妊娠トラブル 強烈な眠気 対処法

突然強烈な眠気が襲う妊娠トラブル、その原因と対処法を考える

スポンサーリンク

水頭症,中絶,早産,ハイリスク妊娠,妊娠トラブル,眠気

妊娠するとどうしようもなく襲ってくるのが「眠気」です。
この眠気は妊娠初期から始まり、人によっては出産まで続く人がいます。
特に妊娠初期には我慢できないほどの眠気に襲われるということも良くあることで私も強烈な眠気に何度も襲われました。
けれども、どれだけ寝ても眠気が治まらないというのは困ってしまいますよね。
そこで今回は妊娠中の眠気の原因と対策を紹介します。

 

妊娠中は眠気との戦い

水頭症,中絶,早産,ハイリスク妊娠,妊娠トラブル,眠気

妊娠中はどれだけ寝ても「体がおかしいんじゃないか」というほど眠たくなります。
私は自転車に乗っていても目が閉じるほど眠たかったです。
この眠気にはきちんとした原因があり、妊娠初期・中期後期でそれぞれ異なります。

 

妊娠初期の眠気は「プロゲステロン」という女性ホルモンが原因です。
妊娠するとまず「HCG」と言うホルモンが分泌され、それがプロゲステロンの生産を促します。
プロゲステロンには体温を高める作用があるだけでなく、直接眠気を促す作用があるので「常に眠たい」状態になると言うことです。
妊娠初期の眠気は「眠りつわり」とも言われており、妊娠12週から16週ごろまで続きます。

 

妊娠中期は、妊娠初期ほど強い眠気は感じませんが、お腹が大きくなってきた影響で疲れやすくなります。
またプロゲステロンの分泌も続いているので眠くなりやすいです。
妊娠中期に入るとつわりが治まり食欲が増してくるので、食べ過ぎて満腹になってしまい眠くなることもあります。

 

妊娠後期の眠気には、プロゲステロンではなく「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンの分泌が増えます。
これは眠気を抑える作用があるのですが、そのせいで夜の寝つきが悪くなって睡眠不足に陥り日中眠たくなってしまうのです。
また妊娠後期はお腹もかなり大きくなっていますので疲労感を感じやすくなり眠気を催します。

 

妊娠中の眠気対策

 

妊娠中に眠たくなったときは、眠気に身を任せて体を休ませるのが一番です。
ただ、仕事や家事などがあり、ずっと寝ているわけにもいきませんよね。
そんなときの眠気対策をご紹介します。

 

まずは冷たい水で顔を洗ってみましょう。
メイクをしているときは出来ませんが、冷たい水で顔を洗うことは最も簡単で最も効果的な方法です。
メイク等をしていて顔を洗えないときは冷たい水で手を洗うだけでも眠気対策になります。

 

また、肩を回したり、立ち上がって屈伸するなど簡単な運動をすることも眠気を抑えることが出来ます。
外の空気を吸いに十分程度散歩をすることも眠気解消になります。

 

他にも、ガムやキャンディーで口を動かすことで眠気が解消されます。
スッキリとするミント系のガムなどがオススメです。

 

もう何をしても眠気が治まらない場合は、思い切って十分ほど仮眠しましょう。
どうしても一度寝てしまうと起きられないと言う人は、座ってそっと目を閉じてみるだけでも効果が得られます。
たった十分で熟睡は出来なくても、眠気は格段に減ると思います。

 

妊娠中の眠気は仕方がない

水頭症,中絶,早産,ハイリスク妊娠,妊娠トラブル,眠気

妊娠中に寝てばかりいると、家事がどうしてもおろそかになってしまいがちになってしまうということもあるかもしれません。
「外へ仕事に行っている主人に申し訳ない」という気持ちになってしまうと思います。
そのため「妊娠中は眠くなるもの」と家族などに理解してもらうことが必要です。

 

妊婦さんは赤ちゃんをお腹の中で赤ちゃんを育てるという、とても大変な仕事をしているので「少しぐらい家事がおろそかになってもかまわないでしょ」というくらいの気持ちでいましょう。
私もキッチリ家事をこなそうという考えでなく、無理せず「眠いときは寝る!」という生活を送っています。

 

また妊婦さんが眠たくなるのは体が休んで欲しいというサインなので、寝ることが出来るときはしっかり寝ておきましょう。
妊婦さんは何もしていなくても、体はお腹の赤ちゃんを守り、栄養を届けようと常に一生懸命に働いています。
寝てばかりいるのに眠気が治まらないのは体が休息を求めている証だと考えましょう。

 

まとめ

水頭症,中絶,早産,ハイリスク妊娠,妊娠トラブル,眠気

妊娠中の眠気にはホルモンが大きく影響しています。
また妊娠期間が長くなるにつれてお腹も大きくなり疲れやすくなることから眠たくて仕方がなくなります。
それは体が休息を求めている証拠ですので休むことが出来るときはゆっくり休みましょう。
赤ちゃんが産まれたら寝たくても寝ることが出来なくなるので今のうちに寝られるだけ寝ておきましょう。

 

また眠気が強いと外出や家事をしているときにあまりの眠さで倒れこんでしまうこともあります。
特に運転中や料理中に眠くなると危険なので注意が必要です。
やらなければならないことがまったくできずに悩んでいる人も多いかと思います。

 

ですが、この眠気には誤魔化すことは出来ても根本的に改善することはどんなに頑張っても出来ません。
そのため妊娠中の眠気には周囲の人たちにもよく理解してもらうことが大切になってきます。
理解してもらえず「怠けてばかり」と思われても嫌ですよね。
お互い我慢してストレスを溜め込むより「妊娠中は仕方がない」とお互い割り切って過ごしてくださいね。

 

スポンサーリンク