ルンクリ
妊娠がわかった時からずっとつわりが酷くて、食べても食べなくても吐くので、胃液が出てもずっと吐いていて胃がキリキリと胃痛が本当に酷かったです。食べるのも嫌になっていました。

しかし、食べないからといって胃痛が落ち着くわけでもなく、キリキリキリキリと、毎日痛みに悩まされました。食べても胃に入るとキリキリと胃痛がし、即吐いてしまってもまだ痛んで、とにかく忘れる為には寝るしかないかと思っていました。

初期だと、スッキリさっぱりしたいという気持ちが強かったので、冷たいものを結構食べていてことも胃痛の原因だったかな、と今となれば思ったりします。アイスやゼリー、シェイクなど、つわりで弱っているのにも関わらず、とにかく冷たいものがほしくて時間も関係なく食べていたので、胃痛の原因はそういうことだったんだろうと思います。

中期以降は吐きつわりが落ち着いてきて、今度は食べつわり。常に何かを食べているような状態で、胃に負担がかかって、胃痛がしていたんだろうな、と思います。

妊娠中のトラブル:胃痛
週数:12週~

スポンサーリンク





胃痛を解消するのに有効なこと

ルンクリ
つわりが酷かったので病院での点滴もしていたのですが、それでもつわりが落ち着くことはなくて、嘔吐ばかりしていました。そのため、胃痛をやわらげるために、最初の頃は眠って忘れるしかないと思っていました。

しかし、気持ち悪いので寝るにも寝付けず大変な思いをして、他に何か方法はないかと悩んだ結果、小さめの湯タンポを胃のあたりにあてて過ごしたり、腹巻きもかかせなかったです。温めることで少し胃痛がやわらいだと思います。

小さめの湯タンポなら、100円ショップですぐに手に入るので、いいですよ。ホッカイロでもいいと思ったのですが、ホッカイロだと極端に熱くなる時があるので、湯タンポがおすすめです。

妊婦は簡単に薬の服用が出来ないので、大変だし辛いですが、我が子の為!
胃痛は温めて休むのが一番だと思います。

妊娠期間を振り返って

妊娠生活は、いつもつわりが出産まで続いたので、酷いものでした。

でも、三人出産しているのですが、三人目の妊娠生活は、今までにない気持ちがありましたね。
最初から三人欲しかったので、三人目の妊娠生活では、「あぁーこれが人生で最後の妊娠生活なんだよなぁ…」という、寂しいような気持ちが強かったので、辛いつわりもぐったりはしていたけれど、楽しめたような感じでしたね。

妊娠生活で一番幸せだったのは、やはり胎動を感じる毎日がすごく幸せで、自分の中で毎日動いている子が、おなかを触るだけで本当に抱いているような気分になれて、可愛くて可愛くてたまりませんでした。

※当サイトに寄せられた個人の経験談を掲載しています。