗体といったものは調乳では補えないので、なんとか母乳を増やせないかと方法を模索し出会ったのが「黄酸汁サジー」でした。半信半疑で飲み始めたものの、飲んですぐに効果を実感しました。

 

娘の「ごくっ」という今まで聞いたこともなかった音をたてながら飲む様子は感慨深かったです。1日30ml飲むだけと非常にお手軽なので無理なく続けることが出来、お勧めです。サジーにはビタミンも豊富に含まれているので育児に疲れた母体のサポートもしてくれます。

 

サジーを飲み始めて2週間もする頃には、飛び出すほどの母乳が出るようになりました。産後4か月経った今では母乳の出が悪くて困るということは全くありません。母乳の出が悪くて困っている方には、即効性のあるサジーを是非試して頂きたいと思います。(先輩ママ:べべままさん)
サジーの口コミをもっと見てみる!


 



 

 

母乳,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

母乳育児は楽しい!あふれる母乳を手に入れるためには…

 

妊娠する前から、子どもを産んだら当然母乳育児をするものだと思っていました。赤ちゃんが自分の胸から母乳を飲んでくれる姿は可愛いし、愛着形成に大きな影響を与えると思っていたからです。

 

出産後すぐ出ると思っていましたが、なかなか出ず、1か月程はミルクを足していました。絶対完全母乳にしたい、と思っていたので、頻回授乳で一生懸命吸わせていたら、乳首から出血したり、小さなマメが出来て、すごく痛い思いもしました。

 

痛くても何でも、吸わせることが1番だと思い込んでいたのが大きな間違いだったと思います。

 

実際は、水分が摂れていなかったことが原因でした。授乳の度に、コップ一杯の水分を必ず摂るようにし、食事の時にも汁物を添えるようにしました。
他にも、食事内容を和食中心にしたり、身体を冷やさないようにしたり、白ごはんをたくさん食べるようにしたりもしました。
少しずつ母乳の量は増えて、1か月後には完全母乳に。更に1か月後には、授乳パッドが欠かせない生活になりました。

 

母乳育児は、思ってる以上に身体から水分が出て行くものです。コツは、一気に飲まずに、チョコチョコ水分を口にすることだと思います。(先輩ママ:くままさん)


 

母乳,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

ハーブティーとツボ押し、あとは体のリズムをつくること

 

一人目の出産後、病院は母乳育児推進だったので助産師さんが一生懸命(ギュウギュウ)乳首を絞ってくれましたが、思うように出ず乳首から出血もして大変でした。最初は粉ミルクを少しずつ足して飲ませていましたが、毎回の哺乳瓶の消毒が苦痛だったことと、粉ミルクはお金がかかること、母乳で育てたい気持ちが強かったので、色々試してみました。

 

まずはカモミール・フェヌュグリーク・アニスというハーブを特別にブレンドしてもらい、それを毎日飲みました。食生活は朝のパン食をやめてすべて和食に切り替え、根菜多めに取るようにしました。そして血行が悪いと良くないので、ひざ上のツボを押し、肩回りは時々ほぐしました

 

3時間おきに母乳をあげると良いと聞き、泣いてすぐでなく時間を決めて3時間おきにあげ続けたら、そのリズムでだんだん母乳が作られるようになりました。

 

最初は20g程度でしたが、徐々に40g、50gと増えるようになりました。2ヶ月経ち、白斑ができ痛かったですが、それは母乳が出るようになった証拠とのこと。母乳が詰まってしまうくらい増え、母乳外来も卒業し、息子が1歳4か月で卒乳するまで完全に母乳のみで育てることができました。(先輩ママ:そうくんママさん)


 

スポンサーリンク

 

母乳,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

母乳をたくさん出すには、お餅や団子を食べるといい!

 

出産した時から母乳の出はよかったのですが、グイグイと飲めるようになると、どうしても足りなくなっていました。

 

そんな時、お餅や団子を食べると母乳の出が良くなると聞いて、実践してみたところ本当にポタポタたれるくらいの母乳が出てきました。人によってはお餅を食べると乳がつまるという人もいるみたいなのですが、私にはとってもあっていたみたいです。

 

そもそも完母で育てたかったので、どうしても母乳の出をよくしたいというのがありました。完母で育てたかった理由は、ミルクにはない栄養や免疫力を高める成分が入っていて、母乳で育てると風邪をひきにくくなるという話も聞いたので、安全な母乳をたくさん飲ませて育てたいなと考えて飲ませていました。(先輩ママ:チョコママさん)


 

母乳,先輩ママ,経験談,アドバイス

 

妊娠期間中から飲みたかった! 小豆のお茶で母乳が増えた

 

母乳で育てる気満々だったので、出産前にミルクも哺乳瓶も一切買いませんでした。何の根拠もないのですが、自分は母乳が出る!と信じている部分があったんです。笑 今思うと恥ずかしいくらい自信に満ち溢れていました。

 

それがいざ出産してみて、赤ちゃんに母乳をあげることになったのですが、まずは赤ちゃんに乳首を咥えさせることさえも上手に出来ず、さらには母乳もあんまり出なくて、自分にガッカリしたのを覚えています。そして、足りないものは仕方ないので産院で用意された哺乳瓶でミルクをあげました。

 

私はどうしても母乳育児がしたかったのでネットで調べて、母乳が出るという小豆のお茶を見つけすぐに注文。毎日飲むようにしました。それと食事は栄養のバランスが良いように和食にして、出なくても赤ちゃんに吸ってもらいました。
カフェインレスで栄養満点!【母なるおめぐみ】

そしたら徐々に増えてきて、3ヶ月くらいの時に完全母乳になりました。「母なるおめぐみ」という小豆のお茶は妊婦期間中から飲めるようです。何で妊婦の時から飲み始めなかったんだろう、って後悔さえしました。それでも母乳育児をすることが出来たので良かったです!!(先輩ママ:さちママさん)


 



 

 

上記は参考にしていただきたいですが、効果は人それぞれですので体験談の一つということをご理解くださいね。また母乳育児にあまりこだわり過ぎず、足りない時はミルクを足せばいいね、くらいの気持ちでいるのが大切です。ストレスを感じることで母乳が出づらくなることもあります。

 

またミルク育児でも赤ちゃんの健康や発育には問題ないですので、あまりにもストレスを感じてしまって辛い時は、思い切ってミルク育児に切り替えてしまうのも手です。

 

ママも赤ちゃんもストレスなく笑顔で過ごせるのが一番ですね。

 

 

 

 

▼妊娠中の便秘に悩んでいる方へ

母乳,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼妊娠線予防法を知りたい方へ

母乳,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼母乳育児を目指す方へ

母乳,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼赤ちゃんのぷにぷに肌を守るために

母乳,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼胎教からできる幼児英語教育

母乳,先輩ママ,経験談,アドバイス



▼妊娠超初期症状体験談まとめ

母乳,先輩ママ,経験談,アドバイス