ルンルンクリック

もともと腰痛持ちでしが、生理前等も痛みがありました。生理前は、背中から腰それから太ももの裏の方まで重だるい鈍い痛みを感じることが多かったです。

生理予定日頃いつものような症状だと思いましたが、腰痛だけでなく骨盤の付近にも痛みを感じました。また、腰全体にも違和感がありました。

具体的な、緩和方法はなくいつも通り痛みが過ぎ去るのを待っていました。腰の付近が痛いだけなのですが、なんとなく仕事に集中できなかったり買い物や他の用事等も億劫になってしまったりしていました。

いつもとは少し違う症状もありましたが、腰痛だけでは妊娠しているかどうかは判断できなかったように思います。後から思えば、あの時そうだったのかもしれないと考えることができました。
無農薬野菜と添加物不使用の*パティ葉酸サプリ*

妊娠超初期症状:腰痛
週数:5週

スポンサーリンク





腰痛を感じてから妊娠発覚して

ルンルンクリック
生理前のような腰痛が続いていましたが、もしかして妊娠しているかもしれないという期待もありました。腰痛だけではなく、胸の張りや倦怠感もありました。まだ、熱っぽさが長く続いていました。

初めてのことなので、具体的な妊娠超初期症状はわかりませんでしたが何となく妊娠しているかもしれないとワクワクしていました。勝手にそう思ってしまったので、腹痛や頭痛、軽い吐き気さえも妊娠の症状なのかもしれないと楽しんでいたところもあります。

早速、妊娠検査薬を購入しにいきました。それすらもなんだか恥ずかしくなってしまいました。買って来ても、いつくらいから判定できるのかと心待ちにしていました。生理予定日の一週間以降とあったので、確実に判定したかったので二週間くらい経ってから妊娠検査薬を使いました。すぐに陽性反応が出たので、それを見た時はすごくうれしかったです。それと同時に頭の中では、お酒が飲めなくなるのかとか主人にはいつ報告しようかと考えていました。

妊娠期間を振り返って

妊娠生活は、初めてのことばかりで戸惑いました。訳もわからないような不安な気持ちや日常生活を通して世の中のお母さんたちは、みんなこんな経験をしていてスゴイなと思いました。

悪阻がひどくて体重が激減したり、お腹が大きくなってくると歩くのも辛かったりと大変なこともありましたが周りの人が優しく接してくれて本当にうれしかったです。

また、子供が成長してからも妊娠・出産のことはすべての原点にあると思います。何か壁にぶつかった時には、その時のことを思い出して頑張っています。

※当サイトに寄せられた個人の経験談を掲載しています。