産後の悩みでも上位に上がっていますが、「おなかのたるみをどうにかしたい」、という女性は多いと思います。

自然に体重は元に戻っても、ポッコリたるんだおなかだけは元に戻らないんですよね。
妊娠して出産するまでに骨盤は開いていき、出産後、徐々に骨盤は元に戻ろうとしますが、適切な処置をしないと骨盤が歪んだ状態になってしまいます。
そして骨盤内に子宮などの内臓が落ち込み、下腹だけがポッコリ、となってしまうんですね。

それだけでなく、骨盤を正常な位置に戻しておかないと、様々な身体の不調の元にもなります。
おなかポッコリの改善は、健康的な生活にも必須、というわけです。

ポッコリおなかをペチャンコに!どんな方法があるのか調べてみました。

産後のエクササイズ、適切な時期がある?

自然分娩や帝王切開、または体調など個人差はありますが、産後の1カ月を過ぎた頃がエクササイズを始めるのにいいと言われています(ちなみに産後1ヶ月以内に行う体操は産褥体操と言います)。産後はホルモンの影響で痩せやすい時期でもあるので、6カ月ぐらいまでが体重を落としやすい時期でもあるそう。

とはいえ、産後は赤ちゃんのお世話でヘトヘトな毎日、私は、体重は1年ぐらいかけて元に戻りましたが、骨盤の戻りまであまり気にしていませんでした。
体重についてはゆっくり時間をかけてもいいかもしれませんが骨盤に関しては適切な時期がありますので、自分の身体と相談しながら計画的にケアしていきたいですね。

まずは手軽な骨盤ベルトを使いましょう


骨盤ベルトは、出産後すぐから使用可能で、開いた骨盤を固定してくれます。
しかも巻いておくだけなのでとっても気軽にできます。

帝王切開の人は傷口に当たると痛いので、まずは傷口を治すことを優先し、主治医と相談しながら装着したほうがいいですね。
私は帝王切開でしたが、傷口が気になり、ベルトどころではありませんでした。

でもあの時、少々遅くなっても、きちんとケアしておけばよかったなあと後悔しています。
帝王切開の人は、骨盤矯正できる補正下着なども出ていますので、無理ない範囲で少しずつ始めるのがいいでしょう。

あまり締め付けすぎないものを選ぶのがポイントになりますよ。

そして、骨盤ベルトを使用する際は、効果的な巻き方があります。

大事なのはベルトをしていて、気持ちいいと感じることなんだそう。
ベルト装着によって気持ち悪くなったり、痛くなったりする場合は外します。
産後2か月までベルトを装着しておくと、その後の骨盤の戻りを適切に、早めることができますよ。

スポンサーリンク





赤ちゃんと一緒にエクササイズ!


赤ちゃんをあやしながらできる一石二鳥なエクササイズもいろいろあります。

必要であれば賢くプロの手も借りて、
自分ではよくわからない場合は、整体などプロの手を借りるのもいいですよ。
骨格のことは素人判断ではわからないこともあります。整体、カイロプラクティックなど上手に利用しましょう。託児があるところも増えていますよ。

また、骨盤の歪む原因は、普段の生活スタイルにもあるので、身体の位置を左右対称にすることを心がけるのが大事なポイント。
同じ向きで足を組む、横座りする、カバンをいつも同じ側にかける、テレビなどを真正面から観ずにいつも斜めからみたりする、など何気なくやっている姿勢は体が徐々に歪んでくる原因にもなるんだそう。
意識して過ごすといいですね。

目標を設定しよう!


産後の骨盤矯正を適切にすると、妊娠前よりもスタイルがよくなる可能性があるのですよね。
エクササイズってなかなか続かないのが悩み、という人も多いかもしれません。
そんな時は、目標になるものを常に見えるところに置いておく、という手もあります。

産後に着れなくなったジーンズ、スカート、それをクローゼットにしまっておかず、目の見えるところにかけておき、「これをまた、はくぞ!」と目標にしながらエクササイズをしたり、素敵なモデルさんの雑誌の切り抜きを目に見えるところに貼っておく、旦那さまや周りの人に宣言する、などもいいですよね。

産後はとにかく、赤ちゃんのことで忙しく自分のことまで手が回りませんが、これから長く続く育児生活、元気に過ごしたいですよね。
それは自分の健康のためでもあり、それは家族の為でもあります。

まとめ

1. 産後のポッコリおなかを改善する早道、それは適切な時期の骨盤矯正です。体調とも相談しながら、進めましょう。
2. 骨盤矯正には、手軽な骨盤ベルトを利用しましょう。帝王切開の人は、傷口が治ってからでも遅くはありません。
3. 家でのエクササイズは、赤ちゃんと一緒にできるものもあります。楽しんでやりましょう。
4. 自己判断でわからない場合は、整体などのプロの手も借りて、アドバイスを受けるといいでしょう。
5. 産後の適切な骨盤矯正、妊娠前よりスタイル改善できる可能性も。目標を見えるところにおいて、続けてみましょう。

(コラム*りんごさん、小学生の2人の女の子がいるママライター)