眠気 妊娠トラブル 経験談

妊娠中ずっと続いた「眠気」。昼寝ぐうたら妊婦の私でした

眠気,妊娠トラブル,経験談

妊娠発覚からひどいつわりに悩まされたのですが、同時に、寝ても寝ても眠気があるという状態がはじまり、出産まで続きました。

 

仕事も辞めたので、どれだけ寝ても問題はありませんでしたし、つわりに耐えながらとにかく「吐く」か「眠る」かで安定期までを過ごした私としては、眠気に助けられた部分も大きかったです。

 

おなかが大きくなってから、同じく妊婦の友人から、妊娠すると眠気に悩まされやすいものだと聞き、なるほどと思いました。今思えば、赤ちゃんが生まれたら10時間近く連続して眠ることなど許されない生活がはじまりますから、細切れ寝でも大丈夫な体になるようホルモンかなにかの関係で眠気が強くなるのではないかなと思います。

 

出産後は眠気が強いということもありませんでしたので、妊娠中眠気が強いとお感じになる方は、どうか、体の声に従って、ここぞとばかりにたくさんお眠りになってください、と言いたいです。

 

妊娠中のトラブル:眠気
週数:妊娠中ずっと

 

スポンサーリンク

 

眠気を解消するのに有効なこと

眠気,妊娠トラブル,経験談

眠気に従ってお昼寝することは問題ないと思うのですが、それでも、安定期を過ぎると体重増加に気をつけなくてはならなかったりしますから、食べて寝ての生活はあまりよくないと思います。

 

そんな時は、近場を無理のない程度にお散歩するのがいいのではないでしょうか。お散歩がすんだらまた眠たくなるかもしれませんが、一運動後のお昼寝ならば、体を休ませる効果もありますし、赤ちゃんのためにもよいでしょう。

 

お仕事している方は眠気にともなう体のだるさや、集中力に欠ける点など悩ましいかもしれませんが、妊娠経験のある方ならばわかってくださることと思いますので、職場に先輩ママがいたらぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

 

くれぐれも、眠気を覚ますためにコーヒーを…などと考えないでくださいね。カフェインの取りすぎは、赤ちゃんによくないといわれていますよ。

 

 

妊娠期間を振り返って

 

私の妊娠生活は、とにかく、つらかったです。

 

一人目妊娠も、二人目妊娠も、とにかくひどいつわりで、入院、点滴、何をしても吐いて吐いて大変でした。結局つわりは出産までつづき、陣痛室でも吐いていましたので、そういう体質だったのでしょう。

 

出産と同時につわりもおわり、とにかく気分爽快で幸せを感じたことを覚えています。

 

※当サイトに寄せられた個人の経験談を掲載しています。

スポンサーリンク