子宝力アップ 原因不明不妊 ストレス

原因不明の不妊症。ストレスが影響しているって言われるけど本当?

スポンサーリンク

子宝,原因不明不妊,ストレス

不妊症は「原因不明」が、最も多いといわれています。

 

その「原因不明の不妊の要因」といわれているのが「ストレス」。ストレスは心の問題のような気がしますが…なぜストレスなんでしょうか?

 

ここではストレスと不妊症の関係について、そして身体の仕組みを調べてみました!

 

ストレスと不妊の原因はこの2つ!

子宝,原因不明不妊,ストレス

ストレスが発生すると、人間の脳は「嫌なこと」を回避する為に、身体の準備を整えます。
その準備を身体に命令するのが、脳にある「視床下部」という部分。

 

そして、視床下部の命令によって働くのが
1. 「下垂体」
2. 「自律神経」

という2つの導線。
この2つは女性ホルモンの分泌を司るところでもあり、ここに秘密があるようです。

 

1. 下垂体への影響って?

女性ホルモンを分泌する「視床下部と下垂体」の導線は、過度なストレスが発生すると、生命を維持するための準備を整えます。

 

体が生命を維持する為に優先する順位は、生殖機能よりもストレスの方が高くなっています。ですから、「生殖機能」が犠牲にされてしまうのです。

 

簡単に言うと、
「身体はストレスを生命維持に関与する大問題と捉え、命を守るために生殖機能・卵巣機能の働きを狂わせたり、ストップさせてしまう事がある。」
ということだそうです。

 

2. 自律神経の影響って?

自律神経とは、自分の意思とは関係なく、刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしている神経のこと。

 

自律神経は、交感神経と副交感神経という、2つの神経が、バランスを取り合うことで、身体の機能を保っています。

 

交感神経は、人が活動的なときに働く神経で、副交感神経は、身体を休ませるように働く神経です。

 

ところが過度なストレスがかかると、交感神経が活性化し、身体を休ませる副交感神経が抑制されてしまいます。その結果、生殖機能にも様々な不調が引き起こされるのです。

 

【ストレスによる不調】

●血管が収縮され、血流の問題や冷えを引き起こす
●月経血が逆流し、子宮内膜症を引き起こす
●血流障害が長引き子宮筋腫を引き起こす
●顆粒球が多くなり、卵管の炎症をひき起こす

 

 

このようなことから、生殖機能はストレスの影響を受けやすく、心の作用と身体の機能は深く結びついていることが分かりました。

 

やはりストレスは不妊症の要因の一つだったんですね!
不妊の自覚があり、妊娠を希望するのであれば、ストレスを解消してあげることが大切です。

 

不妊治療中のストレス対策って?

不妊治療中は人間関係や金銭的な負担、先の見えない治療への不安など、様々なストレスがあります。
3年間不妊に悩んだ経験のある私が、ストレスを上手に解消するためにおすすめの対策をご紹介します。

 

●積極的に気分転換をする

子宝,原因不明不妊,ストレス

子供のいないうちだから出来ることを見つけて楽しみましょう!
・旅行
・おしゃれ
・美味しいものを食べに行く
・ジムに行く

 

 

●妊娠のことばかり考えない

子宝,原因不明不妊,ストレス

悩みについて考えないことは、難しいと思います。
でも思いつめてはストレスが溜まる一方です。好きなことに集中したりして、執着している時間を減らしましょう。
ネットであえて不妊関係は見ないのもいいと思います。

 

 

●思いっきり泣く

子宝,原因不明不妊,ストレス

泣くというのはいろいろな意味でデトックスやリラックス効果があるようです。

 

 

●友人や家族と話す

 

不妊治療をしていると、気分が落ち込み人に会うのを避けるようになることもあるかもしれません。しかし、開き直って子供や妊婦さんとも話すようになったほうが、精神的にも楽になったりします。

 

 

●時々サボる!

子宝,原因不明不妊,ストレス

「やらなきゃ!やらなきゃ!」とそこに意識が集中すると、段々と自分の気持ちを袋小路に追い詰めてしまいます。

 

たまには基礎体温も中止して、何も考えずにリラックスする期間をつくりましょう。

 

ストレス対策は自分に合ったものを!

子宝,原因不明不妊,ストレス

不妊とストレスは密接に関わっていることがわかりましたが、不妊の状態が長引くと、不妊治療自体が、ストレスになってしまうこともあります。

 

私の友人も8年という長い間、不妊治療をしていましたが、彼女のストレス解消法はカラオケで発散するというものでした。彼女いわく、大声を出すとスッキリするそうです。

 

ストレスによって体調がどんどん悪くなるのであれば、回復させる時間はとても大切です。是非、自分に合ったストレス解消法を見つけて、リラックスして治療に取り組んでくださいね。

 

まとめ

ストレスを回避するために身体の準備を整えるのが「視床下部」という部分であり、
その命令を身体に伝える導線は
1. 「下垂体」
2. 「自律神経」

この2つがストレスによって影響されることが不妊の原因になると言われている。

 

ストレス解消方法は
「気分転換」「妊娠のことばかり考えない」「思いっきり泣く」「友人や家族と話す」「夫婦で協力していく」「時々サボる」

 

ストレスを溜めないコツは、ずばり頑張り過ぎないこと!
不妊治療と上手に向き合って可愛い赤ちゃんを待ちましょう!

 

(コラム*ポテトさん、3年間の不妊治療経験があるママライター)

スポンサーリンク