おなら 妊娠トラブル 経験談

妊娠後期は腹筋に力が入らず「おなら」を我慢するのが大変!

おなら,妊娠トラブル,経験談

 

妊娠中期ごろから、すかしっぺのようなおならが出ていました。初めは我慢することもできていましたが、妊娠後期になるにつれおなかが大きくなり、我慢することも難しくなってきました。

 

また、寝ている時でも、おならが出るようになりました。里帰り出産なので、夫と一緒にいることは少なく直接おならを聞かれたことは少ないと思いますが、一緒に寝ているとき聞かれたら・・とハラハラしていました。

 

そのほかにも、出かけているときに、おならがしたくなったり、とにかく我慢ができなくなってきました。おならの原因は、大きくなった子宮が腸を圧迫して、ガスが溜まりやすくなっているから。そして、赤ちゃんが大きくなっている分、腹筋に力が入らなくなるので、起き上がることも大変ですが、おならを我慢することも大変でした。

 

妊娠中のトラブル:おなら
週数:33週〜

 

スポンサーリンク

 

おならを解消するのに有効なこと

おなら,妊娠トラブル,経験談

私は、妊娠中期の血液検査で貧血気味とのことで、先生から鉄剤を出してもらっていました。その薬の副作用で少し便秘気味でした。そのため、根菜類やヨーグルト、フルーツなどを便秘解消としてよく食べていました。おならの原因は便秘もあると思います。便秘にならないほうが、おならの回数も減ってきます。

 

おならは我慢しすぎるのも良くないと思うので、おならが出そうになったときは、トイレに急いでいきました。我慢すると逆にガスがたまってしまい体に良くないので、出したいときは出すのが一番だと思います。

 

 

妊娠期間を振り返って

 

おなかが大きくなる前の妊娠初期は、自分が母親になる実感はありませんでしたが、おなかが大きくなるにつれてじわじわと実感できてきました。

 

家に引きこもっていることが好きではなかったので、つわりが終わったぐらいから、たくさん出かけたりしていました。体調がいいときには、旦那と遠出してみたり、お互い大好きなディズニーランドに遊びに行ったりと、活発だったと思います。

 

また、胎動が感じられるようになってくると、さらにうれしさと、早く赤ちゃんに会いたい気持ちが増してきました。妊娠後期の胎動は痛いと思うことが多かったのですが、妊娠中期のころのぽこっとした胎動はとてもいとおしく思います。

 

※当サイトに寄せられた個人の経験談を掲載しています。

スポンサーリンク