産後の悪露(おろ)

悪露(おろ)とは何?いつまで続く?

悪露,おろ,母乳ノイローゼ,回避,母乳育児

産後にある悪露(「おろ」と読みます)。
特に初めての出産であれば、どんなものなのか、いつまで続くのか気になりますよね。

 

何かと不安な産後の時期ですが、悪露は産後なら誰にでもあるもの、なのです。

 

気になるポイントについてまとめてみました。

 

悪露って何?しくみは?

悪露,おろ,母乳ノイローゼ,回避,母乳育児

悪露とは、出産後に子宮内に残った胎盤の一部や血液、粘液などの分泌物のことをいいます。
出産して赤ちゃんが出てしまった後、子宮は元の状態に戻らないといけません。
これを「子宮復古」と言いますが、そのために子宮は収縮を繰り返し、子宮内の出血している箇所を止血していきます。

 

完全に元に戻るまでは出血や体液などが分泌されます。
これが悪露になる、というわけです。

 

ですので、悪露は、子宮をもとの状態に戻すために必要な現象
出産後には誰にでもあるものですし、あまり不安に思わなくても良さそうですね。

 

悪露の期間、量は?

悪露の状態は一般的に次のようになります。
出産後1〜3日赤色または血性の悪露、4〜9日は褐色、それ以後は黄色か白色に変化し、4?6週にはほぼ終わります。
臭いは、色が濃いうちは、血のような生臭さがありますが、色が薄くなってくると無臭になっていきます。

 

また、しばらく収まっていた鮮血のような悪露が、激しく動くなどした際に、何かの拍子に一気に出る、ということもあります。
産後1か月ぐらいはその可能性があります。

 

ここで注意するポイントは、産後1か月を過ぎても、鮮血のような悪露が続く、粘り気がある、変な臭いがするような場合です。
鮮血のような出血が2週間ほど続く、というような場合は、子宮復古になんらかのトラブルが起きている可能性もあります。
これを子宮復古不全と言います。

 

臭いについては、生理やおりものの時よりひどくなった、という人もいるそうです。
生臭い、など酷いと感じるようなら、細菌性膣炎などのウイルス感染も考えられます。

 

熱が出たり、子宮の痛みを感じたりすることも。
そんな場合は、早めに婦人科を受診しましょう。

 

子宮復古が不完全な場合は、子宮内に残った残留物を外に出す処置がされます。
早めに子宮を元の状態に戻すことが必要となります。

 

人によっては半年ぐらい出血のようなおりものが続いた、という話も聞きます。
悪露は人によって、差がある、ということなんですね。

 

帝王切開と自然分娩では違うの?

 

悪露は、出産後の子宮内に残ったもの、ということなので、帝王切開と自然分娩では、悪露の出方が違います。

 

帝王切開の場合、赤ちゃんを取り出した後に、胎盤も取り出してしまうので、量は自然分娩の場合より少ない、ということになります。
その代り、長引きやすく2か月近く続く場合もあります。

 

私も帝王切開でしたが、2か月近く微量な悪露がダラダラ続きました。
帝王切開の場合は量は少なめなので、もし量が増えるのはトラブルの場合も考えられます。

 

不安な場合は婦人科を受診しましょう。

 

悪露が早く終わる方法ってあるの?

悪露,おろ,母乳ノイローゼ,回避,母乳育児

悪露は子宮をもとの状態に戻すために必要な現象、というのは説明しましたね。

 

早く終わって欲しい、と思う方もいると思います。
産後は何かとストレスがあったり、体を休められないことが多いと思います。
産後に体を酷使するのは子宮にはよくないので、子宮復古がうまく進まない、ということにも繋がるんですね。

 

ですから、適度に体を休める、というのが子宮にもいい、悪露のトラブルも起きにくいということなんです。

 

しかし、一方で、あまり安静にしすぎるのも子宮復古によくないんだとか。
難しいところですが、徐々に体を動かしていくのがよさそうですね。

 

また、産褥体操をするのも悪露の改善に良いと言われています。
血行を良くする産褥体操をすることで子宮の収縮を早めることができます。

 

体に無理のない範囲で行いましょう。

 

まとめ

1. 悪露は産後に子宮を元に戻すために必要な現象。誰にでもあるので安心しましょう。

 

2. 悪露は個人差があるものの、日が経つにつれ量も臭いも減り、大体1カ月ほどで落ち着きます。2週間以上潜血が続く、臭いが酷いなどの場合は婦人科を受診しましょう。

 

3. 帝王切開の場合は、自然分娩と比べて悪露の量は少ないですが、長く続く場合が多くなります。量が増えるようなら要注意です。

 

4. 産後の身体を酷使すると、悪露のトラブルにも繋がることも。体を休め子宮を労わってあげましょう。適度に体を動かす産褥体操で血行を高めるのもいいですよ。