マタニティヨガ マタニティブルー 排便コントロール 妊婦の便秘解消法

心に効くマタニティヨガでマタニティブルーにさようなら!

マタニティヨガ,マタニティブルー,排便コントロール,妊婦の便秘,解消法

 

マタニティライフの不調解消や安産のための準備に、心の部分からもアプローチできるのがマタニティヨガのすごいところ。体にも効く上に、心にも効く、だからこそ、多くの産院でマタニティヨガクラスが推奨されているのです。

 

 

マタニティヨガは心やメンタルにも効果的なの?

 

妊娠すると、ホルモンの変化や体自体の変化が現れ、それは心にも大きな変化をもたらします

 

ホルモンの変化は、なんとも言えない体のだるさや、イライラの原因になったり、不安や軽い落ち込みを引き起こしたりします。また、妊娠による体の変化は、大きなストレスとなります。

 

さらに、妊娠、出産、それに伴うその後の子育てという未知の体験に対する不安が大きくなり、マタニティブルーに陥る人もいます。

 

妊娠は喜ばしいことなのですが、その反面、上記のように、女性にとって精神的な大きなストレスともなりえるのです。

 

そんな妊婦さんの不安やストレスを解消するのに、マタニティヨガは効果を発揮します。

 

ヨガは単なる体のエクササイズではありません。意識を体の動きと呼吸に集中させるヨガは、自分の体と心に向き合う貴重な時間。それは、心と体のバランスをとるためのエクササイズでもあり、心を穏やかに、思考をクリアにしてくれます。

 

気持ちが落ち込むと引きこもりがちになるものですが、それではますます不安定で不安なままです。体を動かすことで、心を動かすこともできます。

 

まずは、マタニティヨガで得られる気持ちの変化、心地よさ、安心感などを感じてみてください。あなたのマタニティブルーを吹き飛ばしてくれるかもしれません。

 

 

呼吸法は安産のために役立つの?

マタニティヨガ,マタニティブルー,排便コントロール,妊婦の便秘,解消法

 

マタニティヨガに限らず、ヨガの大きな特徴は、呼吸法に重きを置いている点です。ヨガの呼吸の基本となるのは、大きく深い腹式呼吸。大きくゆっくり吸って、気持ち良くゆっくりと吐く、これがヨガの呼吸の基本で、これには体と心をリラックスさせる効果があります。

 

陣痛が来ると、痛みで体は固く縮こまりがちになってしまいます。でも、お母さんの体がそんな風にカチカチになってしまうと、赤ちゃんが出てきにくくなってしまいます。そこで、呼吸法を使って、体と心をほぐすことことに役立てようと、多くのマタニティヨガクラスで、ヨガの呼吸法が取り上げられているのです。

 

また、妊娠後期の女性は、お腹が大きくなり肺を圧迫するようになるので、知らず知らずのうちに呼吸が浅くなりがちです。その解消のためにも、ヨガの呼吸法をぜひ実践してほしいものです。

 

実際の陣痛時には、「痛くて呼吸法どころじゃなかった」という方もいらっしゃいますが、「いきみ逃しに役に立った」という方もいますし、陣痛時だけに限らず、「不安、イライラがかなり解消されて、リラックスしてマタニティ期間を過ごせた」という人もいます。

 

いずれにしても、大きく深い呼吸は気持ちを穏やかにしてくれます。リラックスした気持ちでマタニティライフを過ごすために、また陣痛への準備として、呼吸法を取り入れてみるのもいいのではないでしょうか?

 

 

瞑想は赤ちゃんとのコミュニケーションタイム

 

多くのマタニティヨガクラスでは、ポーズと呼吸法に加えて、瞑想も指導しています。瞑想と聞くと、何やら怪しげに思われたり、スピリチュアルなもので妊娠とは全然関係ないように思われたりしますが、マタニティクラスで行う瞑想にはどんな意味があるのでしょう?

 

瞑想は自分の心と向き合う時間でもあります。目を閉じて、ゆったりとした気持ちで、自分の内側に意識を向けてみましょう。はじめは、いろんな雑念が浮かんできて、難しいと思われるかもしれませんが、瞑想に慣れてくると、呼吸法以上の深いリラクゼーション効果が得られるようになります。

 

そして、心身ともに深くリラックスすることは、体の免疫力をアップすることにもつながるのです。

 

さらに、妊婦さんにとっての瞑想にはもう一つ意味があります。それは赤ちゃんとの大切なコミュニケーションの機会になるということ。目を閉じて、お腹の中の赤ちゃんに意識を向けてみてください。心と心がつながっている感覚を味わうことができたり、赤ちゃんの動きに敏感になったりするはずです。

 

その経験は、母親としての自覚を自然に育て、心に安定感をもたらしてくれるのです。

 

 

同じ悩みを共有するママ友がいると心強い

マタニティヨガ,マタニティブルー,排便コントロール,妊婦の便秘,解消法

 

最後にもう一つ、マタニティヨガクラスに参加するメリットをあげるならば、それは同じ悩みを共有できるママ友ができることです。妊婦には妊婦にしかわからない悩みがあり、不安があります。それを相談できる相手がいることは、とても大切なこと。

 

話すことで解消できる悩みもあります。また、話すこと自体が女性にとっては大きなストレス解消にもなります。一人で悩んでいると、自分ばかりが悩んでいるように思えてきて、ますますマタニティブルーにはまり込んでしまいがちですが、そんな時こそ、相談できるママ友が必要です。

 

また、ママ友の中には、出産経験者がいることもあり、具体的な体験談やアドバイスを聞けるチャンスにも。マタニティライフや、出産後に必要な様々な情報交換の場にもなっています。さらに出産後も、ママ友として長い良きお付き合いとつながることもあります。

 

マタニティヨガでマタニティブルーにさようなら。40週間にも及ぶマタニティライフ、楽しく心穏やかに過ごしていきたいものです。

 

 

 

まとめ マタニティヨガは心に効きます

 

・マタニティヨガは、体だけでなく、心のバランスも整えるので、心は穏やかに、思考はクリアになり、マタニティブルーの解消にも役立ちます。

 

・大きく深いヨガ的呼吸法はリラックス効果大。

 

・安産に欠かせないのは心と体をリラックスさせることですが、ヨガの呼吸法はその助けとなります。

 

・瞑想による得られる深いリラックスは免疫力もアップさせます。

 

・瞑想タイムは赤ちゃんとのコミュニケーションタイムでもあります。

 

・悩みを共有できるママ友をつくる機会になります。

 

 

マタニティヨガは、体はもちろん、心にも優しく働きかけて穏やかで安定した精神状況をつくります。体も心もリラックスさせて、ゆったりとした気分でマタニティライフを楽しんでください。

妊婦の便秘解消には、排便コントロールがおすすめ。その方法はこちらから


マタニティヨガ,マタニティブルー,排便コントロール,妊婦の便秘,解消法



「排便コントロールで快適妊娠生活。妊婦の便秘解消法」TOPに戻る