肩こり 妊娠トラブル 経験談

「肩こり」が、週数が増える度にどんどんヒドクなる

肩こり,妊娠トラブル,経験談

 

妊娠する前から肩こりがひどかったのですが、妊娠してから胸やお腹が大きくなるにつれて、姿勢が猫背になることが多くなったり、湯船に浸かる回数が減ったり、体がだるくてストレッチや運動をする回数が減ったりした結果、肩こりがさらにひどくなってしまいました。

 

肩こりを自覚しておきながら整体へ行ったり改善しようという気持ちがなかったので、日に日に体の痛みや疲れがひどくなってしまってとても辛かったです。

 

疲れてしまうと家事がおろそかになったりさらに動かなくなってしまったり頭痛などを引き起こしてしまったりと他の痛みなども出てきてしまい悪循環になってしまいました。

 

妊娠初期から辛い肩こりを感じ、週数が増えるにともないどんどんひどくなり、出産までずっと肩こりに悩まされました。

 

妊娠中のトラブル:肩こり
週数:7〜38週

 

スポンサーリンク

 

肩こりを解消するのに有効なこと

肩こり,妊娠トラブル,経験談

適度な睡眠と運動、湯船にゆっくり浸かってストレッチをする事が大切だと思います。また、体を冷やさないようにしたり、血行を良くしたりすると肩こりだけでなく体全体のコリが解消されます。

 

あまりにも辛い肩こりでしたら整体などに定期的に通い体をほぐしてもらった方がいいと思います。しかし整体だけではやはりなかなかすぐに肩こりを解消することは出来ないので、日常生活で自分で出来ることはなるべくやるようにした方が良いでしょう。姿勢を意識して変えるだけでも全然違いますし、ちょっと空いた時間に肩を回したり手を挙げて伸びをしたりするだけでもどんどん変わってくるのでぜひ試してみてください。

 

食べ物もできるだけ体を冷やすものではなく温めるものを多くとるようにするとよりいいと思います。

 

 

妊娠期間を振り返って

 

毎回検診の度に、赤ちゃんの成長具合を見れることが一番の幸せでした。どんどん人間らしい形になりどんどん顔などもはっきりしてきて、より可愛いなと思えるようになりました。

 

こういう幸せを味わえるのは女性だけですし、妊娠期間約10ヶ月を楽しく快適に過ごせたのは周りの人達の支えがあったからで、周りの方々に本当に感謝です。

 

※当サイトに寄せられた個人の経験談を掲載しています。

スポンサーリンク