妊婦の便秘 イライラや不安

妊婦のイライラや不安は、便秘が影響している可能性も!?

 

妊娠中のマイナートラブルのひとつに便秘があります。

 

ホルモンバランスの変化や、自律神経の乱れ、ストレスは便秘を引き起こす原因になるものですが、便秘が原因で、さらに、ストレスがかかり、情緒不安定を誘発することもあります。便秘と心の問題、両者は互いに影響しあっているようです。

 

そこで、ここでは、便秘が原因の妊婦のイライラや不安について詳しくみていくことにしましょう。

 

 

妊娠中のイライラや不安は誰でも体験している

 

妊娠中に、イライラしたり、不安になったり、情緒が安定しないといった経験は、誰にでもあるものです。というのも、妊娠中は、情緒が不安定になる要因がたくさんあるからです。

 

例えば…、

 

妊婦の便秘,イライラや不安,ストレス,排便コントロール

つわり中は、毎日、気持ち悪くてぐったりしてました。ほとんど何も食べられない時期もあったんです。夫は悪気はなかったんでしょうが、「もうちょっと食べたら?」の一言に、イラっ! つわりの何がわかるのよ?と堰を切ったようにわめきちらしてしまいました。妊娠初期に出血があって、産婦人科の先生から、「しばらく安静にしていてね」と言われたことがあったんです。その時は、もう不安で、不安で、くよくよ、めそめそしていました。

 

臨月に入って、いよいよ出産が間近にせまった時期、なんだかいろんなことがすごくプレッシャーに感じてしまって、不安で眠れない日が続いたことがありました。昼間も一人でじっとしていると、急に不安になった、思わず泣いてしまったことも…。妊娠後半は、お腹もどんどん大きくなって、赤ちゃんが順調に大きくなっているんだなあと嬉しい反面、思うように動けないことにイライラすることも増えていました。けど、ちゃんと家事しなきゃって、かなり無理してたと思います。だから、ちょっとしたことでヒステリックなったりして。だんなについ、やつあたりしちゃったこと、反省です。(26歳Mさん)

 

こんな風に、妊娠中は多くの女性がイライラしたり、不安になったり、情緒が安定しないものです。

 

 

妊婦のイライラや不安の原因は?

 

では、妊娠中の女性が情緒不安定に陥るのは、なぜでしょうか?
妊娠中の女性の情緒不安定の原因としては、下記のように、いろいろなものが考えられます。

 

ホルモンバランスの変化

妊娠すると女性ホルモンの分泌が活発になります。特に最初の大きな変化を体験する妊娠初期や、分泌量が急激に増える妊娠後期はホルモンバランスの変化の影響で、情緒不安定になる女性が多く見られます。

 

妊娠による体調不良

妊娠初期には、つわりによる吐き気や嘔吐で苦しむ女性も多くいます。また、後半は、大きくなったお腹の圧迫で胃がむかついたり、頻尿や、腰痛など様々な体調不良がおこりがちです。このような体調不良の時は、どうしても、気持ちがイライラしたり、ネガティブになりがちなものです。

 

精神的なプレッシャー

元気な子を産まなくてはというプレッシャー、出産によって生活が変化することへの不安、妊娠中も家事は完璧にしなくてはという無理など、様々な精神的プレッシャーのために、情緒不安定になりがちです。

 

 

上記が妊婦のイライラや不安の大きな原因としてよくあげられるものです。もちろん、これらも情緒不安定をひきおこす大きな要因となっていますが、これ以外にも、もう一つ、見落としてはいけない原因があります。

 

それは便秘です。

 

 

便秘は妊婦のイライラや不安を煽る?

 

便秘は腹痛や、嘔吐、痔、肌荒れ、様々な悪影響を体に及ぼします。しかし、それだけではなく、精神的に大きな影響を与えてしまう場合があります。腸の健康と、心の健康は、お互いが深くかかわり影響しあっています。そのための、便秘が続くと、精神的に不安定になりやすく、イライラすることが増えたり、いろんなことが不安でたまらなくなったり、集中できなくなったりするのです。

 

ストレスを感じやすくなり、不安感や、不眠、無気力に悩まされる女性も多くいます。出るべきものが出ないことは、それ自体がストレスです。そのストレスゆえにさらに便秘を悪化させてしまうという悪循環に陥るケースもあります。

 

先にみてわかる通り、妊娠中の女性は、ホルモンバランスの変化や、妊娠による体調不良、精神的プレッシャーにより、妊娠する以前に比べて、情緒が不安定になりやすい状況下におかれています。その上さらに、便秘の慢性化が重なると、イライラや不安はさらに助長されてしまいます。このような状況を放置しておくと、様々な精神的な疾患を引き起こすきっかけにもなりかねません。イライラや不安感が長引く妊婦さんの場合、便秘が慢性化しているケースも多いので、注意が必要です。

 

 

便秘が精神に影響を及ぼす理由

 

では、なぜ、便秘が精神面にまで、これほどの影響を及ぼすのでしょうか?それは、腸と脳が、自律神経やホルモンを通して、深く作用しあっているからです。脳がストレスを感じると、自律神経やホルモンを通して、ストレスの刺激が腸にも伝えらえることになります。それが、便意をおこしたり、お腹の痛みとなったりするのです。

 

一方、腸が細菌に感染するなどして、腸内環境が乱れた場合、脳にそのストレスが伝わります。また、空腹時には、腸からホルモンが放出されることで、脳が食欲を感じることもわかっています。このように、腸と脳はお互いに影響しあっているのです。

 

そのため、便秘によって腸にストレスがかかると、脳はそれを不快な体験として感知し、そのために脳もストレスを感じます。さらに、脳がストレス下におかれると、自律神経のバランスが崩れやすくなります。そのようにして、自律神経が乱れると、胃腸の働きが低下し、便秘がますます悪化するという悪循環が生まれるのです。

 

交感神経が過剰になると、イライラしやすくなる

腸の働きをコントロールしているのは、自律神経です。自律神経は、交感神経と副交感神経が交互に働くことで体全体の機能を正常にコントロールしています。腸もまた、交感神経と副交感神経が交互に優位になることで、正常に機能します。

 

しかし、便秘の状態の腸内では、悪玉菌が優勢になり、自律神経のバランスを乱してしまいます。そのために交感神経が過剰に活発になるという状況がうまれることがあります。交感神経は、活動的で緊張している状態を生み出しますが、過剰になりすぎた場合は、イライラや落ち着きのない精神状態をひきおこします。ちょっとしたことでイライラしたり、物事に集中できなかったり、寝つきが悪くなったりするのは、そのせいです。

 

このようなイライラは、周りの人に対する八つ当たりやヒステリーとなって爆発することがあります。そうなると、そんな自分に腹がたち、ますますイライラした状態に陥ることになります。そのイライラは、腸に伝わり、さらに便秘を悪化させるという悪循環に陥りやすくなります。

 

自律神経の乱れが慢性化する危険性も

便秘が慢性化すると、自律神経の乱れも慢性化するリスクが高まります。なんとなく、不安な気持ちになったり、気分が落ち込みがちになってしまうのは、便秘による自律神経の乱れが原因かもしれません。憂鬱、倦怠感、疎外感、不安感、無気力、焦燥感、くよくよなど、便秘による不調は、精神面にもこのような影響を及ぼす可能性があるのです。

 

一時的な情緒不安定でも、大変ですが、自律神経が慢性的に乱れるようになると、自律神経失調症を引き起こしかねません。そうなると、治療も長引くことになりますので、そうなる前に、便秘を解消し、自律神経を整えていきましょう。

 

自律神経失調症とは?

妊娠することがきっかけで、自律神経失調症を発症するケースもよく見られます。ただ、妊娠中は、つわりや、ホルモンバンランスの変化により、様々な体調不良がおこるために、自律神経失調症に気づきにくいようです。自律神経失調症とは、バランスよく交互に切り替わるはずの交感神経と副交感神経がうまく切り替わらなくなり、バランスが崩れているために、体の機能に様々な障害が引き起こされる病気です。

 

自律神経失調症の原因は、特定するのが困難ですが、ストレスや、疲労、体質や性格、生活習慣の乱れなどが、複合的に影響していると思われています。症状は人それぞれですが、急なほてりや冷え、夜中に興奮して眠れない、下半身のしびれ、手のしびれ、動悸、息切れ、食欲不振、便秘、下痢、めまい、吐き気、ドライアイ、涙目など、様々な症状が見られます。

 

妊娠中でも飲める薬もありますので、疑わしいなと思ったら、かかりつけの婦人科で相談してみてください。放置しておくと、出産後も症状が続き、症状が悪化する可能性もあります。早めの処置が必要です。

 

 

妊婦の便秘が原因のイライラや不安にはどう対処する?

 

便秘が妊婦のメンタル面に強い影響を及ぼし、精神的な問題がさらに便秘を悪化させていることは理解いただけたかと思います。では、便秘が原因で引き起こされる妊婦のイライラや不安にはどう対処していけばよいでしょうか? まず、何よりも大切なのは、便秘がストレスや不安を増幅させ、それがさらに便秘を悪化させ、そのことによりさらに情緒が不安定になるという悪循環のループを断ち切ることが大切です。

 

そのためには、根本的な原因となっている便秘の解消に取り組む必要があります。便秘を放置したまま、ストレス解消に励んでも、根本的な原因である便秘が解消されていなければ、イライラや不安感はおさまりません。

 

ただ、便秘といっても、その原因や種類も様々で、便秘の解消には、便秘の原因を探る必要があります。妊婦の便秘の原因としては、下記のようなものが考えられますので、まずはご自身がどれに当てはまるのか確認してみましょう。

 

 

上記で当てはまるものがあれば、その改善が必要です。

 

また、便秘の改善と同時に、ストレス解消にも取り組む必要があります。
イライラや不安は便秘の原因になりえるからです。

 

妊婦のストレス解消法

 

時には手抜きを

几帳面で責任感が強い人ほど、無理しがちです。でも妊娠中は家事を完璧にこなすのは難しいものです。無理をして病気になったのでは、意味がありません。少しくらいの手抜きも、時には必要です。

 

だれかに相談しましょう

抱え込まないで、だれかに相談するのは大切なこと。ご主人が相談相手になってくれれば理想的ですが、妊娠中の女性の気持ちは男性にはなかなか理解しにくいかもしれません。同じく妊娠中の友人や、出産体験者の友人など、気軽に相談できる友人が身近にいると心強いものです。また、出産へや育児への不安は誰もがもっているものです。悩んでいるのは、自分だけじゃないとわかるだけでも、気分が軽くなるものです。

 

適度な運動

散歩やマタニティヨガなど適度な運動は気持ちをリフレッシュしてくれるとともに、体調を整えるのにも役立ちます。家に閉じこもっているよりも、適度に外の空気を吸うのは気分転換にもなるものです。妊娠中期に入ったら、医師の許可を得て、ご自分にあった、運動を取り入れたいものです。

 

自分の時間を持つ

好きな音楽を聴いたり、読みたかった本を読む、見たかった映画を見るなど、自分の好きなことを楽しむ時間を持ちましょう。手芸やパズル、絵を描くなど自分の趣味のための時間をとるのもいいでしょう。妊婦がリラックスすることは、自分自身の体調を整えることにもなりますし、胎教の一環にもなります。

 

 

大事なのは、妊娠中の女性が、穏やかにリラックスしてマタニティライフを楽しめることです。便秘とストレスを解消し、健やかなマタイティライフを送ることは、妊婦自身にとっても、お腹の赤ちゃんにとっても大切なことではないでしょうか?

 

 

まとめ

妊娠中の女性は、便秘になりやすいものですが、便秘が妊婦の情緒を不安定している原因になることもあります。

 

便秘になると、腸内環境は悪化し、その結果、自律神経が乱れます。その自律神経の乱れは、不安感、イライラ、落ち込み、無気力など、情緒不安定を引き起こす原因となります。また、情緒不安定によるストレスがさらに便秘を悪化させるという悪循環に陥るケースもよく見受けられます。

 

これらの根本的な解決には、便秘を解消しながら、同時にストレスの解消にも取り組む必要があります。

 

ただ、妊娠中の女性は、妊娠を継続する上で、どうしても便秘になりやすい要因に囲まれているものです。それゆえに、普段から便秘になりにくいバンランスのとれた腸内環境作りが大切になってくるのではないでしょうか。

 

妊婦の便秘解消には、排便コントロールがおすすめ。その方法はこちらから


妊婦の便秘,イライラや不安,ストレス,排便コントロール



「排便コントロールで快適妊娠生活。妊婦の便秘解消法」TOPに戻る