痔 妊娠トラブル 経験談

ひどい便秘で踏ん張ったら、妊娠30週でいぼ「痔」に

痔,妊娠トラブル,経験談

便秘気味の時にになりました。いぼ痔です。大便が出るまで踏ん張ってしまった事が原因でした。

 

それまでも妊娠してから便秘になる事はあったけど、少し踏ん張ってもいぼが出てきてしまう事は無かったのに、妊娠週を重ねるごとに便秘が酷くなり、30週で自分でも自覚できるくらいのいぼ痔になりました。

 

トイレットペーパーで拭くのも痛くて、拭ける範囲で拭いてお風呂で清潔になる様に洗いました。その時、鏡で見てみたらプクッと親指の爪位のいぼ痔が見えました。

 

とりあえずネットで「妊婦 」でたくさん調べてみたら、意外とに悩まされる妊婦さんが多い事がわかりました。

 

私の場合は自然に引っ込んでくれるくらいの優しいいぼ痔だったので、30分もすればいぼ痔も消えてました。
ただその後のトイレでは、踏ん張る事はしないようにしました。

 

 

妊娠中のトラブル:痔
週数:30週

 

スポンサーリンク

 

痔を解消するのに有効なこと

痔,妊娠トラブル,経験談

痔を解消するには、便秘になりにくい食事をする事だと思います。

 

例えば…
・食物繊維を多く含む野菜などをしっかり取ること
・ヨーグルトなどを食べる事

 

消化の良い食事ばかりでは、便の材料になる食物繊維が足りなくて便秘になりやすいとも聞いた事があります。だからと言って、例にあげたような食物繊維ばかりを多く取ったり、ヨーグルトだけをたくさん食べるのは違います。バランスよく全てを摂取するようにする事がとても大事だと思います。

 

私自身、バランス良くってどんな感じなんだろうと、難しいなと悩みました。野菜の栄養素を調べたりしましたが面倒で続かずでした。でも言えるのは、色んな野菜をお肉と炒めたり、サラダを食べたり、デザートにヨーグルトやフルーツ、牛乳を1日一杯は飲んだり、偏った食事を解消させた事で、便秘が少し解消しました。

 

あと気をつけることは、トイレで踏ん張りすぎないことです。踏ん張る事でお尻の穴が開き、いぼ痔が出てきてしまうので、大便が出ない時は諦める事です。長くても5分以上はトイレにいない様にした方が良いみたいです。

 

 

妊娠期間を振り返って

 

妊娠生活で大変だなと思った事は、つわりです。食べたい物が偏り、外での食事なんてできませんでした。白米の匂いがつわりを悪化させたり、ご飯が美味しく食べれなかったです。

 

ただそれも短い期間です。

 

それ以外は睡眠に悩まされたりもあったけど、それも気にならないほどのんびり過ごせて、ご飯も美味しくて、お出かけもそれなりにできて楽しいです。

 

胎動を感じるようになってからは会話もして、返事をしてくれているようで幸せでした。

 

※当サイトに寄せられた個人の経験談を掲載しています。


スポンサーリンク