妊娠検査薬等で妊娠しているかの判断が出来る前に、「あれ?!なんだかいつもと違うような???」という妊娠による症状や変化を感じるのが妊娠超初期症状
妊娠3-5週目にあたる時期に現れます。

身体の変化を感じて、「きっと妊娠した!」と妊娠を確認する人もいれば、実際にその期間には特別気にしていなくても、妊娠発覚後、「そういえば、生理予定日前に頭痛があったな」等、思い出してみると何かしらの症状があったという場合も。とはいえ、つわりと同じで、全員に同じ症状が現れるわけではないですし、何も感じなかった人もいます。

そこで妊活中の方は特に気になる【妊娠超初期症状】。さまざまな症状がありますが、中でも経験者が比較的多い23タイプについて、先輩ママの経験談を集めてみました。

スポンサーリンク





よくある妊娠超初期症状 体験談23

出血 → 体験談を見る!

発熱 → 体験談を見る!

いつもと違うおりもの → 体験談を見る!

頭痛 → 体験談を見る!

倦怠感 → 体験談を見る!

眠気 → 体験談を見る!

腰痛 → 体験談を見る!

下半身の痛み → 体験談を見る!

胸が張る → 体験談を見る!

お腹が張る → 体験談を見る!

腹痛 → 体験談を見る!

頻尿 → 体験談を見る!

便秘 → 体験談を見る!

下痢 → 体験談を見る!

肌荒れ → 体験談を見る!

吹き出物 → 体験談を見る!

基礎体温の変化 → 体験談を見る!

臭いに敏感になる → 体験談を見る!

唾液が増える → 体験談を見る!

鼻水が増える → 体験談を見る!

胃痛 → 体験談を見る!

嗜好の変化 → 体験談を見る!

無気力 → 体験談を見る!

※あくまでも一個人の経験談ですので、中には医学的に間違えた見解などあるかもしれません。一般の先輩ママの経験談として参考になれば幸いです。