口臭 妊娠トラブル 経験談

妊娠中にまさか「口臭」で悩まされるなんて

口臭,妊娠トラブル,経験談

妊娠20週に入るより前から、自分の口の中が風邪をひいている時のようにまずくてモヤモヤした感じがありました。そのせいで何を食べても後味が気になってしまいました。

 

そして、つわりが落ち着いてからも嘔吐してしまうことが多々あり、吐き気でまともに歯磨きができないことがありました。この頃に夫から口臭が少し気になると言われてしまったのです。私は自分の口がまずいだけで、まさか他人に口臭があると思われているとは思っていませんでした。

 

気になって夫に口臭がどれくらいきついか尋ねてみました。すると夫は臭いと言いにくかったようで、会話している時に今までとは違う臭いがすると言いました。かなりショックでしたが、自分では気がつかなかったので早い内に夫が教えてくれて良かったです。

 

妊娠中のトラブル:口臭
週数:20週頃

 

スポンサーリンク

 

口臭を解消するのに有効なこと

口臭,妊娠トラブル,経験談

私が口臭を解決する為にしたことは主に3つです。

 

一つは人と近距離で会話する時にマスクをつけることです。

 

そしてもう一つは積極的に歯磨きをすることです。食後でなくても、吐き気がなく口の中がモヤモヤした感じがする時には歯磨きをするようにしていました。そのため外出する時には歯磨きセットを携帯するようにしていました。

 

また自分にとって一番有効だったのがマウスウォッシュの利用です。歯磨きよりも手軽ですぐにできて、気分が悪かったり少々吐き気があってもうがいだけならできました。私はアース製薬のモンダミンを使用していました。モンダミンはいくつか種類がありますが、センシティブという低刺激タイプのものを使っていました。妊娠中は口の中に入れるものは何かときになるので低刺激が良かったし、低刺激で辛くないので使ったあとに口の中が痛くなったり、後味が気になったりすることがなく良かったです。

 

 

妊娠期間を振り返って

 

妊娠初期はとにかくつわりが辛かったです。私の場合は嘔吐がひどく一日ずっと気分が悪くて食事ができず体重もどんどん落ちてしまいました。

 

しかしこの時期を乗り越えて安定期に入ると食事もできるようになり、嘔吐の回数も減って嬉しかったです。この頃から少しずつ胎動を感じるようになりました。お腹がポコポコ動いて自分のお腹の中で赤ちゃんが育っていることを実感できて愛おしくて幸せな気持ちになりました。

 

※当サイトに寄せられた個人の経験談を掲載しています。

スポンサーリンク