住宅ローン 団信 収入保障 ルンクリ

住宅ローンを組むときは、利回りの他にも「諸費用」に相当する事務費用や保険の加入などを考慮しなければならないので、私は頭の中が数字だらけになるかと思うほど数字とにらめっこして住宅ローンを組みました。

ここではその中でも最近は選択の余地が拡大している生命保険についてお話しします。

住宅ローンを組むなら生命保険にも入ろう!

住宅ローン 団信 収入保障 ルンクリ
住宅ローンのために生命保険には是非加入をお勧めします

住宅ローンの借主が万が一死亡・高度障害になっても、生命保険に加入していれば住宅ローンを生命保険の保険金で支払えるので、遺族に家という資産を残すことが可能です。

住宅ローンを組む際に生命保険加入が義務ではない金融機関もありますが、生命保険未加入で住宅ローンを組むのはお勧めではありません。大黒柱に万が一のことがあった時に生命保険で住宅ローンを支払えるので、遺族は家まで失う可能性が低いからです。

住宅ローンの際に利用される生命保険は団体信用保険と収入保障保険の2種類があります。

一般的に多くの銀行で加入する生命保険の団体信用保険

住宅ローン 団信 収入保障 ルンクリ
団体信用保険(以下、団信)は契約者が万が一死亡・高度障害などがあった時に住宅ローンの残りの債務を保険金で支払う保険で、まさに住宅ローン向け保険です。

団信の加入の仕方は2通りあります。いずれも住宅ローン加入と同時に手続きを行い、団信の保険料として一括で保険料を数十万円支払うか、ローンの金利に0.2%~0.3%程上乗して支払う方法です。

保険料の支払い方法は選択できる場合もあれば、どちらか一方の場合もあります。団信も生命保険なので、特約を付けることが可能ですが、団信の特約というと指定された病気になった時に死亡・高度障害と同じように残債を支払うという特約です。

3大疾病特約(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)、7大疾病特約(3大疾病に加えて、糖尿病・慢性腎炎・高血圧症・肝硬変)などが団信の特約では一般的です。特約を付ければその分保険料はアップします。

保険が選べる金融機関なら収入保障保険の方が安く済む

住宅ローン 団信 収入保障 ルンクリ
多くの銀行では銀行指定の団信への加入が住宅ローンを組む場合の条件になっています。

しかし特に指定されていない金融機関もあります。長期固定金利の代名詞のようなフラット35は生命保険を指定しなくてもローンが借りられます。その場合、団信以外の選択肢として一般の生命保険会社で販売されている収入保障保険という生命保険が団信の代わりに選択肢として優れています

なんと言っても保険料が一般の生命保険や団信に比べて割安な点。団信のように金利として保険料を支払ったり、一括で保険料を支払うと生命保険料控除の対象になりませんが、収入保障保険は一般の生命保険として年間の支払い保険料額のうち一定の割合が収入から控除できます。つまり、保険料がお得な上節税効果もある点がオススメです。

なぜ収入保障保険の保険料が安いのかというと、保障の仕方が他の生命保険と異なり、月々に必要額を年金形式で受け取るというタイプの保険のためです。収入保障保険で終身保障のものはありません。いわゆる掛捨ての保険の上、加入直後に被保険者が死亡した場合と20年後に被保険者が死亡した場合では受け取れる保障額の合計は異なります。

保障期間に達するまでなので30年の保障期間の収入保障保険なら、前者はおよそ30年間保険金を毎月受け取れますが、後者は保険金を残りの10年間だけ受け取ることになります。

同じ保険に加入していても、死亡の時期で受け取る保険金の総額が変わる点が、収入保障保険の特徴です。保険会社は保険金を支払うための準備金が少なくて済むためコストカットになるので収入保障保険は住宅ローンの保障としてリーズナブルに活用できる保険になります。

スポンサーリンク





収入保障保険と団信はどちらが良いかは返済計画次第?

住宅ローン 団信 収入保障 ルンクリ
そもそも、収入保障保険を利用できる金融機関がとても少ないです。多くの銀行は自行の系列の団信保険会社の保険への加入を住宅ローン加入の条件にしています。

また収入保障保険よりも団信の方が良い点は多くの金融機関で利用できるという点ばかりではありません。収入保障保険の場合は安い保険料が売りなので特約で疾病を機に保険金が下りる特約はせいぜい3大疾病特約がつけば良い方です。3大疾病とはガン、急性心筋梗塞、脳卒中を指します。

しかし団信の場合は特約で7大疾病特約を付けると3大疾病に加えて、高血圧症、糖尿病、慢性腎炎、肝硬変などの生活習慣病のかなりの部分をカバーしてくれます。こうした病気にかかるリスクはとても高いので、特約料分余分にお金を払っても安心を買いたい人には魅力的な特約ではないでしょうか?

リーズナブルな収入保障保険を選ぶなら金融機関選びから検討しなければならない面倒臭さもあります。全期間固定のフラット35などであれば収入保障保険は加入可能ですが、全期間固定金利なだけに住宅ローンの金利は高めになりがちです。

まとめ

1. 住宅ローンを借りるなら生命保険に加入しましょう。住宅ローンに適した保険は団体信用保険(団信)と収入保障保険の2種類があります。

2. 多くの銀行では生命保険として団信が一般的です。

3. 数は少ないですが収入保障保険が利用を団信代わりに利用できる金融機関もあります。
  収入保障保険の保険料が安いのは、一般的な生命保険と違って保険金の支払い準備金が少なく済む保険会社にしてみるとローコストな保険だからです。

4. 団信と収入保障保険のどちらが良いかは一概に言えません。

団信自体の保険料は高くなりますが、その分フラット35などよりは金利が有利な銀行の借り入れをすれば生命保険の保険料の差額分は気にならないかもしれません。
 
団信の場合、保険料は高くなりますが病気になった時に保険金が下りる特約を付けることが可能です。収入保障保険でそうした特約がつけられる保険はあまりありません。

最後に、保険料だけ見ると収入保障保険が良さそうに思えますが、そもそも住宅ローンを借りるにあたっては、最も注視しなければならないのは住宅ローンの金利です。いくら保険が安く加入出来ても、全期間工程金利で金利が高めの金融機関や、ある程度は金利固定期間が欲しいと思っても全期間変動金利といった借り方しか借りられないケースも考えられ、将来的に大変高利になる可能性が高いです。

自分の返済プランと考えて生命保険と金融機関を総合判断で決めましょう!

(コラム*つくしさん、ファイナンシャルプランナー資格を持つママライター)