アレルギーマーチ 乳児アレルギー

アレルギーマーチって何!?

アレルギーマーチ,乳児アレルギー,母乳ノイローゼ,回避,母乳育児

今や赤ちゃんの10人に1人がアレルギー持ち、と言われるようになりました。

 

アレルギーだとわかったら、生活する上でどんなことに気をつけたらいいのか、経験のないママだったら想像もつかないかもしれません。アレルギー疾患のあるお子さんの生活で心がけたい「あること」について考えてみました

 

 

知ってる?アレルギー症状が変化していく「アレルギーマーチ」

 

一般的にアレルギー疾患の原因となるものには、花粉、金属、食物、動物、その他(天然ゴム、日光、薬物など)があり、症状は、皮膚、粘膜、呼吸器、消化器、全身(アナフィラキシー)に現れていきます

 

乳児の時は、食物アレルギーの子が目立ちますが、乳児期(0歳〜2歳)は、消化器官が未熟なのでその割合が多く、幼児期になるとアトピー性皮膚炎、学童期からは気管支ぜんそく、成人は花粉症などと変化していくと言われています。

 

こんなふうに、子供の身体の成長に従って、アレルギーの中心症状が変化していくことを「アレルギーマーチ」と言うんだそう。

 

 

必ず通るの?「アレルギーマーチ」 いえいえ、そうとは限りません

アレルギーマーチ,乳児アレルギー,母乳ノイローゼ,回避,母乳育児

アレルギーマーチのことを聞いて、「うちの赤ちゃん、食物アレルギーだわ、これが全部続くのかなあ…」なんて不安になるかもしれません。

 

ちなみに、私の二人の子が赤ちゃんの時は、卵、乳等の食物アレルギー、アトピー性皮膚炎と診断されました。

 

そして小学生になった今では、2人とも食物アレルギーは収まりましたが、上の子はアトピー性皮膚炎がまだ続いていて、保湿剤やステロイド剤の使用が欠かせません。一方乳児の頃にアレルギー症状がどちらかと言うと重かった下の子は、今では若干肌がカサつく程度なので、保湿剤は使うもののステロイド剤を塗ることは、ほとんどありません。それに2人とも、今のところ特に喘息などの呼吸器症状は出ていません。

 

ですから、赤ちゃんの時に何かのアレルギーがあったからと言って、アレルギーマーチを全て通過するわけでもないんだと思います。個人差、環境の差はもちろんあるんでしょうね。

 

でもひょっとしたら、今からでも、生活環境の変化や成長に従ってまたアレルギー症状が出てくる可能性は大いにあります。

 

親としては、これをきちんと受け止めて、いつアレルギーになっても対応できる覚悟がいるのかなって、思います。

 

 

アレルギー症状を緩和するある方法、それは「笑う」こと!?

 

アレルギーがあるとわかったら、やはりその要因となるものを、適切に除去していく、という生活が基本になると思います。でも完全に除去するのは、難しいですし、そうしようとすればお世話する方もかなりストレスになりますよね。

 

ママがストレスを抱えてしまえば、子供にも影響するかもしれません。

 

ある時、私の友人で、子供の皮膚に悩んでるママがいたのですが、彼女の話してたことで驚いたことがありました。ある皮膚科医の先生が言っていたらしいのですが、アレルギーやアトピー性皮膚炎を改善する方法の一つに、「よく笑うこと」があるんだそうです。

 

それを聞いた時「え?!笑うこと?」って思いました。何の関係があるんだろうって。それで試しにインターネットで「アレルギー 笑う」で調べてみたら、たくさん出てきたんです!

 

簡単に言えば、笑うことは免疫力をあげるので、アレルギー症状を抑えるってことみたいです。これはアトピーやアレルギーに関わらず、たくさんの病気に効果があるんだそうです。

 

「笑う」という行為が治療法の一つなんて、なんて素晴らしいこと!と思いました。
もちろん、これだけでは完治するものではないでしょうが、薬を使うことからくる副作用もありませんし、お金もかかりません。もっと目を向けるべきですよね!

 

まとめ

1.アレルギーマーチについて知っておきましょう。アレルギー体質を持っていたら、次々にかかる可能性はあります。予備知識は持っていて損はありません。

 

2.アレルギー体質だからと言っても怖がらずに!全てのアレルギーにかかるわけではありません。でも心の準備はしておきましょう。

 

3.必要に応じてアレルギー物質の除去をしましょう。それだけでなく「笑う」環境づくりも頭に入れておきましょう。笑うことが免疫力を上げ、アレルギー症状の緩和につながります。

 

子供が笑えば、周りも笑顔になります。健康になって、皆も楽しくなれば言うことなし!これからもアレルギー症状と向き合うことが出てきても、忘れずに実践していきたいことですね!

スポンサーリンク