排便コントロール 妊婦の便秘解消法

妊婦さん必見! マタニティ便秘を解消するに、【排便コントロール】が重要!!

 

一般に女性に多いと言われる便秘ですが、妊娠中は特に便秘で悩む女性が増える傾向にあります。妊娠中の便秘は普段にも増して辛いもの。

 

その対策と解消のために、まずは、妊婦が何故便秘になりやすいのか、その原因を知ることが大切です。
そして、原因となることを出来る限り改善し、排便コントロールをすることが最もおすすめの便秘解消法です。

 

 

排便コントロールって何!?

 

「排便コントロール」とは、便秘などの排便障害を人工的に解消することを指します。

 

便秘薬や浣腸もその一つではありますが、一時的な解消にはなっても、根本的な改善にはつながりません。また、妊娠による排便障害の場合は、安易に便秘薬や浣腸に頼るのは不安がつきまといますね。

 

そのため、当サイトでおすすめする方法は、オリゴ糖や乳酸菌を摂取することで乱れた腸内環境を整え、決まった時間に排便をする習慣をつけることになります。

 

まずは、便秘になっている腸内環境は、悪玉菌が増えて乱れた状態になっているので、善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌など)を増やすことで腸内環境を整え、便秘を解消するとともに便秘になりにくくします。その方法としては、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を摂って腸内にすむビフィズス菌を増やす方法(プレバイオティスク)と、直接口から生きたまま腸に届く乳酸菌やビフィズス菌を摂って増やす方法(プロバイオティスク)があります。

 

プレバイオティスク

善玉菌となるビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を摂取して、腸内のビフィズス菌を増やす方法です。

 

オリゴ糖は大豆やバナナ、ゴボウ、タマネギ、はちみつなどに含まれていますが、食品から十分な量を毎日摂り続けることは容易ではありません。そこでおすすめなのは、オリゴ糖商品です。一言にオリゴ糖商品と言っても、粉末状のものから、液体状のものゼリー状のものなどいろいろとあります。効率良く、腸内のビフィズス菌を増やすことができるオリゴ糖を選ぶようにしましょう。

 

プロバイオティスク

口から直接、乳酸菌やビフィズス菌を摂って善玉菌を増やす方法です。

 

乳酸菌やビフィズス菌というとはっ酵乳のヨーグルトが真っ先に思いつきますが、市販されているものは腸に届く前に胃酸や胆汁によって死滅してしまうものがほとんどなのです。腸まで生きて届く菌を摂取しなければ、腸内の善玉菌を増やすことにはつながらないのです。そのような菌が豊富に含まれている食品・サプリメントを選ぶようにしましょう。

 

そして、決まった時間に排便する習慣をつけていきましょう。おすすめは朝食後になります。

 

食生活に気を付け、十分に質の良い睡眠を摂ることで、寝ている間に便が作られるようになります。朝、空っぽの胃を朝食を食べることで刺激し、腸の蠕動運動を活発化することで、夜間に作られた便が排便されやすくなります。そのため、朝食を摂ってから20〜30分後に、トイレに行くよう習慣づけることが重要です。腸内環境が整っていれば、排泄習慣がつけやすく、排便コントロールがしやすい状態になっているはずです。

 

このようにして、腸内環境を整え排便習慣をつけるという排便コントロールをすることで、体に無理なく、妊婦の便秘を解消することが可能となるのです。妊娠すると便秘になりやすくなります。便秘は放置してしまうと、腹痛や嘔吐、口臭・体臭、肌荒れ、痔など引き起こすことにもなります。特に、妊娠を機に便秘がひどくなり、痔になってしまう女性は少なくありません。痔の中でも最も厄介な痔ろう(あな痔)になってしまうと、最悪の場合、お尻が変形するほどの手術や人工肛門となってしまうことがあります。便秘は絶対に放置してはいけないのです。

 

快適な妊娠生活を送るためにも、排便コントロールで便秘を解消するようにしましょう!

 

 

妊娠すると便秘になりやすいって本当?

 

もともと、女性に多い症状である便秘。厚生労働省の2015年の国民生活基礎調査によると、便秘の自覚症状がある女性は1,000人中48.7人という結果が出ています。男性の場合だけをみると、1,000人中26人ですから、女性の方が圧倒的に便秘に悩む人が多いことがわかります。

 

さらに、女性の中でも妊娠期間中は、便秘の症状が悪化する傾向が強くあります。また、普段は便秘とは無縁の女性でも、妊娠してから便秘に悩まされたという声をよく聞きます。

 

まずはそんな妊婦さんの声に耳を傾けてみましょう。

 

32歳、妊娠初期 Sさん

排便コントロール,妊婦の便秘,解消法

初めての妊娠なのですが、つわりがひどくて、水すらも吐いてしまう時もあるほどです。辛くて、寝たり起きたりの状態なのですが、さらに困ったことに便通がしばらくありません。
気持ち悪すぎて覚えてないのですが、もう5日もお通じがないような気がします。次の検診でお医者さんに相談しようかと思っているところです。

 

29歳、妊娠中期 Rさん

排便コントロール,妊婦の便秘,解消法

2人目の妊娠です。前回と違って、今回はつわりも軽く、食欲も旺盛。それはいいことなのですが、食べているのに、全然出てくれないので困っています。普段から2日か3日に一回しか便通がない私ですが、妊娠中期の今は5日こないことも。最近お腹もだんだん大きくなってきたし、両方からの圧迫感も半端なくて、お腹が張って苦しいんです。でも、病院でもらった便秘薬もだんだん効かなくなってきている気がして、どうしたものかと悩んでいます。

 

34歳 妊娠後期 Hさん

排便コントロール,妊婦の便秘,解消法

初めての妊娠でとまどうことだらけの私ですが、妊娠してから便秘になってしまいました。はじめは妊娠と便秘が関係しているとは思わなかったので、検診の時にも先生には言わなかったんです。でも、マタニティヨガの妊婦友達とヨガの後のティータイムでのおしゃべりで、便秘の話になって。その時に妊婦は便秘になりやすいことや、妊婦の便秘対策みたいなことが話題になって、どうして自分が突然便秘になったのか、やっと納得しました。
普段は便秘と無縁だったので、どうしていいかもわからず一人で悩んでいたのですが、妊婦友達にいろいろアドバイスしてもらって便秘解消に励む毎日です。

 

妊娠初期、中期、後期で女性の体はだんだんと変化していきますが、いずれの期間の女性も普段以上に便秘に悩まされていることがわかります。便秘の原因には、様々な要因があり、妊婦に限らず、多くの人々が便秘に悩んでいます。ただ、妊娠時は、普段以上に、便秘を引き起こす原因がたくさんあるために、便秘に悩む女性が増えてしまうのだと考えられます。

 

では、なぜ、妊娠すると便秘になりやすいのでしょうか?その要因について探ってみましょう。

 

 

妊婦の便秘を引き起こす7つの原因

 

排便は、毎日あるのが正常な状態です。便秘というのは、それがいろんな原因によって、排便が毎日行われなくなり、必要以上に腸内に便が滞留している状態のこと。便秘になると、様々な不快感や苦痛が伴います。

 

便秘になる原因は様々ですが 、妊娠時の便秘の原因は、以下に紹介する7つのことが考えられます。

 

1. つわりによる食習慣の乱れ

食習慣と便秘は大きく関係しています。

 

妊娠中は、食事の内容、食事の量、規則正しい食事の時間、そのどれもが重要ですが、妊娠時には、それらが大きく乱れがちです。妊娠初期の不快症状でもっとも多いのは、つわりでしょう。妊娠すると女性の体は大きく変化し、今まで受け付けていた食事を受け付けなくなったり、食べ物の匂いだけでも気持ち悪くなったり、満足に食事を取れないという妊婦も多くいます。当然、食事の量も減りますし、食事の回数自体が減ってしまう人もいます。このように、つわりにより食事量が激減すると、腸内の便の量も少なくなり、腸が正常に働かなくなります。

 

また、つわりの間は、食べられるものが限られてしまうという女性も多くいます。ご飯の炊ける匂いがだめになったり、カレーの匂いがだめになったり、妊娠すると匂いに過敏になって、そのために食事の内容が偏りがちになります。長時間台所に立っていられないくらい、つわりがひどかったり、調理中の匂いで吐き気を催す女性もいますので、レトルト食品や、冷凍食品に頼りがちになるパターンも見られます。

 

このようなバランスの崩れた食事は、体に様々な影響を及ぼしますし、腸内活動に必要な食物繊維が十分に摂取できていない妊婦も大勢います。しかし、食物繊維が不足すると、腸内の活動を十分に活性化することができません。つわりによる食事の量の激減と、食物繊維不足、これらは妊婦が便秘を引き起こす大きな原因となっています。

もっと詳しく読む…

 

2. 運動不足になりがち

当然のことながら、激しい運動は、妊娠している女性にはNGです。重いものを持つのも、飛んだり跳ねたりも禁物です。

 

それ以前に妊娠初期は、体もだるく、つわりもあるので、運動どころではない人も多いようです。強い眠気を感じて、つい横になりがちという人もいます。また、出血が見られたり、流産の心配のある場合は、医師から安静にするように言われることもあります。中期以降は、つわりも落ち着いてきますが、お腹が急激に大きくなってきますので、だんだん動きにくくなりますし、できる運動も限られてきます。腹筋を使う運動はまずできません。そのために妊娠すると、どうしても運動不足になりがちです。

 

このように、長期にわたり運動不足になると、筋力が低下してしまい、腸の蠕動運動が鈍くなり、便通がスムーズに行われなくなってしまいます。妊娠中は、様々な制限がかかり、運動しにくい状況になるのは仕方ないことですが、適度な運動は、安産のためにもよいことですので、無理のない範囲での運動はしていきたいものです。

もっと詳しく読む…

 

3. 腸が子宮に圧迫される

妊娠中期の安定期は、つわりもおさまり、食欲が戻る女性も多いのですが、徐々にお腹が大きくなり始める時期でもあります。

 

赤ちゃんがどんどん成長するにつれ、子宮も大きくなっていきます。そして、大きくなった子宮は、他の臓器を圧迫するようになります。腸は子宮に下から強く押され、腸が動きづらい状態になります。圧迫された腸管の一部は、部分的に細くなることもあり、便が通過しにくい状況が起こり、そのために腸内に便が停滞しがちになります。

 

また、子宮による圧迫は、妊娠期間中ずっと継続します。このように長い期間にわたり腸が圧迫され続けると、腸が外からの刺激に対して、だんだんと鈍感になっていきます。鈍感になった腸は、機能が低下し、それが便秘を引き起こす原因になっています。

もっと詳しく読む…

 

4. 体内の水分の不足

理想的な便というのは、約80%が水分であると言われます。しかし、なんらかの理由で、摂取する水分が不足すると、便に含まれるべき水分は不足してしまいます。水分が不足した便は、硬くなり、ひどい時には、カチカチでコロコロしたうさぎの糞のような状態になりかねません。

 

そして、便が硬くなると、腸内をスムーズに移動するのにも支障をきたしますし、排便時にも痛みを感じるようになるのです。また、腸内活動に欠かせない食物繊維が十分に機能するためにも、十分な水分が必要です。水分が体内に不足した状態では、せっかく食物繊維を取っても、それが十分に働かないという状況が生まれます。

 

しかし、妊娠中には様々な理由で、体内の水分が不足しがちになります。妊娠初期の場合、つわりが原因で水分不足になるパターンが多く見られます。つわりがひどいと1日に何回も嘔吐することもあります。また、中期から後期にかけては、子宮の中の赤ちゃんが成長のために多くの水分を必要とするために、お母さんが摂取した水分の多くは赤ちゃんに運ばれてしまいます。そのため、知らず知らずのうちに母体の水分が不足するという状況が起こってしまいます。ですので、妊娠中は意識して十分な水分を補給することが大切になってきます。

もっと詳しく読む…

 

5. 途切れがちな浅い睡眠

睡眠と便秘がどうして関係があるの? と思われる方もいるかもしれませんが、両者は大いに関係しています。

 

胃腸の活動が活発になるのは、副交感神経が活発になる私たちが寝ている間です。副交感神経が優位になることで、消化吸収活動を活発にするホルモンが分泌され、そのおかげで腸が正常に機能することができるのです。しかし、睡眠不足が続くと、副交感神経の機能が低下し、それが腸の活動に影響し、便秘を引き起こす原因になってしまいます。

 

妊娠初期は、ホルモンのバランスが変わり、体も大きく変化します。それらの影響で、体がだるくて眠いにもかかわらず、睡眠が浅くなったり、なかなか寝付けない人もいるようです。また後期になるに従い、大きくなった子宮の圧迫による頻尿で夜中に何度もトイレに行くことも増えてきます。出産が近づくと、出産に伴う育児のことが心配で不安からなかなか寝付けなかったり、妊婦に多いこむらがえりの痛みで夜中に目が覚めたりということもあるでしょう。

 

このように妊娠期間中の女性は、普段以上に睡眠不足に陥る要素をたくさん抱えており、睡眠不足から便秘を引き起こすこともあるのです。

もっと詳しく読む…

 

6. 妊娠からくる様々なストレス

ストレスも便秘とは密接な関係があります。胃腸の働きが活発になるためには、副交感神経が優位であることが必要ということは先に述べました。

 

副交感神経とは、自律神経を構成しているもので、交感神経とともに、交互に働くことで、体全体の機能をコントロールしています。腸の活動を活性化させるのは、副交感神経の役目になります。しかし、人は、強いストレスを感じると、自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまいます。それが腸の活動にも影響を与え、便秘を誘発することになります。ですので、上手にストレスを解消し、自律神経が常に正常に働くように心がけることが必要なのですが、妊娠中の女性は様々なストレス要因に囲まれています。

 

マタニティブルーという言葉があるように、妊婦の精神状態は不安定になりがちです。マタニティブルーになる原因は様々ですが、一番はホルモンバランスの変化が大きく影響しているようです。妊娠すると、女性ホルモンと呼ばれるホルモンの分泌が盛んになり、体に様々な変化が起きます。それが精神にも影響し、気分の落ち込みやイライラなどの症状が起こります。気持ちが不安定ですから、当然、自律神経にも大きな影響を及ぼします。またホルモン分泌のバランスが変わること自体も自律神経を乱れさせる要因になっています。さらに、妊娠中期から後期へかけては体が思うように動かなくなることへのストレスや、出産や育児に対する不安など、妊婦の周りには常にストレスが絶えない状況にあるのです。

もっと詳しく読む…

 

7. 腸内環境の乱れ

上記で1番から6番まで妊婦が便秘になりやすい様々な原因を見てきました。でも、それらの原因の根本にあるのは、腸内環境の乱れです。

 

私たちの腸内には、様々な細菌がすんでおり、それが腸内フローラを構成しています。私たちが腸の活動を行う際には、それら細菌の助けを借りています。そして、健康な人の腸内フローラは、腸の活動を助ける善玉菌が優勢になっている状態です。

 

しかし、腸内環境が悪化すると、腸内フローラのバランスが崩れ、悪玉菌が優先になってしまいます。そうすると、腸が正常に機能することができず、便秘を引き起こしてしまうのです。腸内環境が乱れるのは様々な原因があります。妊婦の場合は、ホルモンのバランスの変化、つわりによる偏食や食欲不信、睡眠不足、ストレスなど腸内環境を乱してしまう要因がたくさんあります。ですから、日頃から腸内環境を整え、便秘になりにくい体質づくりが大切になってくるのです。

もっと詳しく読む…

 

 

妊娠時期によってなりやすい便秘の種類も変化する

妊娠している女性の体は、妊娠初期から中期、後期と変化しています。ですので、妊娠時期によって、便秘を誘発する要因や、なりやすい便秘の種類も変わってきます。
そこで、妊娠時期によって違う、便秘を引き起こしやすい妊婦の体の症状や、なりやすい便秘の種類について見てみましょう。

 

つわりと精神が不安定な妊娠初期

妊娠すると分泌されるホルモンが急激に変化するため、妊娠初期は妊婦にとって、もっとも辛い時期かもしれません。つわりやマタニティブルーになる人が多いのもこの時期です。

 

初期には、つわりにより食欲が減退し、中には嘔吐を繰り返す人もいて、食事の量が極端に減ることがあります。また、嘔吐は、体の水分を排出してしまうため、水分不足にもなりがちです。さらに、ホルモンの変化は、自律神経にも影響を及ぼします。そのため、この時期は、腸の蠕動運動が低下するために起こる「弛緩性便秘」や、ストレスが主な原因の「痙攣性便秘」になりやすいと言えます。

 

もっとも安定している中期でも便秘の可能性大

つわりも落ち着き、まだお腹の大きさもそれほどではない妊娠中期は、妊婦にとって、一番穏やかな期間です。

 

とはいえ、腹筋を使うような運動は禁物。徐々にお腹が大きくなってきますし、運動不足が加速しがちです。また、子宮の中では、赤ちゃんがどんどん大きくなっており、栄養や水分の多くが赤ちゃんに送り込まれ始めるために、ママ自身が栄養不足、水分不足になりがちです。腹筋の衰えが徐々に見え始めるこの時期、「弛緩性便秘」には注意が必要です。

 

大きな子宮が臓器を圧迫する妊娠後期

妊娠の後期になると、かなりお腹は大きくなり、子宮が他の臓器を圧迫するようになってきます。膀胱は圧迫され頻尿になりやすいのですが、その逆に、腸は、圧迫されることで便秘になりやすくなります。圧迫された腸は腸管が細くなり便が通過しにくくなります。

 

さらに、常に圧迫の刺激を受け続けることで、刺激に鈍感になり、便意を感じにくくなる「直腸性便秘」を起こしやすいのがこの時期です。また、後期は、血行が悪くなりやすく、それも便秘を引き起こす原因となっています。

 

 

まとめ

妊娠すると、女性の体は大きく変化します。それらの要因が複雑に絡み合って、妊娠する前よりもさらに、便秘になりやすくなっています。大きな原因と考えられるのは、つわりによる食習慣の乱れ、運動不足、子宮による腸の圧迫、水分不足、睡眠不足、ストレス、腸内環境の乱れの7点です。

 

普段でも辛い便秘ですから、妊婦にとってはなおさらです。また、便秘を放って置くと自分自身の健康のためにも、赤ちゃんの健康のためにもなりません。とはいえ、妊娠を継続するためには、つわりや子宮による腸の圧迫など、自力では改善しようのない原因も多いのです。そのため、妊婦の便秘は、慢性化しやすく、出産後も便秘に悩まされる人も少なくありません。

 

ですから、妊婦が便秘の解消、予防を考える場合は、日頃から腸内環境を整えることが必要になってくるのです。そして、排便コントロールができるようになると、辛い便秘が解消されるようになるのです。

 

妊婦の便秘解消には、排便コントロールがおすすめ。その方法はこちらから


排便コントロール,妊婦の便秘,解消法