臍帯巻絡 妊娠トラブル 経験談

予定日を過ぎて「臍帯巻絡」発覚。その後帝王切開で出産

臍帯巻絡,妊娠トラブル,経験談

 

予定日を過ぎた妊婦検診でのNST(ノンストレステスト)の際に、お腹が張った時に胎児の心拍が急激に低下していることがわかりました。
私が通院していた病院が個人院ということもあり、すぐさま大きな総合病院に行くよう言われました。

 

正直、何が起きたかわからず、泣きそうになりながら家族に連絡し、紹介された病院へ向かいました。病院につくと、エコー写真やNSTをし、診察の際に「今から入院してください」と告げられました。診察後、継続してNSTをしているとやはりお腹が張った時に心拍が下がってしまい、自然分娩になると胎児の安全を保証できないと言われました。

 

結果、その日のうちに帝王切開となり、無事に元気な女の子を出産することができました。胎児の心拍が下がってしまっていた原因は臍帯巻絡。首にへその緒が絡まっていたのでした。

 

なんで、いつ絡まっていたのかわかりません。ただ毎日お腹が下がるようにと散歩や家事、雑巾がけをしていたのに全くお腹が下がらなかったのですが、その理由も、臍帯巻絡だったのだと思います。

 

 

妊娠中のトラブル:臍帯巻絡
週数:40週

 

スポンサーリンク

 

臍帯巻絡を解消するのに有効なこと

臍帯巻絡,妊娠トラブル,経験談

私は出産直前まで臍帯巻絡が起きているなんて全くに気が付きませんでした。そもそも、前回の妊婦検診まではなにも異常がなかったのですから。

 

自覚症状があるわけではないし、エコーをとったところでわかるものでもありませんでした。ですので、臍帯巻絡を解消するために何かをしたということではありませんでした。予定日も過ぎていたので、病院を変えてあっという間に出産で、気持ちがついていきませんでした。

 

ただ、きちんと妊婦検診を受けて、少しでもおかしいと思ったらすぐに先生に相談することが大切なのではないかと思います。
私のように陣痛が来る前に臍帯巻絡だということがわかって、大きい病院に紹介してもらい、すぐに対応することができる場合もあると思います。

 

出産は何があるかわかりませんが、自分ができることをやれば未然に防ぐこともあると思います。

 

 

妊娠期間を振り返って

 

先に辛かったことを書くと、つわりです。
妊娠初期は吐きづわり、よだれづわり、痰づわりに悩まされていました。食べても全部戻してしまい3キロ減りました。よだれづわり、痰づわりに関しては毎日ペットボトルに周囲にバレないようによだれや痰をだしていました。

 

また、後期づわりは脂っこいものを食べるとすぐ胃もたれがして辛かったです。基本、お肉を取らず、野菜、魚を食べてました。

 

妊娠してよかったことは、母がどんな思いで私をお腹のなかで育ててくれたのか知ることができました。また、周りの人、特に家族の協力に感謝することができました。

 

※当サイトに寄せられた個人の経験談を掲載しています。

スポンサーリンク