産後の生理再開

スポンサーリンク

産後の生理再開はいつ?

産後の生理再開,母乳ノイローゼ,回避,母乳育児

無事、赤ちゃんが生まれ、育児に追われ始めて束の間、ふと気付く、あれ?生理っていつ再開するの?

 

私なんて、妊娠後、毎月の生理の煩わしさから開放されていて楽チン!と思っていましたが、次の妊娠を早く計画している人は、いつ再開するのか気になりますよね。

 

産後の生理の再開について、基本的なことまとめてみました。

 

 

生理再開に知っておきたい3つのホルモン、その働きとは?

産後の生理再開,母乳ノイローゼ,回避,母乳育児

産後の生理の再開時期は、2、3ヶ月以内に来る人もいれば、2年くらい来ないっていう人もいるそうです。個人差が大きいってことですね。

 

なかなか生理が再開しない!次の妊娠を計画する人はやきもきするかも。

 

では、そもそも生理って何か、身体の仕組みをおさらいしてみましょう。

 

女性は約一カ月の周期で赤ちゃんを作る準備をします。子宮内に受精卵が着床するために子宮内膜を厚くする、というものです。そして、その期間に妊娠しなかった場合、その厚くなった子宮内膜は不要なので、これ(経血)を体外に排出していきます。
これが生理ですね。

 

そこで、産後の生理再開には、3つのホルモンが関係すると言われています。

 

1.エストロゲン:卵胞ホルモン

 

生理再開から二週間ほど多く分泌される。受精卵がしっかり着床するために子宮内膜を厚くする(ふかふかのベッドともよく言いますね)働きがあり、妊娠には欠かせないホルモンのひとつ。更年期障害、月経前の不調などにも大事なホルモン。産後急速に分泌が減少するので、産後鬱の原因にも。

 

2.プロゲステロン:黄体ホルモン

 

排卵後から生理前までに多く分泌されるホルモンで着床を助ける。基礎体温をあげる働きがある。

 

3.プロラクチン

 

授乳のときに分泌されるホルモンで、排卵を抑える働きもある。

 

ちょっと難しいかもしれませんが、このホルモンは女性にとっては大事なホルモンなので、覚えておいた方がいいでしょう。

 

 

生理再開の時期と授乳との関係

 

上記で書きましたが、生理再開には1.エストロゲンと2.プロゲステロンの分泌が必要なのですが、出産し授乳し始めると3.プロラクチンが大量に分泌されるので、排卵をしにくい状態となるので、授乳期間中は生理が始まりにくい、というわけです。

 

ですから、授乳の頻度によって、その生理再開の時期は変わってくるようで、完全母乳の人よりは、母乳ミルク混合の人、完全ミルクの人、と時期は早まる傾向にあるんだそうです。

 

 

それでもなかなか再開しない生理、何が原因?受診の目安は?

産後の生理再開,母乳ノイローゼ,回避,母乳育児

授乳の頻度による生理再開の時期、これもまた個人差があって、完全母乳で授乳期間中でも生理が始まる人もいるんだとか。私は完母でしたが、まだ授乳期間中の1歳過ぎで生理がきました。その時期にはもう離乳食も始めていたので、母乳の出も変わっていたのでしょうね。

 

なかなか来なくて心配、という方もいると思いますが、授乳のあるなしに関わらず、受診の目安は6か月から1年なんだそう。ですから、その間は仮に生理が来なくても、いたずらに心配する必要はなさそうです。また、育児で今まで経験したことのないストレスを感じていたら、それも影響するとか。

 

ただし、授乳を止めて3か月以上たつのに生理が来ない場合や、再開前でも妊娠を希望する人などは、医師の診断を受けた方が良いようです。

 

産後の生理、妊娠前との違いは?

産後の生理再開,母乳ノイローゼ,回避,母乳育児

さて、産後の生理は妊娠前と、どう違うのでしょう?

 

基本的には生理は生理ですが、ただ、生理痛、経血の量、期間などには出産前と変化があるようです。生理痛については、軽くなる人もいれば、重くなる人も。量も極端に増えたり、少なくなったりする人も…と、人により個人差があるようです。

 

授乳中であればホルモンの影響も受けますので、周期もバラバラになることも。

 

産後は、子育てで手いっぱいで、自分を後回しにしがち。ひどくなってから受診するママが多いようです。

 

生理に変化は起こる、としても、変だなと思ったら早めに受診すると安心ですね。自分の体を守ることは、子供のためでもあります。

 

 

生理が来なければ妊娠はしない?注意したい産後の排卵の時期

 

生理が再開する、というのを妊娠できるサインとみる人も多いかもしれません。実際私がそうでした。

 

ですが、排卵のあと生理がくるので、産後の生理がない時期は特に注意が必要です。

 

産後の排卵の時期も個人差があります。人によっては産後1〜2ヶ月で排卵がある人もいるとか。次の妊娠を望んでいない場合は、避妊することが必要です。

 

まとめ

1. 生理再開に重要な3つのホルモン、エストロゲン、プロゲステロン、プロラクチンの働きを知っておきましょう。女性の場合、生理再開だけでなく、さまざまな不調に関することでもあります。

 

2. 生理再開の時期は授乳の頻度と大きく関係します。生理再開を早く希望する場合は、授乳の頻度を減らす必要も。

 

 

3. 生理再開には個人差があります。なかなか生理が来なくて心配な場合は、医師の診断をうけましょう。

 

4. 産後の生理は、妊娠前とは様々な面で変化があることも。育児で忙しくても、おかしいなと感じたら、早めに医師の診断を受けましょう。何か病気が潜んでいる可能性もあります。

 

 

5. 産後の初めての排卵は生理開始前にあります。妊娠を望んでいない場合は、避妊が必要です。

 

 

改めて生理の仕組みをおさらいしてみると、女性の身体って不思議だなあ、よく出来てるなあ、って思います。身体の仕組みを覚えると、色んな不調の原因が見えてくることも。長く長く続く子育て。自分の身体とも上手につきあっていきたいですね。

スポンサーリンク