妊娠中の食事

妊娠中の食事、お腹の赤ちゃんの為に気をつけたこと

スポンサーリンク

水頭症,中絶,早産,ハイリスク妊娠,妊娠中の食事

妊娠をするとお母さんの食べたものが、そのままお腹の赤ちゃんの栄養となっていきます。

 

そう考えると、赤ちゃんのために少しでも良いものを食べて、元気に育って欲しいですよね。
私が妊娠してから、赤ちゃんのためにと思い積極的に摂取した食べ物と、摂取することを控えた食べ物をご紹介したいと思います。

 

積極的に摂取したい食べ物

「妊娠中は一人だけの体じゃないのだから二人分食べないとダメよ!」などと昔はよく言ったものですが、むやみに食べ過ぎるのはいけません。カロリーの過剰摂取は赤ちゃんにも影響を及ぼし、妊婦さんも体重が増加しすぎてしまうなど、健康上良くありません。

 

そこで大切にしたいのは、食事の量ではなく質です。また、栄養の過剰摂取や偏りにも十分注意して様々な食材を使ってバランスの良い食事を心がけていきましょうね。

 

まず、積極的に取っていきたいのは健康の代名詞「野菜」です。
特に緑黄色野菜がオススメです。人参は年中安価で購入できますし、料理にも使いやすい緑黄色野菜です。私の妊娠中期から後期は秋から冬だったので「ほうれん草・ブロッコリー・カボチャ・春菊・水菜」など季節の野菜を積極的に取っていました。

 

野菜を摂取する際は生ではなく、暖かくして食べるほうが良いです。調理の際、ゆでると栄養が逃げてしまいがちになってしまいますので、流れ出た栄養をそのまま摂取できるスープや電子レンジでの調理をオススメします。

 

また体の主成分となる良質のタンパク質は、赤ちゃんの発育には欠かせない栄養素です。
特に大豆食品には植物性タンパク質が豊富で、動物性タンパク質のものよりも」低カロリーなのです。

 

ほかにも、各種ビタミン類、食物繊維やミネラルもたっぷりと含んでいる優秀な食べ物。豆腐や納豆、おからなど、お味噌には塩分が多く含まれていますので、注意してしっかりと摂取していきたい食品です。

 

食べることを控えた食べ物

水頭症,中絶,早産,ハイリスク妊娠,妊娠中の食事

妊娠中にひかえたほうが良い食べ物は、生ハムやレアステーキといった「生もの」です。
生ものを食べると「トキソプラズマ」に感染してしまう可能性があるからです。トキソプラズマとは生肉の中にいる可能性がある寄生虫です。このトキソプラズマに感染すると、お腹の中の赤ちゃんの脳に異常が出てしまう可能性がありますので、食べることは控えたほうが良い食品です。

 

また良く耳にするのが「マグロなどの大型魚」を口にすることも良くないとされています。
この原因としてマグロに含まれる水銀が関係してきます。水銀はお腹の赤ちゃんの神経に異常が出てしまう物質です。マグロ等の大型魚に関しては「口にしてはいけない」というわけではなく「過剰摂取は避けたほうが良い」ということですので、知らず知らずのうちに食べてしまったからと過度な心配は必要ありません。

 

そして、もちろんのこと「アルコール」は摂取してはいけません。お酒好きの方にはとても辛いと思いますが、アルコールがお腹の中の赤ちゃんに与える影響は大きいです。その影響とは、奇形、未熟児、胎児性アルコール症候群によう発達の遅れや脳の発達障害の可能性があるということです。しかし、全くアルコールを摂取してはいけないというわけではなく、多少の飲酒なら可能だと考えられています。

 

無性に食べたくなる食べ物

水頭症,中絶,早産,ハイリスク妊娠,妊娠中の食事

妊娠中は食の好みが変化することも多いです。かく言う私は、一人目のときには妊娠前はあまり好まなかった「揚げ物やカレー」が無性に食べたくなっていました。野菜は全く食べたく無かったです。

 

驚くことに生まれた息子も揚げ物やカレーが大好きで野菜は全く食べません。また今回の妊娠では「甘いものと野菜」が無性に食べたくて仕方がありません。妊娠前は甘いものは全く食べなかったのですが、毎日でも食べたいほどの欲求に駆られます。

 

何故か好むものは太りそうな食べ物ばかりですね。もしかしたらお腹の中の子の性別や好みによってお母さんの食の好みも変わるのかもしれません。妊娠中に好んで食べていたのもが、将来お腹の赤ちゃんの好物になっているかもしれませんね。

 

まとめ

水頭症,中絶,早産,ハイリスク妊娠,妊娠中の食事

妊娠中は積極的に摂取したほうが良いものと、控えたほうが良い食べ物があります。野菜などは栄養をたくさん摂取することが出来、カロリーも低いので積極的に摂取したいですね。また生肉は控えたほうが良いですが、マグロやお酒などは過剰摂取を避ければ問題はないのであまり神経質にならないようにしましょうね。
そして食の好みが変化し、食欲を抑えることが辛くなってきます。ですが体重の過剰な増加は母子共に危険があるので、好きなものを好きなだけ食べるということは避けましょう。

 

何事もバランスが一番大切なので、色々な食材をバランスよく食べることが健康な赤ちゃんを産むことに繋がります。好きなものを好きなだけ食べたいという欲求に駆られますが赤ちゃんを健康に育てるためだと思い、辛い食事制限も乗り切りましょう。

スポンサーリンク