股関節痛 妊娠トラブル 経験談

正産期の辛い「股関節痛」。とこちゃんベルトで改善

股関節痛,妊娠トラブル,経験談

 

つわりも治まり、元気なマタニティーライフを満喫できるようになった頃でした。正産期にも入り、もういつでも産まれて良い状態と言われましたが、まだまだ子宮口が固いのでよく歩くように病院で指導され、なるべく毎日たくさん歩くようにしていました。

 

そんなある日、急に股関節が痛くなったのです。最初はなんだか痛いな、と感じる程度だったので、その日は外出を控え、家でゆっくり過ごしました。

 

しかし、翌日になっても痛みはひかず、どんどん痛くなる一方でした。挙げ句の果てには、まともに歩いたり、階段の上り下りが全くできなくなってしまうほど痛みが出てしまいました。

 

立っているだけでも辛いので、座っているか横になっているかだけの生活になってしまうほどの股関節痛でした。検診で相談しても原因はわかりませんでしたが、お腹が大きくなっていることで歩くことにより股関節に負担がかかったのかもしれません。

 

妊娠中のトラブル:股関節痛
週数:38週

 

スポンサーリンク

 

股関節痛を解消するのに有効なこと

 

正しい骨盤ベルト(とこちゃんベルト)の着用が一番手っ取り早く痛みが和らいだ方法でした。

 

また、病院で無理に動かさない方が良いと指導されたので、散歩などの運動も控え、安静に過ごしました。

 

特に効果的だったのは、均整院への通院でした。無理にマッサージをしたり整体をする方法とは違う均整院は、妊婦でも安心して通えましたし、施術を受けた当日は嘘みたいに痛みが和らぎました。臨月まで定期的に通院して、お産に臨みました。

 

それ以外では、お風呂でよく温めてから自分で少しマッサージをしてみたり、お腹が下がって重くなっていることが原因かな?とも思い、お腹をしっかり支えてくれるタイプのマタニティーインナーを着用したりしていました。

 

 

妊娠期間を振り返って

 

私のマタニティーライフは辛い悪阻からはじまりました。毎日点滴に通い寝たきりの生活でした。

 

そんな悪阻を乗り越え、妊娠してから一番幸せに感じたのはやはり胎動でした。赤ちゃんが成長するにつれてポコポコと感じる胎動は大きくなり、一心同体の喜びを感じることができ、辛いスタートだったらマタニティーライフを乗り越えることができました。

 

※当サイトに寄せられた個人の経験談を掲載しています。

スポンサーリンク