発熱 妊娠超初期症状 妊娠予測 体験談

スポンサーリンク

【妊娠超初期症状】「発熱」で頭がぼんやり。風邪だと思ったらまさかの妊娠

発熱,妊娠超初期症状,妊娠予測,体験談

 

妊娠発覚前に感じた妊娠超初期症状は、発熱です。
いつもの生理前と変わらない基礎体温で、普段通り出勤し仕事をしていたのですが、パソコンを見ている視界がだんだんぼやけてきて、同時に顔が熱くなってきた記憶があります。

 

頭がぼーっと重くなり、顔全体が熱っぽくなるという感覚で、ごく一般的な軽い風邪の症状とほとんど変わらなかったので、妊娠とは思わず数日間はいたって普通に生活をしていました。

 

また、ちょうどその時期に職場で風邪が流行っていたので、「とうとう自分もうつったか」という程の軽い気持ちでいました。

 

そんな状態が数日間続いたのですが、体温も37度台で高熱ではなく頭痛もなかったので、何となく風邪薬を飲むのを後回しにしていました。
妊娠症状だとは気付きませんでしたが、本能が働いたのか薬やアルコールを避ける生活をしていました。

 

 

妊娠超初期症状:発熱
週数:4週

 

スポンサーリンク

 

 

発熱を感じてから妊娠発覚して

発熱,妊娠超初期症状,妊娠予測,体験談

 

体調が風邪のひき始めとほとんど同じ状態だったので、妊娠が発覚した時は本当に驚きました。
後々よく思い返してみると、私の場合は、風邪のひき始めからだいたい1〜2日くらいで必ず頭痛と咽喉痛があるのですが、その時は3〜4日経っても頭痛と咽喉痛が全くなく発熱と頭重感だけが続いていました。

 

「何で喉が痛くならないんだろう?」と不思議に思ったと同時に、生理予定日を過ぎている事に気付き検査薬で確認しました。
それまで自分が思い描いていた「妊娠初期症状」とは全く違う症状だったので、「発熱は妊娠とは無縁だ」と思いこみながらも検査してみると、くっきり陽性反応が!

 

陽性の線を見た時は「えっ何で!?吐き気もないのに!?」とにわかに信じられませんでした。
夫婦で妊娠を希望していたので、検査薬を試してから時間が経つにつれて喜びと感動が徐々に押し寄せてきました。と同時に、まさか妊娠しているとは思っていなかったので、それまでの生活を振り返って「赤ちゃんに悪い事をしていなかったか」と急に不安になったりもしました。

 

 

妊娠生活を振り返って

 

待望の妊娠だったので、妊婦生活は全体的にとても幸せでした。毎日変化する体調や、体つきが幸せの象徴そのものという感覚で楽しく生活していました。

 

しかし初期のつわりに苦しめられたのも事実です。自分が自分ではないような味覚や、嗅覚に戸惑う毎日に泣いてしまう日もありました。また妊娠後期になると重たいお腹を抱えた生活で腰痛に悩まされたりもしましたが、重さを感じたり胎動を感じる度にその命をとても愛おしく感じていました。

 

まだ見ぬ我が子の為に、夫婦で赤ちゃん用品を買いに行く事もとても幸な時間でした。
出産後とはまた一味違う、愛おしさを感じる毎日でした。

 

※当サイトに寄せられた個人の経験談を掲載しています。

▼妊娠中の便秘に悩んでいる方へ

発熱,妊娠超初期症状,妊娠予測,体験談



▼妊娠線予防法を知りたい方へ

発熱,妊娠超初期症状,妊娠予測,体験談



▼母乳育児を目指す方へ

発熱,妊娠超初期症状,妊娠予測,体験談



▼赤ちゃんのぷにぷに肌を守るために

発熱,妊娠超初期症状,妊娠予測,体験談



▼胎教からできる幼児英語教育

発熱,妊娠超初期症状,妊娠予測,体験談



▼先輩ママ教えて!妊娠・出産・子育ての経験談集

発熱,妊娠超初期症状,妊娠予測,体験談