ルンルンクリック

ハワイでの挙式を終えて帰国してから1週間くらい経った頃に、お腹が少し張るような鈍い痛みを感じる日がありました。

その日は朝からなんとなくだるくもあり、とにかく眠気に襲われました。どんなに寝てもだるさとお腹の鈍い痛みは解消されず、一日ほどんとベッドで過ごしました。

お腹の張りや眠気はその日一日限りでしたが、今までに経験したことのない体調だったので、もしかして妊娠したのかもしれないと感じました。挙式後できるだけ早く妊娠したいと思っていたので、インターネットで妊娠超初期症状の体験談を調べたりしました。

多くの人が不妊に悩む中、そんなに簡単に妊娠するわけもないとも思ったりもして、妊娠を焦りすぎているのかなと戸惑いを感じたのを覚えています。

妊娠超初期症状:お腹の張り
週数:4週

スポンサーリンク





お腹の張りを感じてから妊娠発覚して


おなかが張ったその日以降は今までどおりの体調に戻ったので、気のせいだったかなとも思っていました。

基礎体温を測っていたのですが、体温の変化が今までと違って高温状態が続いたので、もしかしてという思いから、やっぱりという思いに変化しました。

夫にももしかしたらということで妊娠の可能性を伝えましたが、化学的流産の可能性もあるので、生理予定日あたりはなんとなくトイレに行くたびにそわそわしていました。インターネットでいろいろ調べると妊娠検査薬を使用するのは生理予定日から1週間後とあったので、検査薬を使用して妊娠が確定するまではずっとそわそわした日々が続きました。

検査薬で妊娠が確定したときは、うれしかったですが、高齢出産に入っていたので、無事元気な赤ちゃんを産むことができるかどうか少し不安も感じました。

妊娠期間を振り返って

つわりがほとんどなかったので、今までどおりの日常を過ごせました。

多少妊娠後期はおなかの張りを感じることもありましたが、全般的にとても健康に過ごせてよかったと思います。

赤ちゃんに会えるのが本当に楽しみでしたが、出産して無事元気な赤ちゃんを見るまでは、流産したらどうしようという不安がつきませんでした。

※当サイトに寄せられた個人の経験談を掲載しています。