ルンルンクリック
毎月生理開始3日くらい前には便秘がちになり、少しひどい時は市販の薬(便秘薬)を飲むこともありました。だいたいは生理の開始と共に便秘が解消するので、便秘薬を飲むことはよっぽどでないとないんですが。

今回は、妊娠しているかどうか分からない妊娠超初期に、便秘がいつも以上に何日も続き、また生理も始まらずとても苦しく感じていました。

便秘薬を使用したいとも思いましたが、便秘薬を飲んだせいで流産したり赤ちゃんになにかが起きてはいけないという思いから、妊娠検査薬の使用の決心がつくまでの数日間は、便秘によるお腹の張りをものすごく我慢していました。

なかなか来ない生理のお遅れで気付く妊娠だったので、嬉しいようなでも便秘がなかなか解消しないことに少しブルーになりながら過ごしたことを覚えています。

妊娠超初期症状:便秘
週数:3,4週

スポンサーリンク





便秘を感じてから妊娠発覚して




本当に便秘が解消しないことが妊娠につながっているのか半信半疑だったので、便秘薬の使用はおろか、便秘の時に良く行う腹筋や身体をひねるストレッチなども怖くてできませんでした。初めての妊娠だったので、何が良くて何が悪いのかも分からないので、とにかく予定なことは何もせずに過ごしました。

なのでもやもやした数日間をすごしていました。

もっと早くに妊娠検査薬を使えば気持ちも楽になったのかもしれないのですが、初めての妊娠だったこともあり、なかなか妊娠検査薬を使用する決心が着かず、自分自身がちょっと戸惑っていました。

ですが、妊娠検査薬により妊娠が発覚した5週目には気持ちもとてもすっきりし、大きな喜びでいっぱいになりました。やっぱり便秘が解消しないことと、生理が来なくて妊娠していることはつながっていたんだなっと改めて実感しました。

妊娠期間を振り返って

妊娠生活を振り返ると妊娠超初期だけではなくずっと便秘に悩んでいたような気がします。
それなりに運動もし、食事にも気をつけたのですが、やはり病院から便秘薬をもらって飲んで解消していました。

便秘は少し辛かったけれど、それ以外は大きな出来事もなく無事に出産できたので総合的に判断して幸せな妊娠生活を送れてのではないかと思います。

※当サイトに寄せられた個人の経験談を掲載しています。