ルンルンクリック

元々臭いには敏感なほうで、人が入った後のトイレや公衆トイレ、香水の臭いなどきつい臭いを嗅ぐと吐き気がしたりすることがあったのですが妊娠をしてからひどくなりました。

当時私はアパレルの仕事をしていました。
ご来店されてるお客様や接客しているお客様の体臭や香水の臭いに悩まされました。
1日中不快な気分で食欲もあまりなかったです。

最初は体調が悪いんだろうと思っていましたがなんとなく覚えがあり、もしかして妊娠しているのかな?とだんだん思うようになりました。
接客中はものすごく我慢してました。

ですが臭いに耐えきれずバックルームに行ったり作業中に休みながら仕事をしていました。
通勤時も大変でした。
加齢臭や体臭が強い人が同じ車両にいると気分が悪くなりフラフラな状態で出勤していました。

妊娠超初期症状:臭いに敏感になる
週数:5週

スポンサーリンク





臭いに敏感になってから妊娠発覚して

ルンルンクリック
妊娠発覚したのが7週目でした。
正直、妊娠が発覚するまでは毎日の生活がつらいと思っていました。
なぜなら歩いていても、電車に乗っていてもどこにいても臭いが気になって仕方がなかったからです。

仕事にならないし、ずーっと不快な気分で毎日を過ごしていて早く病院に行こう行こうと思っていたのですが、仕事が忙しく役職を任されていたので残業や早朝出勤も多くなかなか行けませんでした。
ですがあまりにも体調が優れないため、休みの日に病院に行き、妊娠がわかりました。

最初は不安がありました。
当時、結婚に至っていない関係だったので、当時は彼氏だった今の夫は「産んでいい」と言うのだろうか、と話すまで不安で仕方がなかったです。
実際には、「産んでいい」と言われ、本当に嬉しい反面自分に子育てが出来るか心配でした。

妊娠生活を振り返って

つわりがものすごく辛かったです。
初期、中期、後期全部つわりでした。
体重増加で体調管理もしたし、食べたいのに食べれない物や飲み物を我慢するのがすごい辛かったです。

でもお腹が大きくなっていき、胎動を感じてから、とても幸せな気分になりました。
すごい元気な子だったので蹴飛ばされるのが痛い時もありましたが、そんな事を夫と話すのがすごい幸せでした。

※当サイトに寄せられた個人の経験談を掲載しています。