妊娠検査薬 病院受診日

妊娠検査薬はいつから?正しい使用日や病院受診日もこれでバッチリ!

スポンサーリンク

妊娠検査薬,病院受診日,スイカ腹,妊娠線予防

 

妊娠かな?そう思ったら、すぐにでも結果が知りたいですよね。でも正確さが売りの妊娠検査薬も、正しい使い方をしてこそ結果も信頼できるものになります。

 

では自分がいつから妊娠検査薬が使えるのか、そして検査薬が陽性反応だったらいつ病院に行けばいいか、そんな検査薬使用前後の「いつ?」の疑問にお答えします。

 

妊娠検査薬の仕組み

妊娠検査薬,病院受診日,スイカ腹,妊娠線予防

妊娠検査薬の使い方はとっても簡単。尿をかけたら規定の時間待つだけで、妊娠しているかどうか判定結果がすぐ出ます

 

その仕組みは、尿中のhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモン濃度を測定しています。妊娠すると尿の中にhCGが産出され始め、この濃度が50mlU/Mlを超えると妊娠を示す「陽性」反応が出ます。

 

hCG濃度が陽性反応に十分な値に達するのは個人差があり、生理開始予定日1週間後になるとほとんどの方が判定に確実な値になります。

 

また、hCG濃度が25mlU/Mlで判定できる早期妊娠検査薬もあります。メーカーによって異なりますが、生理開始日前から使えます。

 

 

妊娠検査薬っていつから使えるの?

妊娠検査薬,病院受診日,スイカ腹,妊娠線予防

詳しい仕組みは知らなくても簡単に使えてしまう妊娠検査薬。そのお手軽さゆえに説明書をキチンと読まずに使ってしまう人も多く、正しい妊娠の合否が得られないことがあるんです。

 

まずは自分がいつから妊娠検査薬が使えるのか知ることが大切です。
一般的な「生理開始予定日の1週間後」から使えるタイプで説明します。

 

次回の生理開始予定日を基準に、検査日を計算するのですが、そこは曖昧でも大丈夫。以下の中から選んで検査日を出してみましょう。

 

生理周期と前回の生理開始日が分かる人

前回の生理開始日+生理周期+1週間

 

生理周期が不規則な人

前回の生理開始日+(前回の生理開始日-前々回の生理開始日)+1週間

 

生理周期や前回の生理開始日が分からない人

性交渉のあった日+3週間

 

妊娠検査薬が使える日が分かったら、あとは検査日まで待つのみ!

妊娠検査薬,病院受診日,スイカ腹,妊娠線予防

「フライング」で妊娠検査薬っていつから使えるの?

 

妊活中の方や不安な方はどうしても結果を知りたくて早めに検査薬を使う「フライング」をしがち。

 

「何日前からフライングしてもいいか」という質問もよくありますが、個人差もあるため「確実にフライング可能な日」というのは残念ながらありません

 

実はそういう私も過去に何度もフライング経験者です。でも精度の低い結果に一喜一憂し、ますます不安になってしまいました。また、決して安くない検査薬を無駄にしてしまうだけ。いいことは何もありませんでした…。
気になる気持ちはとてもよくわかりますが、ここはじっくり我慢しましょう。

 

生理前に着床出血があったときも、フライングがよぎりますよね。着床出血は排卵後7~10日で起きます。これは生理開始日の1週間前なので、まだまだhCG値も少なく、検査薬に陽性が出ることはありません。

 

どうしても待てない方は、生理開始予定日1週間後から使えるタイプで「フライング」するより、生理開始予定日から使える早期妊娠検査薬を使うのをオススメします。

 

 

妊娠検査薬で陽性が出たら病院にはいつ行けばいいの?

妊娠検査薬,病院受診日,スイカ腹,妊娠線予防

妊娠検査薬で陽性がでたら、妊娠の可能性は高く、その精度は99%の正確さと言われています。ですが、これはあくまで簡易チェック。

 

実は妊娠以外でも陽性になることがあるので、お医者さんで必ず妊娠確定の診察を受けましょう

 

妊娠以外でも陽性になるケース

・子宮外妊娠
・すでに閉経しているとき
・流産、中絶直後
・不妊治療でホルモン剤を投与されているとき
・糖尿病
・卵巣がんなど悪性腫瘍

 

では具体的にいつ病院に行けばいいのでしょう?

妊娠検査薬を正しい検査日(生理予定日一週間後)で使用して陽性が出た場合、妊娠週数では「4週目」ということになります。

 

妊娠4週目

 超音波検査では、子宮の中に妊娠前との変化がまだ見られないことがほとんどです。

 

妊娠5週目

「胎嚢(たいのう)」という赤ちゃんの部屋が見えるようになります。でもまだ部屋だけで、赤ちゃんは見えないことが多いです。

 

妊娠6週目

胎嚢の中に赤ちゃんが見え始めます。赤ちゃんの心臓が動いていることが確認できるようになります。

 

陽性が出て、一日でも早く病院で正しい判断をしてほしい!とはやる気持ちもありますが、赤ちゃんの心拍が確認できるまでは何度も病院に行くことになります。

 

診察料も高いですし、何度も尿検査や内診(子宮に直接器具を入れる診察のこと)も体に負担です。病院の長い待ち時間も、もしつわりが始まっていたら辛いですよね。

 

以上のことから、もし体調が良ければ、妊娠6週目、つまり検査してから2週間後に病院を受診するのがオススメです。

 

ただ、人気がある評判の良い病院はのんびり待っていてはいけません!陽性が出たらすぐ予約をしましょう!

 

私は3人目のとき人気の病院を狙っていました。妊娠6週目に診察を受けたらすでに10ヶ月後の分娩予約がキャンセル待ちとのことでビックリしました。4人目は5週目で診察を受けました。胎嚢のみの確認でしたが、分娩予約が希望日にとれて一安心でした。

 

妊娠する前から、診察してもらう病院や出産希望の病院について、予約の取りやすさを調べておくことをオススメします。

 

 

まとめ

妊娠検査薬,病院受診日,スイカ腹,妊娠線予防

1 妊娠検査薬は尿中のhCG濃度が基準値に達することで反応します!
2 妊娠検査薬は、自分の「検査できる日」に検査することが大切!
3 妊娠検査薬の「フライング」はお得感なし!
4 妊娠検査薬で陽性が出たら、一般的には検査から2週間後(妊娠6週目)がオススメ!

 

簡単に手に入り、検査も簡単な妊娠検査薬。正しく使えば、正しい結果が出ます。結果が不安でたまらないとは思いますが、正確な判断のため、じっくり待つことが大切です。
病院調べやマタニティ用品をチェックしたり、他のことで気を紛らわしてくださいね。

妊娠検査薬,病院受診日,スイカ腹,妊娠線予防


おすすめの妊娠線予防クリームランキング
栄養バランスの良い献立メニューの「わんまいる」


「スイカ腹になりたくない!妊娠線予防」TOPに戻る

スポンサーリンク