卵子の老化 ルンルンクリック 1-1

高齢による不妊に悩む夫婦は年々増えていますが、40歳女性の自然妊娠確率は5%しかないといわれています。

4年前に放送されたNHKの番組で、「卵子の老化の衝撃」という特集が組まれていました。番組放送時は新婚生活を送っていた私。まさか「その後自分が不妊治療をする」なんて思ってもみなかった私でも、その内容は衝撃的だったことをよく覚えています。

「卵子が老化する」なんていう怖い話…本当なんでしょうか?

「卵子の老化」とその対策を調べてみました!

卵子の老化って何?

2012年2月14日(火)放送NHKスペシャルクローズアップ現代(産みたいのに産めない ~卵子老化の衝撃~)

当時の放送内容をまとめると

卵子の数が最も多いのは胎児のとき。そこから卵子はどんどん減少していき、50歳でゼロになる※毎日作られる精子とは違って、新しく作られることはない

加齢により遺伝のもとになっている染色体の異常が増えてくる

これらが原因で、妊娠能力がどんどんなくなり、妊娠しないことがおきます。流産や、着床障害、そして受精の障害もおこってくるそうです。

やはり、卵子は老化します。

そして卵子の老化は、女性にとって避けられない現象です。

不妊症の患者数は20代の前半では6%ですが、40代の場合はなんと64%になるそうです。この数値からも、20代が一番妊娠しやすいことが分かりますね。

「卵子の老化」は、この辛口の表現を変えれば、「健康で元気な卵子が年齢によって減っていく現象」を表しているみたいです。

不妊症の原因になる卵子の老化は知られていない!

卵子の老化 ルンルンクリック 1-3
こうした卵子の老化や不妊症の知識は、学校全然で教えくれなかったですよね?私の高校の教科書にも、家族計画という言葉は出てきましたが、「不妊症」はでてきませんでした。性教育の授業では妊娠の危険性ばかりを教えて、出産の実態は教えてくれないことが問題なんです!

35歳で体外受精した人のうち、子どもが産まれた割合は16.8%。そして、40歳では8.1%です。この数値は不妊治療に訪れて初めて知る人が後を絶たないそうです。

最近は40代で出産できる人もいますが、医学の進歩があっても女性の体は若返りません。卵子の老化を知らなかったために、今、不妊治療で苦しんでいる女性が多くいます。

スポンサーリンク





高齢による不妊症が増えてる…その理由って?

卵子の老化 ルンルンクリック 1-4
では、なぜ高齢による不妊に悩む現象が増えているのでしょうか

そこには、晩婚化の影響が大きく絡んでいるようです。初産年齢の上昇には、初婚年齢の上昇が比例しており、高齢出産の原因の一つになっています。

厚生労働省の年次表によると、最新の2012年では、女性の平均初婚年齢は29.2歳。1980年の平均初婚年齢が25.2歳なので、約30年で4歳も女性の結婚が遅くなっています。
そして、平均初産年齢は30.3歳です。多くの女性が30歳を超えてから出産を経験するのが、今の日本なんです。

独身女性にこそ知ってほしい、卵子のタイムリミット

卵子の老化 ルンルンクリック 1-5
私の周囲には、30代で独身の友人がたくさんいます。彼女たちは「いつか結婚したいし子供も産みたい」と思っています。

恋愛や婚活に臆病になっている独身女性にこそ「卵子の老化」を知ってもらい、少し焦ることが婚活の一歩を踏み出すきっかけになればいいなと個人的には思います。不妊治療を先延ばしにするほど「卵子のタイムリミット」が迫るように、「結婚」を先延ばしにすることは「卵子にとってのリスク」だからです。

不妊治療で卵子の老化に大切なのは、計画性

卵子の老化 ルンルンクリック 1-6
いくつになっても子供が産めると考え、一生懸命働き続けている女性はたくさんいるんじゃないでしょうか?

ですが加齢で卵子は老化し、不妊や先天性疾患の確率が高まることは事実です。人間外見も中身も年を取るのだから、当たり前のことなのかもしれません。出産を望むなら、パートナーと今後の計画を一度見直しましょう。

大切なのは、すぐ行動すること。

卵子の老化は止められませんが、諦めなければきっと叶います。
そして毎日できることは、今の自分の身体に残された卵子を「できるだけ健康な卵子にする」ことです。

健康な卵子にするためには
・無理なダイエットをしない
・バランスのとれた食生活
・生活習慣の改善(タバコ、お酒、カフェインを控える等)
・適度な運動
 など。

ストレスを溜めずに、こういった妊活の基本を実行していくことに尽きると思います。

まとめ

1.「卵子は老化する」表現を変えれば「健康で元気な卵子が年齢によって減っていく」

2.卵子の老化は知られておらず、学校などできちんと教えられてこなかった

3.高齢による不妊症には晩婚化が影響している

4.「婚活」の先延ばしも「卵子のリスク」であり独身女性こそ卵子の老化を知るべき

5.卵子の老化に大切なのは計画性

年齢が上がるほど出産のリスクが上がることは、今や常識です。
元気で若々しい卵子を育てるために、基本の妊活を始めましょう!

(コラム*ポテトさん、3年間の不妊治療経験があるママライター)