ガルガル期 産後うつ

スポンサーリンク

ちょっと厄介な「産後ガルガル期」

ガルガル期,産後うつ,母乳ノイローゼ,回避,母乳育児

「産後ガルガル期」って言葉、知ってますか?

 

私が初めて出産した6年前には聞いたことのない言葉です。私がもし、出産前からこの言葉を知っていたら、もっと違う産後を過ごせていたのかもしれない、とさえ私は思ってしまいました。

 

そこで、落ち着いた今だから言える「ガルガル期」について、お話ししたいと思います!

 

なぜ『ガルガル期』と言うの?どんな症状があるの?

 

「ガルガル期」とは、産後にホルモンバランスの変化により、イライラが酷くなったり、情緒不安定で回りに牙をむくような態度をとることで、ライオンなど猛獣の「ガルルルルッ」という唸り声から来ているようです。

 

詳しく言うと、産後や授乳期は「オキシトシン」という愛情ホルモンが大量に分泌されるのですが、これは赤ちゃんを守ろうとする作用があって、その働きが強くなるがゆえに、周りを敵とみなしてしまう、ということなんです。

 

私にもありました、そういう時期!でも、その時のそういう状態、自分でも不思議で、どうしようもなくて、しんどかったのです。

 

具体的にどんなふうな状態になるかというと、
・周囲に対して攻撃的になる(赤ちゃんを他人に触らせたくないなど)
・夫に対してイライラする(夫が汚く思えるなど)
・情緒不安定になる(落ち込んだり、急に涙が出たりするなど)

など、が挙げられます。

 

 

なぜか夫を拒否!

 

産後、夫に対してとてもイライラするようになりました。友人に聞けば、わりといます。夫に対して「イライラする」という産後の女性って。

 

私の夫はおむつ替えや、寝かしつけなどもたくさんやってくれましたし、家事もかなりやってくれたと思います。でも、やることなすことやり方が気に入らないのです。

 

そして、近くによって来ようものなら、なぜか「汚く」思えてしまって拒否!でも反面、そういう自分がちょっと異常なんではないかとも思っていたのです。赤ちゃんの父親で、一緒に育てていく人をそんな風に思うなんて、と。

 

でも、産後6年経った今は「汚く」思わないんですよね。「ああ、ホルモンの影響だったのね〜」と。あの時は嫌な態度とって、申し訳なかったなあとさえ思います。

 

 

義母に赤ちゃん抱っこして欲しくない、すぐに涙が出る

 

夫にですらそんな態度なので、義母にはなおさらです。赤ちゃんを抱っこされるのがほんとに嫌でした。多分、顔が強張っていたのではないでしょうか?

 

生理的に嫌だった」、としか言えません。さらに、何か言われるのもいちいち気に障るし、カチンとくる状態。

 

もちろん実父母はそうではありません。里帰り出産でしたから、大分お世話になりました。

 

ところが意外に、実父母に対しても、ガルガルなる人もいるみたいですね。赤ちゃんの扱い方の違いなどが原因とか。実の親子だからこそ、口うるさく感じる部分も。

 

そういえば私も少しはあったかもしれません。あまり意見されたくない、やり方についてあれこれ言われたくない。

 

そして、初めての育児で自信もないので、ちょっとした周りの言葉で、くよくよして涙が出てしまう時期、隠れてよく泣いていました。

 

落ち込んで泣く以外にも、何か感動するテレビ番組やお話を聞くだけで号泣、なんていうのも日常茶飯事。それもホルモンの影響だったのですね。

 

 

2人目を出産、また来るの?「ガルガル期」

 

上の子が3歳のころ2人目を出産。考えてみたら、妊娠するということは、上の子妊娠時には夫を拒否してはいなかったということなので、少なくとも1年後にはガルガル期は脱していた、ということなんですね。

 

2人目産後すぐは若干、「ガルガル」していたかもしれません、でも1人目の時ほどではなかったのです。上の子もまだまだ甘えん坊、下の子だけを見ていては可哀想ですので、下の子は祖父母に見てもらい、上の子と散歩に行ったりしました。「赤ちゃんを守る」という気持ちよりも、子供2人に「愛情を均等に分けないといけない」、という気持ちの方が強かったからなのかな、と思います。

 

ガルガル期、どうやってやり過ごす?周囲との関係は?

ガルガル期,産後うつ,母乳ノイローゼ,回避,母乳育児

そう言えば、母乳で育てていた私は、授乳期間の間は「自分は哺乳類なんだなあ…」とよく実感していたものです。ガルガルするのは我が子を守るための動物的な本能なのだとすれば、妙に納得してしまいます。

 

赤ちゃん連れの野生動物には気をつけろ、ってよく言いますが、それと同じなんですね。

 

産後のそんなガルガル期、だからこそ事前に世の夫や義父母(実父母)に知っておいてほしい事柄だな、と思います。もし、周囲の人に予め知っておいてもらえれば、余計なトラブルは発生しなくていいのかも、と思います。

 

反面、「ガルガル期には気を使え!」と周りに押しつけるのは「甘えだ」、という意見も聞きます。産後に夫や周囲の協力を得られることが前提の発言である、というわけです。夫や親の協力が簡単に得られない環境の人もいることは確か。周りの人もそれぞれいろんな考えや立場があります。

 

それでも、思い出すのは、「あの時私は意味もわからず、確かにしんどかった」ということ。なんらかの形で、気持ちを理解してくれる、そういう時期をサポートしてくれる場所があったら良かったのになあと思うのです。

 

「今はホルモンバランスが崩れているだけ、時期が経てば落ち着くよ」ってアドバイスしてくれる誰か。それが夫や家族であれば言うことはないですが、友人や第三者的な存在でもいいかもしれません。

 

母親教室は普通にありますが、パパママ教室に、最近では孫育て教室っていうもあるようです。子育てを経験した祖父母世代は、子育てに自信がある人も多く、聞き入れてもらえるかわかりませんが、新しい育児の情報ってなかなかわからないですし、ママから押し付けるのも角が立ちます。こういうデリケートな話を、もっと公の場で具体的に話題にして欲しいなあと願います。

 

まとめ

1. ガルガル期はホルモンバランスの異常が原因。赤ちゃんを守るために自然なことなのです。そういうのがあるって知っておきましょう。

 

2.夫、義父母、実父母に対する嫌悪感、イライラも、干渉されたくない気持ちから。悩んでいる時期にありがたいと思うのは難しいかもしれません。赤ちゃんは1人で育てるのは大変ですから、いつまでもガルガルしていたら、自分の身が持たなくなることがそのうちわかります。

 

3.ガルガル期は長くは続きません。2人目以降は落ち着いてきます。

 

4.ホルモンバランスの乱れが原因であること、周囲に話してみたらだいぶ違うかもしれません。同じ境遇のママさんたちとも話したら共感できるかも。

 

私は、今はもうガルガル期は過ぎたので、さほど遠くない将来、私の子供が出産する時に、いろいろな面で力になってあげたいな、と思います。

スポンサーリンク