坐骨神経痛 妊娠トラブル 経験談

お腹が膨らむ30週から「坐骨神経痛」に!産んだら即解消!!

坐骨神経痛,妊娠トラブル,経験談

つわりも落ち着き、胎動を感じながら幸せを感じる日々の頃、坐骨神経痛に悩まされるようになってしまいました。

 

妊娠後期になってだんだんとお中が大きくなってきてかばうように歩いていたせいもあるかもしれませんが、ある日いつものようにキッチンの椅子に座ると腰にズキズキと痛みを感じるようになりました。初めての妊娠だったので、いろんなことがあるから気をつけようと思っていましたが、その日からどこにどんな姿勢で座っても腰がズキズキ、ビリビリと痛むようになりとてもつらかったのを覚えています。

 

どんどん臨月になると余計にお中が前に出ますし背中をソリ気味にしていたのが悪かったのか、特に私は座ると本当に痛くて困りました。出産時に使う予定で用意しておいたドーナツ座布団などを産む前から使っていたりしましたが、どうにもどの角度に座ってみても痛むのでこれは大変なことが起きてしまったなぁと思いました。

 

妊娠中のトラブル:坐骨神経痛
週数:30週〜

 

スポンサーリンク

 

坐骨神経痛を解消するのに有効なこと

 

検診のときに先生に相談したら、「トコちゃんベルトなどで骨盤を少し締め気味にして、赤ちゃんの重さを軽減するくらいしか対応出来ない」と言われました。

 

それと、「まずはあまり気にしないで動けるときはじっとしないで動くこと。また腹筋が弱っているせいもある」とも言われましたので妊婦ですがちょっとお腹に力を入れてみたり、左右に身体を揺らしたりするようにして筋肉を刺激して筋力が下がらないように気をつけて出産を迎えました。

 

また出産したら嘘みたいに痛みがなくなってびっくりしました。

 

やはり赤ちゃんの重みが一番の原因だったのだなぁと思います。また姿勢にも気をつけて普段から腹筋は弱めないようにすることが、坐骨神経痛にならないようにするために必要かもしれません。

 

 

妊娠期間を振り返って

 

妊娠生活中、自分一人ではなく二人の命を守っている、ということをいつも心にとめて普段以上に食事に気を使ったりしていました。

 

おなかの中の赤ちゃんは外の音が聞こえるというので、胎教に良さそうな音楽などを沢山聴いてゆったり過ごしていました。

 

※当サイトに寄せられた個人の経験談を掲載しています。

スポンサーリンク