妊婦の便秘の種類 痙攣性便秘

腸が痙攣して、便秘と下痢を繰り返す痙攣性便秘

 

妊娠中の女性の便秘には、様々な種類がありますが、便秘と下痢を繰り返す症状が見られるなら、痙攣性便秘が疑われます。

 

以前は男性に多いと言われていましたが、最近は女性でも痙攣性便秘になる人が増えてきているようです。

 

そこで今回は、痙攣性便秘についてその原因や解消法をみていきたいと思います。

 

 

妊婦の便秘の種類 痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)

 

便秘には、様々な種類があります。大きくは、器質性便秘と機能性便秘の二つに分けられます。器質性便秘とは、別の疾患が腸に影響を与えることで起こる便秘です。機能性便秘とは、主に生活習慣の乱れが原因で腸の機能が低下して起こる便秘です。

 

さらに、機能性便秘には、一過性便秘と習慣性便秘の二つがあります。一過性便秘はその名の通り、突然の環境の変化などが原因でおこる一時的な便秘です。それに対し、習慣性便秘は、長期にわたる生活習慣の乱れが主な原因でおこる慢性化した便秘です。

 

習慣性便秘は、弛緩性便秘痙攣性便秘直腸性便秘の3種類に分けられます。今回は、習慣性便秘の一つである痙攣性便秘について詳しく見ていきます。

 

痙攣性便秘とは

痙攣性便秘とは、腸の蠕動運動が正常に機能せず、腸が痙攣状態になることでひきおこされる便秘のことです。

 

腸内の便は、通常、蠕動運動によって、肛門へと運ばれていきます。しかし、腸が痙攣した状態では、便がうまく腸内を移動することができずに、腸内に停滞してしまいます。腸内に長時間停滞した便は水分が吸収されすぎて、どんどん硬くなり、さらに、スムーズな移動ができなくなり、便秘をひきおこしてしまうのです。

 

また、痙攣性便秘の場合、腸は、痙攣状態と激しい蠕動運動を繰り返す傾向にあります。蠕動運動が活発になりすぎると、十分に水分や栄養分が吸収されないまま、便が送られてしまい、下痢になってしまいます。

 

このような腸の異常な蠕動運動にとって、便秘と下痢を繰り返すのが痙攣性便秘の特徴です。

 

 

痙攣性便秘の症状

痙攣性便秘の症状は、以下のようなものが特徴的です。

 

便秘と下痢を繰り返す

便秘と下痢を繰り返す症状は、他の習慣性便秘には見られない、痙攣性便秘の大きな特徴です。
ほとんどの便秘の場合は、腸の活動が弱くなるのですが、痙攣性便秘に限っては、腸の活動が過剰になることが原因だからです。

 

下腹部の激しい痛み

腸が過剰に動いたり、痙攣するために、激しい腹痛を感じます。特に、胃腸の働きが活発になる食後に、下腹部の痛みを感じることが多いようです。

 

食後、しばらくしてから腹痛が始まり、トイレに行きたくなるのですが、便意があってもなかなか排便できないのが痙攣性便秘の特徴です。ただ、排便してしまえば、一時的に腹痛は収まります。

 

コロコロした便や細い便

腸が痙攣をおこすと、その一部が細くなってしまうため、痙攣性便秘の便は、うさぎの糞のようなコロコロした便や、細い便になりがちです。
また、排便後も残便感が残る人が多いようです。

 

 

妊婦が痙攣性便秘になる原因

 

痙攣性便秘は、別名ストレス性便秘とも呼ばれています。
ストレスは万病の元とも言われますが、痙攣性便秘も一番大きな原因はストレスと考えられているのです。

 

仕事と妊娠の両立で、ちょっとストレス溜まっているかも

妊婦の便秘,痙攣性便秘,ストレス,下痢,排便コントロール

31歳  Yさん
ウェブサイトの編集をしていますが、新しいサイトの編集長を任された途端に妊娠発覚。子供はもちろん、欲しかったし、妊娠は嬉しいのだけれど、まさかの、このタイミングの妊娠。仕事は出産後も、もちろん続けていきたいので、出産のぎりぎりまで仕事は続けるつもりです。とはいうものの、妊娠中の仕事って、思っていた以上に大変。つわりはひどくなかった方だと思うのですが、それでも、ちょっと気持ち悪くなったりする日もありましたしね。

 

中期以降、つわりはほとんどないですが、お腹がどんどん大きくなると腰痛が出たり、疲れやすかったり、やっぱり妊娠前とは違います。でも、妊娠しているから、仕事の手を抜いているとは言われたくないし、締め切りは絶対に守ってやるって、なんだかこっちも意地になっちゃって。旦那は、そこまで無理しなくてもいいんじゃない? なんて気軽に言いますが、せっかく編集長になったのに、このチャンスを逃したくないってやっぱり思っちゃうんですよね。

 

そんなわけで、知らず知らずのうちに無理していることもあって、自分でも思った以上にストレスが溜まっているみたいです。最近、うさぎのようなコロコロうんちしか出てこなくなってしまって。と思ったら、次の日は下痢だったり。食後は腹痛に悩まされます。

 

義理のお母さんの訪問が苦痛な毎日…

妊婦の便秘,痙攣性便秘,ストレス,下痢,排便コントロール

26歳 Hさん
結婚して、すぐの妊娠。二人とも、子供が早くほしいねって話していたので、とても嬉しかったのですが、においつわりがひどすぎて、つわりのピークの妊娠3ヶ月の頃は、スーパーのにおいも気持ち悪く、買い物もできないし、料理なんてとんでもない、冷蔵庫すら近づきたくないという状況になったんです。その時、近所に住んでいる彼のお義母さんが、毎日のように、おかずをもってきてくれていました。それはありがたかったのですが、お義母さん自身はつわりがほとんどなかったようで、つわりで料理ができないなんて甘えているみたいな嫌味を言っていくんです。

 

いや、本人はそのつもりはないのかもしれませんが、でも、私には、嫌味としか感じません。そうでなくても、ナーバスになっているのに、お義母さんが来るのが、本当は苦痛でした。

 

もともと便秘気味でしたが、激しい腹痛をともなう便秘を体験したのは、この時が初めてです。しかも、その数日後には下痢になってしまうんです。何か悪いもの食べたかな、なんて思っていたら、いつの間にか、また便秘。お腹は痛いし、大変でした。今思うと、お義母さんの発言が、ナーバスになっていた私には、とってもストレスだったんでしょうね。

 

 

痙攣性便秘をひきおこす要因

体験者の声から、ストレスは、痙攣性便秘をひきおこす大きな原因になっていることがわかります。痙攣性便秘が働く男性に多かったのは、働く男性が社会で強いストレス下に置かれているからでした。

 

でも、女性が働くのが普通になった今、以前よりも多くの女性が、ストレスから痙攣性便秘になるようになりました。妊娠中でも、仕事を続ける女性も増えていますから、ストレスコントロールは、便秘を防ぎ、健康を維持する上ではとても重要になってきています。

 

それに、妊娠中は、なにかとナーバスになりがちです。家族や身近な人の、何気ない発言がストレスになることもあります。

 

また、ストレス以外にも、痙攣性便秘の原因は、以下のようなものが考えられます。

 

痙攣性便秘の原因

  • 過剰なストレス
  • 睡眠不足
  • 運動不足

 

では、なぜ、これらは、異常な腸の蠕動運動を誘発するのでしょうか?

 

痙攣性便秘の原因を突き詰めていくと、自律神経の乱れがその根本にあります。過剰なストレスも、睡眠不足も、運動不足も、すべて、自律神経の乱れを誘発するものです。

 

 

自律神経と腸の蠕動運動の関係

 

では、自律神経の乱れが、腸の蠕動運動とどう関係しているのか、ここで詳しくみてみましょう。

 

私たちは、自分自身の意志で腸の蠕動運動をコントロールすることはできません。それをコントロールするのは、自律神経の役目です。自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立っています。このふたつが交互に働くことで、体の様々な機能を調節しています。

 

交感神経が優位の時

交感神経が優位になっている時は、体は活動モードになっています。運動している時などは、当然、交感神経が優位になっています。それ以外でも、仕事や、家事、勉強している時なども、交感神経が優位です。

 

そして、ストレスを感じている時も、実は、交感神経が優位になります。交感神経が優位の時の体の状態を見てみると、筋肉は緊張し、素早い対応ができる態勢になっています。

 

この時、腸はどういう状態でしょうか? 交感神経が優位の時は、食欲や腸の動きは抑えられている状態になります。

 

副交感神経が優位の時

副交感神経が優位になっている時は、体は休息モードに入っています。一番わかりやすいのは、夜眠っている時です。それ以外でも、マッサージを受けている時や、入浴中、食事中など、ゆったりとリラックスしている時は、副交感神経が優位になっています。

 

この時、体はどういう状態かというと、筋肉が緩んだ状態になっています。疲労回復がすすみ、新陳代謝が活発になります。体は休息モードですが、胃腸の活動は、この副交感神経が優位の時に活発になります。食欲がわき、胃腸がよく動いている状態です。

 

自律神経が乱れると、腸の活動にも悪影響が

上記に説明した、交感神経と副交感神経がバランスよく切り替わることで、腸の機能はコントロールされています。

 

しかし、ストレスや睡眠不足などの原因で自律神経のバランスが乱れると、交感神経と副交感神経がうまく切り替わらなくなります。そのために、腸の蠕動運動は正常に機能せず、過剰になったり、痙攣を起こしたりすなどの症状が現れてしまうのです。

 

 

妊婦が痙攣性便秘になる原因

自律神経が乱れることで、腸の蠕動運動は異常を起こします。では、妊娠中の女性の自律神経が乱れる原因とはどんなものがあるのでしょうか?

 

ストレス

ストレスは自律神経を乱れさせる大きな要因です。
そして、妊娠中の女性には、身体的、精神的ストレスがたくさんあります。

 

妊娠初期には、つわりもあります。
妊娠週数が増えるに従って、お腹が大きくなるので、思ったように動けないし、腰痛や、後期つわり、足のむくみなどの問題もおきてきます。
精神的にも、不安定になりやすかったり、プレッシャーを感じたりということがあるでしょう。
働く妊婦さんなら、職場でのストレスは、妊娠前以上に感じる人もいるでしょう。

 

ホルモンバンランスの変化

妊娠すると、妊娠を維持するために、女性ホルモンの分泌が活発になります。そのホルモンの分泌バランスの変化が、自律神経に影響を及ぼし、自律神経が乱れることがあります。
マタニティーブルーになるのも、このホルモンバランスの変化が影響しているという説もあります。

 

睡眠不足

妊娠中は十分な休息が必要ですが、様々な理由から、妊娠中の女性は睡眠不足になりがちです。
後期になると、大きくなった子宮が内臓を圧迫し、気持ち悪くなったり、頻尿になったりすることで、夜中に何度も目がさめるという人もいます。

 

運動不足

適度な運動は、体をほぐし、同時に気持ちもすっきりとさせてくれるものです。ストレス解消にはとても効果的なのですが、妊娠すると、どうしても運動不足になりがちです。
時には、医師から安静を指示されて、ほとんどを寝て過ごす妊婦さんもいます。
運動不足は、体力低下だけでなく、気持ちの落ち込みにもつながりやすく、そのために、自律神経の乱れを悪化させる可能性があります。

 

 

先輩ママからのアドバイス!痙攣性便秘の解消方法

妊娠中の女性は、様々な理由から、自律神経が乱れやすくなり、それが原因で痙攣性便秘になりやすいのです。妊娠を維持するためには、仕方ないこともあり、すべての原因を解消することは難しいのですが、せめて、ストレスを軽減する努力はしていきたいもの。

 

そこで、先輩ママからのアドバイスをご紹介したいと思います。

 

完璧主義をやめよう  33歳 Cさん

妊婦の便秘,痙攣性便秘,ストレス,下痢,排便コントロール

完璧主義な人ほど、妊娠中に精神的ストレスを大きく感じます。
実は、私がそうでした(笑)。
旦那の弁当も手を抜かずに作り、掃除や、洗濯も完璧に。健康のことを考えて、できるだけ無農薬野菜を使い、レトルト食品は一切なし。
でもね、妊娠中で、どうしたって、完璧になんてできるわけないんです。つわりの間は、スーパーの匂いも気持ち悪かったし。お腹が大きくなると、動きも制限されちゃうし。
それを無理してやろうとするから、精神的にまいっちゃうわけで。便秘になるわ、下痢になるわ、体までまいっちゃいました。
妊娠中はできることをできるだけやる、そのくらいの気持ちでいいんだと思うんですよ。
そして、宅配野菜を使うことで、無理せずに心地良い生活を送ることができました。

 

人に任せることを覚えよう  28歳 Sさん

妊婦の便秘,痙攣性便秘,ストレス,下痢,排便コントロール

私は、アパレルの商品部でチームで仕事していたんですが、ついつい仕事を抱え込むくせがあって。
もっと、後輩に任せていいよって、上司に言われてもなかなかできなくて。でも、妊娠後は、そんなこともいってられませんよね。
どんどん、抱え込む仕事が増え、それに従って、腸も便をかかえこんじゃったみたいです。今まで経験したことない感じの便秘でした。激しい腹痛を会議中必死でこらえたことも。
でも、そのおかげで仕事のやり方を変えることができました。
任せてもいいことは、人に任せる。できないことはお願いすることを覚えました。

 

共感できる友達とのおしゃべり 25歳 Kさん

妊婦の便秘,痙攣性便秘,ストレス,下痢,排便コントロール

初めての妊娠の時は、実家も遠かったので、いろいろと不安でした。けっこうくよくよ悩むタイプなんですが、まわりの友達は、妊娠どころか結婚してなくて、私の悩みをわかってくれる人がいなくて。今思えば、ちょっとマタニティブルーも入っていたのかもしれませんね。

 

便秘になったり、下痢になったりもくりかえしていました。でも、産婦人科ですすめられて、病院がやっているマタニティヨガクラスに通い始めてから、変わったんです。体がすっきりしたのもあるんですが、同じ妊娠中の女性とヨガの後のお茶をするのがとても楽しみで。不安なのは自分だけじゃないんだなあと安心したり、出産経験のある方には、いろいろアドバイスもらったり。

 

共感できる友達とのおしゃべりタイムがストレス解消には何よりだと思います。

 

食物繊維の取りすぎに要注意

よく便秘の解消には食物繊維の摂取がすすめられます。なぜなら、食物繊維には、腸の蠕動運動を活性化する働きがあるからです。

 

でも、腸の蠕動運動が異常を起こしている痙攣性便秘の人が、食物繊維を取りすぎると、腸を刺激しすぎて、かえって便秘を悪化させることにもなりかねません。また、便秘薬にも、腸の蠕動運動を活性化させることで便秘を解消するものがあります。このような薬は、痙攣性便秘には、向きません。また、妊娠中は、胎児への影響も考えて、自己判断で便秘薬を飲むことは、おすすめできません。

 

 

まとめ

ストレス性便秘とも言われる痙攣性便秘は、自律神経の乱れにより、腸の蠕動運動が異常をおこすことが原因の便秘です。 妊娠中の女性は、様々なストレスや、ホルモンの変化、睡眠不足、運動不足などで、自律神経が乱れやすくなっています。

 

痙攣性便秘の解消には、自律神経の乱れを整えて、正常に機能するようにしなければなりません。ただ、妊娠中の女性は、妊娠を維持することが最優先であり、自律神経を乱す原因を完全に排除することは不可能です。

 

ですから、普段から、腸内環境を整えていくことが重要になってくるのです。

 

妊婦の便秘解消には、排便コントロールがおすすめ。その方法はこちらから


妊婦の便秘,痙攣性便秘,ストレス,下痢,排便コントロール



「排便コントロールで快適妊娠生活。妊婦の便秘解消法」TOPに戻る