不妊症についての知識がないまま、なかなか妊娠せずに悩んでいる夫婦はたくさんいます。
そもそも、不妊症とはどのような状態をいうのでしょうか?
ルンクリ 不妊症2-1

不妊症の定義とは

不妊症の定義は「結婚した夫婦が赤ちゃんを欲しいと思い、避妊を行わず一般的な夫婦生活を行っているにもかかわらず、1年以上赤ちゃんを授かる事ができない状態」とされています。
現在の日本では、7組に1組の割合の夫婦が不妊症だといわれています。

不妊の原因は人によって違います。その原因や本人の意志に沿って、一番いい方法を選んでいくのが不妊治療。保険適用されているものから人工授精や体外受精のように保険適用されていないものまで、治療法は人によって違ってくるのです。

私が不妊治療を先延ばしにした理由

実は私も、結婚後3年間子供に恵まれませんでした。私の場合、「不妊治療を始めよう」と勇気をだすまでに、いくつかの迷いがあったんです。

最初のきっかけをつかめず、先延ばしにしてしまう夫婦は多いのではないでしょうか。
私が直ぐに不妊治療に踏み出せなかった6つの理由をまとめました。

1.いつか赤ちゃんは自然にできるはずなので、待ちたい

ルンクリ 不妊症2-2
「コウノトリが運んで来るように、時の流れに任せたい」と思っていませんか?

結婚すれば赤ちゃんはできると思いがちですが、なかなかそうはいきません。私のように月日ばかりが過ぎてしまい悩んでいる夫婦は、実は多いのです。

2.夫婦二人で楽しいのでもう少し自由に過ごしたい

忙しい子育てが始まったら、当分自由は利かなくなり旅行や遠出はできなくなるもの。

その前に「あと少し遊ぶ時間が欲しい」とか「仕事を頑張ったご褒美に、あれを買いたい」という欲が湧いてきます。
結果、あっという間に時間が過ぎていました。

3.今は仕事に集中して、何年かお金を貯めたい

ルンクリ 不妊症2-3
子供1人にかかる教育費は1000万円以上といわれています。家族計画をたてる上では、教育費の他にも、車の購入や住宅の問題など多額の費用がかりますね。
その他、保育園入園の待機児童問題などは住んでいる地域によってさまざまな問題があります。
計画的になろうと思うほど、妊娠のタイミングに迷い、慎重に…。

4.まだまだ未熟な二人。親になる自信がない

親になれば2人だけだった生活に変化が訪れます。夫婦から、母親と父親になることに不安を覚えて戸惑いがありました。

また、子供が生まれたら、長く気の抜けない責任が伴いますね。「立派な親になれるだろうか」と心配でした。
今思うと、親は立派でなくていいし、自信がないのは当然のことですが。

5.出産って痛いって聞くし、妊娠するのが怖い!

可愛いわが子に会いたくても、出産は不安ですよね。私は嘔吐恐怖症の症状があるために、特につわりが心配でした。
妊娠した時は事実、重度のつわりに苦しみました。・・・ですが、恐怖よりも先に、吐きました(笑)
今となっては過ぎ去った思い出です。

「案ずるよりも産むが易し」と昔から言われているように、
「赤ちゃんを産む前にあれこれ心配して悩むより、実際に産んでしまえば案外大したことが無かったりする。」というのは本当かもしれません。

6.不妊症だったらどうしようと不安

ルンクリ 不妊症2-4

不妊の検査をして、「もし異常があったらどうしよう」という不安はありました。
悩んでも、病院に足を運ぶ一歩がなかなか踏み出せなかったのです。子供ができない原因は男性側にも30パーセント近くあると言われているので、主人にもそういう気持ちはあったのではないかと思います。

スポンサーリンク





不妊症を知ることは怖い。でももっと怖いのは…

不妊治療を始める前に、皆さんもあれこれ悩んでいませんか?
治療をするにあたり、自分が不妊症である、という事実を知るのは怖いことですよね。

しかし、実はもっと怖いことがあります。
それは「不妊治療を先延ばしにした先に、年齢的な限界がやってくる」ことなんです。
女性の年齢は妊娠と深い関係があります。実際に年齢的に不妊治療が厳しくなって、子供を諦めたご夫婦もいるのです。
医療技術が進み、晩婚化とともに初産の平均年齢も上がりつつある現代でも、チャンスや選択肢が限られてくるのが現実です。

・もし不妊だとしたら治療をするのか、費用はいくらまでかけ、どの段階まで治療するのか
・確率の低い自然妊娠に任せるのか
・子供は持たないという選択をするのか

いろいろな決断をしなくてはいけない中、それらの選択が早いに越したことはないのです。

あれこれ悩んで後から後悔するよりも、一度は病院に行って検査してみることをお勧めします。不妊とわかっても、妊娠に成功している夫婦はたくさんいますよ。
もちろん、始めるタイミングは夫婦次第ですが。「子供が欲しい」と思ったら、早めに夫婦で話し合いましょう。

まとめ

不妊の定義とは:
「避妊をしていないのに1年以上にわたって妊娠に至れない状態」

不妊治療を先延ばしして分かったこと:
不妊症を知ることは怖いので、あれこれ悩みがち。でももっと怖いのは…
「不妊治療を先延ばしにした先に、年齢的な限界がやってくること」

夫婦揃って「赤ちゃんに会いたい」と思ったら、早めに妊活&不妊治療を始めましょう!

(コラム*ポテトさん、3年間の不妊治療経験があるママライター)