妊婦の便秘 お腹の張り

陣痛や早産と間違えやすい妊婦の便秘の腹痛やお腹の張り!

 

妊娠すると、便秘になりやすいと言われていますが、便秘のトラブルで多いのが、腹痛やお腹の張りです。

 

初産の場合は、子宮の収縮でのお腹の張りと便秘によるお腹の張りの区別がつかなかったり、陣痛による腹痛と便秘による腹痛の区別がつかなかったりという声もよく聞かれます。

 

そこで、ここでは、便秘が原因の妊婦の腹痛や、お腹の張りについて、詳しく紹介したいと思います。

 

 

妊娠している女性は、便秘になりやすい

 

妊娠中の女性は、女性ホルモンの分泌の増加や、つわりの影響、水分不足や、運動不足、子宮による臓器への圧迫などの理由から、妊娠以前に比べて、便秘になりやすくなっています。妊娠前から便秘に悩んでいた人は、さらに便秘を悪化させる要因が増えている状況です。

 

体の変化や精神的プレッシャーなどのストレスで、自律神経が乱れがちなのも便秘を引きおこす原因です。そのために、妊娠中の女性は、便秘になりやすいのです。そして、便秘には、お腹の張りや腹痛はつきものです。

 

初めての妊婦さんの場合、それらの腹痛やお腹の張りが、妊娠によるものか、便秘によるものかわからずに、どう対処していいかわからない人も多くいるようです。

 

 

便秘から、お腹が張ったり、腹痛になる理由

 

便秘になると感じる不快症状の中でもっともポピュラーなものは、腹痛とお腹の張りではないでしょうか?でも、なぜ、便秘で、お腹が張ったり、腹痛がおこったりするのでしょう?

 

便秘というのは、通常、排出されるべき便が、腸内で停滞してしまっている状況です。必要以上に長時間腸内に留まった便は、腐敗し始めます。便が腐敗すると、腸内には、有害なガスが発生します。腸内に便が停滞して出口をふさいでいるような状態で、ガスがどんどん発生すると、お腹は張り、胃や腸などの他の臓器を圧迫するようになります。そのせいで、お腹が張ったり、腹痛を感じるようになるのです。

 

便秘が長引けば、腸内の便やガスもどんどん溜まっていきますので、痛みも徐々に軽いものから強いものへとなっていきます。たかが便秘と放置していたら、お腹が張って苦しくなったり、冷や汗のでるような腹痛や、のたうち回るような激痛を引きおこすこともあるのです。ここまでくると、かなり便秘が悪化していて、腸内環境も乱れていますので、要注意です。

 

ひどいケースになると、気絶して救急車で運ばれることもあります。そうなる前に早めの対処をしたいものです。

 

 

便秘によるお腹の張りと、子宮収縮のお腹の張りの違いは?

 

妊娠中期は、お腹が張りやすくなる時期です。普通、この時期のお腹の張りは、少し休めばよくなるものがほとんどで、その場合は、特に問題はありません。でも、中には、危険なお腹の張りもあり、注意が必要です。

 

ただ、便秘を患っていると、お腹の張りが、便秘によるものなのか、妊娠継続に関わる危険なものなのか、どうやって区別をしたらいいのかわからないという声も聞かれます。初産で便秘に悩む妊婦さんには、特に、混乱される方が多いです。

 

 

体験談! このお腹の張りは、便秘それとも子宮収縮 ?

 

初産の場合は、特に、お腹の張りには敏感になってしまうもの。妊娠初期なら流産の予兆の場合もありますし、中期であれば早産の可能性もあります。ただ、単に便秘が原因だったという人もいます。

 

 

妊婦の便秘,お腹の張り,子宮収縮,排便コントロール

妊娠前から、便秘気味でお腹は常に張っている感じでしたから、お腹が張っているのが普通になっちゃって。

 

便秘が原因か、それとも何か妊娠に問題があるのか、区別がつきません。(29歳 Cさん)

 

妊婦の便秘,お腹の張り,子宮収縮,排便コントロール

妊娠中期、お腹の張りがだんだん強くなり、数日様子を見ても改善する様子がなく、痛みも感じるようになったので、あわてて、病院へ。

 

ところが、お医者さんの診断は、便秘によるもの。そういえば、1週間以上お通じがきてませんでした。便秘薬を処方してもらい、出るものが出たら、張りも痛みも消えてしまいました。(26歳 Fさん)

 

妊婦の便秘,お腹の張り,子宮収縮,排便コントロール

妊娠後期に入ったころ、夜、お腹が張る感じがして、動くのも辛くて、心配で夜中に主人の車で病院へ。

 

が、なんのことはない、便秘によるガスの充満が原因でした。こんなになるまで便秘を放置しないようにと注意され、ちょっと恥ずかしかったです。(33歳 Hさん)

 

こんな声も聞かれますが、妊婦のお腹の張りは、便秘が原因もの以外にも、子宮の収縮が原因のものもあり、中には、すぐに医師の診断が必要な時もあります。子宮収縮が原因のお腹の張りと、便秘が原因のお腹の張りは、その症状に違いがあります。

 

下記にそれぞれの症状の特徴を紹介しますので、参考にしてください。

 

 

妊娠中の子宮収縮によるお腹の張りの特徴

 

妊娠中に、お腹が張ることはよくあることです。妊娠が理由で妊娠中にお腹が張るのは、子宮が収縮することによるものです。子宮は、筋肉でできていて、その筋肉が緊張して収縮すると、硬くなってしまいます。その状態が、お腹が張ると表現される状態のことで、ふくらはぎに力を入れた時にギュッとふくらはぎが硬くなるのに、似ています。

 

お腹が膨らんで大きくなるというよりは、筋肉がギュッと縮まって硬くなっている状態です。
このように子宮収縮によっておこる、お腹の張りの特徴は以下のようになります。

  • お腹がカチカチに固くなる
  • 何かのひょうしで、ぎゅーっと硬くなるのがわかることがある
  • 痛みをともなわないことが多い
  • たまに痛みを感じる場合は、生理痛に似た感じであることが多い
  • 横になったりして、しばらく休むと張りが収まる

 

また、お腹が張る原因としては、以下のようなことが考えられます。

  • 重いものを持つ
  • 長時間の歩行
  • 長時間の立ち仕事
  • 長時間の同じ姿勢
  • 腹部を圧迫する服装
  • ストレス
  • 性行為
  • 授乳など乳首への刺激

 

疲れや、子宮への刺激などで、筋肉が収縮することは、お腹の張りをひきおこします。
このようなお腹の張りを感じたら、無理をせずに休むのが何よりです。椅子に座るか横になり、呼吸を整えてみてください。それでお腹の張りが収まる場合は、特に心配はありません。

 

 

妊娠中の便秘によるお腹の張りの特徴

 

妊娠中の生理的現象として、妊婦であれば、多少なりともお腹の張りは感じるものですが、中には、便秘が原因のお腹の張りであることも考えらます。便秘が原因でお腹が張る場合は、腸内にかなりの便とガスが溜まっており、それがお腹を圧迫するために、お腹が張ったように感じます。

 

しかし、子宮が収縮しているわけではありませんので、お腹がカチカチに硬くなることはありません。

 

便秘によるお腹の張りの症状は以下のような特徴を持ちます。

  • お腹がパンパンになった膨張感を感じる
  • お腹はカチカチに硬くはなっていない
  • 腹痛をともなうことが多い
  • 横になったりして休んでも症状が変わらない

 

便秘が原因でお腹が張っている場合は、横になって休んでも、お腹の張りや痛みは変わりません。その根本原因となっている便秘を解消しない限り、膨張感や痛みは続きます。

 

たかが、便秘と軽く考えて放置しておくと、お腹の張りがどんどんひどくなり、激しい腹痛を起こすこともあります。お腹の張りが、子宮の収縮によるものなのか、便秘が原因なのか、見極めて、きちんと対処していきたいものです。

 

 

便秘や子宮収縮以外の原因でお腹が張ることもあるので要注意

 

普通、妊婦がお腹が張るといった場合は、便秘や子宮収縮が原因であることがほとんどです。ただし、中には、早産や常位胎盤早期剥離が理由であるお腹の張りもありますので、油断は禁物です。

 

以下のような症状が見られる場合は、早産や 常位胎盤早期剥離が疑われますので、早めに医師の診断を受けてください。

  • 1時間に何度もお腹が張る
  • 1日に10回、20回もお腹が張る
  • お腹の張る間隔が規則性を持って短くなる
  • お腹の張りが30分以上続く
  • 痛みや出血を伴う

 

 

便秘による腹痛と陣痛の違いは?

便秘を患う臨月の妊婦さんの場合、いつ陣痛がきてもおかしくない状況です。でも、ここでも、やはり初産の方などは特に、陣痛の痛みと便秘による腹痛の違いがよくわからなくて戸惑う女性が多いのです。

 

妊婦の便秘,お腹の張り,子宮収縮,排便コントロール

妊娠38週の時、トイレに行きたい感じで目が覚めました。お通じがなくてどうしたものかと思っていたので、これを逃しちゃいけないってすぐにトイレにこもりました。でも、一向に出る気配がないんです。痛みは強くなったかと思えば、ふっと途切れることもあり、陣痛かもと、少し思ったのですが、まだ予定日まで2週間もあったし、まさかね、なんて軽く考えていました。

 

ところが、便が出る気配はなく、どんどん、痛みは増していき、うんうん、トイレでうなっていました。そのうちに主人が起きてきて、あまりに私が痛がっているので、車で病院に。でも、子宮口も全然開いてなく、やはり便秘による腹痛だったことが発覚。ここまでひどくなる前に相談してくださいと、言われてしまいました。(35歳 Kさん)

 

陣痛の痛みは人それぞれで、便秘の痛みも人それぞれです。中には陣痛の痛みは、便意がおこったときの痛みに似ているという人もいます。臨月の妊婦さんの場合、便秘を患っていると、陣痛なのか、便秘の腹痛なのか、区別しにくいもの。便秘といえど、悪化させると、立っていられないくらいの強い痛みになる場合もありますので、早めに医師に相談しましょう。

 

陣痛による腹痛の特徴

陣痛には、前駆陣痛と本陣痛の2種類があります。前駆陣痛は、子宮頸管や子宮の下側を柔らかくし、赤ちゃんが通りやすいようにするために起こる子宮の収縮の動きです。前駆陣痛が起こったら、出産が近くなっていると考えていいでしょう。この前駆陣痛は、本陣痛に比べて痛みは少なく、規則性もないので、初産の方は、特に、便秘の腹痛との区別がつきにくいようです。

 

本陣痛とは、分娩時に起こる陣痛で、本陣痛が始まるということは、出産が始まるということになります。規則的な痛みを感じ、だんだん痛みが強くなるとともに、痛みの間隔が短くなるのが特徴です。便秘の痛みや、前駆陣痛とは違って、かなり強い痛みを感じる人が多いのが普通です。ただ、中には、痛みが軽い人もいて、便秘かなにかの痛みだと思い込んで、病院にいくのが遅くなる人もいます

 

便秘が原因の腹痛の特徴

便秘による腹痛の場合、便やガスがたまってお腹がパンパンに膨張することで周りの臓器を圧迫することから起こるものです。溜まっている便やガスを排出しない限り、解消することはありません。また、痛くなったり、痛みが消えたりということはあっても、陣痛のような規則性はありません。

 

『もし、陣痛だったらどうしよう』という思いと、『陣痛じゃなくてただの便秘だったら、こんなことで病院に来るなんてと思われるかな』という思いが交錯する女性も多いかもしれません。

 

でも、陣痛ではなく、便秘による腹痛だとしても、激痛で耐えらないような状況であれば、放置しても改善は難しいので、やはり、病院で診てもらうのが安心でしょう。また、便秘による腹痛やお腹の張りを感じたら、ひどくなる前に産婦人科に相談したり、自分のできる範囲で便秘の解消を心がけたいものです。

 

 

妊婦の便秘による腹痛、お腹の張りの対処法

 

では、便秘が原因の妊婦の腹痛やお腹の張りを感じたときは、どのように対処したらいいのでしょうか?

 

お腹のマッサージ

お腹にガスや便が停滞することで、腹痛や張りを感じます。お腹を「の」の字に優しくさすってください。

お腹を温める

お腹を冷やすと腸の血行が悪化し、動きが鈍ります。お腹を温めてあげましょう。

温かい飲み物を飲む

温かい牛乳や、ホットレモンなど、刺激の少ない温かい飲み物で、中からお腹を温めてあげましょう。

 

ただし、上記のような方法は、取り急ぎの対処法にすぎません。 根本的な腹痛やお腹の張りの解消には、便秘の解消が必要です。ただ、便秘にもいろいろな種類があり、その原因も様々です。
妊婦の便秘の原因としては、下記のようなものが考えられますので、まずはご自身がどれに当てはまるのか確認してみましょう。

 

 

上記で当てはまるものがあれば、その改善が必要です。
ただ、妊婦の場合は、妊娠の継続をしていく上で、どうしても解消できないこともあります。ですから、できる範囲での生活習慣の改善をするとともに、腸内環境を整えて、便秘になりにくい状態にしていかねばなりません。

 

 

まとめ

便秘で悩む妊娠中の女性においては、腹痛やお腹の張りに悩む女性も多くいます。ただ、それが妊娠によるものなのか、便秘によるものなのか、区別がつかずに悩む人も多くいます。陣痛だと思って病院に行ったら便秘と診断されたり、その逆で便秘でお腹が張っていると思っていたら、子宮の収縮だったり、初産の場合は、特に混乱することが多いようです。

 

そして、たかが便秘と放置しておくと、陣痛にも劣らないくらいの激痛になったりすることもありますので、腹痛やお腹の張りを感じたら、早めの対処が必要です。ただ、妊婦の場合、ホルモンの影響や子宮による圧迫でどうしても便秘になりがちです。日頃から腸内環境を整えるなどして、便秘になりにくい体質づくりを心がけていきたいものです。

 

 

妊婦の便秘解消には、排便コントロールがおすすめ。その方法はこちらから


妊婦の便秘,お腹の張り,子宮収縮,排便コントロール



「排便コントロールで快適妊娠生活。妊婦の便秘解消法」TOPに戻る